02 | 2009/03 | 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ2 『AKIRA ― アキラ ―』 

今回、雑感を綴る『AKIRA ― アキラ ―』 は、1982年から週刊ヤングマガジンで連載されていたマンガ原作をベースにして、新たに構築され、1988年に劇場公開されたSFアニメーション映画です。


AKIRA [Blu-ray] AKIRA ― アキラ ― Blu-ray Disc版

 原作・監督:大友克洋 脚本:大友克洋、橋本以蔵
 作曲・指揮・音楽監督:山城祥二

 声の出演:岩田光央、佐々木 望、小山茉美、石田太郎 他

 メーカー:バンダイビジュアル 2009年 2月20日発売 希望小売価格 8.190円

 ◆画像クリックでAmazonにて詳細確認・購入が出来ます。


今年の2月にBlu-ray Discが発売され、今夏にはハリウッドで実写映画の公開が予定されていたりと、劇場公開から21年、マンガ連載終了から19年経った現在もなお、色褪せる事なく輝きを増し続ける『AKIRA ― アキラ ―』の魅力とは一体何なのか?

『AKIRA ― アキラ ―』 好きのおいらは劇場アニメを主体に勝手ながら、その魅力について、今回ちょこっと考えてみました。


★ 脚本&物語 ★

新型爆弾の投下により荒廃した近未来、
ネオ東京を舞台に巡り繰広げられる人間たちの葛藤を描いた脚本。

『AKIRA ― アキラ ―』 という存在を軸に、
力(エネルギー)の源・核心に迫ろうとする大胆であり、かつ緻密に練れられた物語。

大友克洋さん、橋本以蔵さん共作の脚本&物語はとても魅力的です。


★ キャラクター ★

大友克洋さんが描く、活きているキャラクター。実のある表現力豊かな声優さん方。

ある者は巻き込まれ、ある者は苛まれ、ある者は引き裂かれ、ある者は引き寄せられ、
ある者は従い、ある者は飲み込まれ、ある者は夢を観みて託し、ある者は立ち向かう…。

しっかりと個性付けされたキャラクター達の何と魅力的な事。素敵です。


★ 演出&表現 ★

迫力を重視した圧倒的な映像演出。透き通る程に繊細であり重厚な映像表現。
一見、相反するかの様な演出と表現なのですが、両者は水魚の交わりの如く互いを欲し、
認め融け合い、相乗効果を生み、素晴らしく魅力的な演出表現が誕生している様に感じられます。

それは、この作品でしか観る事の出来ない映像美と言えるのではないでしょうか。
そんな気にさせられてしまう衝撃の演出&表現です。

★ 音楽 ★

『AKIRA ― アキラ ―』 の世界をより一層表出させる事の出来る劇薬。
山城祥二さんの音楽はそう言って差し支えがないのでは…と思える程に音楽も魅力的です。


★ メカデザイン ★

斬新で前衛的なメカデザインの数々。特に主要キャラの一人である金田くんが搭乗しているレッドフレームのバイクは、「正に芸術的なデザインだー☆ 」と、おいらは感じ入ったりしています。

ああ、あんなバイクに乗ってみたいです!

後に『AKIRA ― アキラ ―』のメカデザインが話題を呼び、レッドフレームのバイクが各バイクメーカーから実際に制作・販売されています。ちなみにお値段は100万~150万円だったそうです。。。


さて、『AKIRA ― アキラ ―』の魅力について、ちょこっと考えてみましたが…
ああ(o´д`o)どれを取ってみても、この作品は魅力的であり、本当に良い作品です。

そんな訳でして結局のところ、
おいらは『AKIRA ― アキラ ―』 が大好きだという結論に達しました。にょほほほ♪


さてさて、少し余談になりますが先述いたしました、
実写映画版『AKIRA ― アキラ ―』 についてここで触れてみたいと思います。

実写映画版は、マンガ原作(全6巻)の内容を前後編の2部作に分けて、全て映画化するそうです。
そして、前編(原作1~3巻までの内容)が2009年の夏に劇場公開される予定だそうです。


Amazonにて詳細を確認出来ますAmazonにて詳細を確認出来ますAmazonにて詳細を確認出来ます




製作は、ワーナーブラザーズ。プロデューサーの一人に、レオナルド・ディカプリオ。
監督には、CM界出身で新鋭のローリー・ロビンソンを起用だそうです。

…レオナルド・ディカプリオって!?と思った皆さま。そうです。あの俳優のディカプリオなんですよ。ディカプリオさんは何でも大の日本アニメ好きらしくて、『AKIRA ― アキラ ―』 への造詣も深いそうなんです。今回もそう行った経緯でプロデューサーに名を連ねたのかもしれませんね。。

製作サイドの目指す実写版『AKIRA ― アキラ ―』は、
「ブレードランナー」と「シティ・オブ・ゴッド」を足した様な作品だそうです。

それからハリウッド製作という事で、舞台はネオ東京からニューマンハッタンになるとの事です。
うーむ、一体どんな作品になるのか、一抹の不安を感じつつ、ちょっと楽しみでもあります。

公開されたら観に行くぞー☆







『AKIRA ― アキラ ―』 心に残った台詞


お前…鉄雄…だよな


(アニメ劇中 山形の台詞より引用)







ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。