03 | 2009/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビー 2 『S.I.C. 匠魂 Archives』 

TAMASHII NATION 2009』のレポートでも少し取上げました『S.I.C.』。そのシリーズの一つである『S.I.C. 匠魂 Archives』を、仕事帰りにのほほんと寄ったホビー店でセールをしていたので、これはお買い得と思い、一つだけですが購入しましたー☆ 本当は三つほど購入したかったのですが、人気商品で、しかもセール(300円♪)という事で、おいらがお店に行った時には、もう一つしか残っていなかったんです…残念(´・ω・`)

さて、この『S.I.C. 匠魂 Archives』こと『匠魂』シリーズは、『S.I.C.』のクオリティとディテールを手のひらサイズに凝縮したフィギュアなんです。お値段も通常400円ちょっとと、お手ごろ価格です☆ そんな『匠魂』シリーズは、コンビニなどでも売られているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。


匠魂 パッケージ



パッケージからもその完成度が伺える『S.I.C. 匠魂 Archives』。
今回販売されている 『匠魂』シリーズは、Archivesという事で、
過去に発売された名作をラインナップしたものです。


匠魂 パッケージ裏面


造形作品は5種ですが、
それぞれにオリジナルカラーとアーティストカラーがあり、
今回の 『匠魂』シリーズは、計10種のラインナップとなっています。

おお、どの作品もカッコ良いですよねο(≧▽≦ο)))

私的には、キカイダー、イナズマン、
仮面ライダー1号が出れば良いなーと思いつつ…


匠魂 開封


早速、箱を開封し、中身を取り出しますと…


匠魂 パーツ


そこには、惨殺された数人の干乾びた死体が…゙?(@д@)ノ゙!?

……コホン。

(ブラックジョークを無理矢理処理する為の咳払い)

えー、冗談はさて置きまして、箱の中には、
これらのパーツの他に、取り扱い説明書が封入されております。

早速、取り扱い説明書を見ながら…


匠魂 パーツ組み立て


組み立てて行きますと…


キカイダー アーティストカラー


一分もかからずに、組み立て完了です☆


キカイダー アーティストカラー 左


くるり…


キカイダー アーティストカラー 背面


そろり…


キカイダー アーティストカラー 右


ひらり…


キカイダー アーティストカラー


ドドーン!!

やりましたー☆

「キカイダー アーティストカラー」ゲットでございますヾ(@゚▽^@)ノ♪


キカイダーが、他のキカイダーたちの屍の上に立ち、
自ら胸を開き、己の心臓を掴み取り出しているという驚愕の造形…

なんという独創性…なんという素晴らしさ…なんというカッコ良さでしょう!

これは…

思わずオリジナルカラーも欲しくなっちゃう完成度です☆

これを機に、キカイダー、イナズマン、仮面ライダー1号の
両カラーをコンプリートしようかなんて思っちゃいました(*´▽`*)






ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

アニメ 『蒼天航路』 第4話 レビュー 

『蒼天航路』の第4話 「炎の宴」を、先程 録画にて観ました。。。


Amazonにて、原作の詳細確認が出来ます   Amazonにて、原作の詳細確認が出来ます




第4話は、第2話、第3話に比べると作画レベルが向上している様に感じられ、久々にアニメ『蒼天航路』に好感が持てました。

けれど演出、脚本の方はと言いますと…

まず、演出ですが、帝が参加する「端午の節句の宴」での剣舞シーンですが、私的には原作で表現されていた美しさ並びに迫力が全く感じられませんでした。曹操の舞い、楽団の演奏が相乗一体となって、観る者の心を揺さぶり、あまりの感動に卒倒してしまう者が出る程、美しくも迫力ある剣舞…という表現を原作では見事に描いていたのですが…。アニメでは、楽団などが演奏しているシーンは、たったの1コマのみで、後は曹操の容姿の美しさを前面に押し出しているだけの演出…あまりにも空ろで酷い表現…そして、「ジョン! ウー! アー!」の叫び声に心の底から落胆しました。この剣舞シーンは、アニメーションという表現方法を最大限に活かせるシーンの一つだと、私的には感じていただけに…アニメでの…その出来映えが…もう、なんだかとても悲しいです、、、。

それにしても…アニメ『蒼天航路』を担当している日本テレビのプロデューサーさんって、ジョン・ウーさんに声の出演をさせて、一体何をしたかったのでしょうね。。。私的には、ジョン・ウーさんを声で出演させても、別段、話題性もなく商業効果もないと思うのですが…。ただ単に作品の質を落とすだけで終わってる様に思うのは、おいらだけでしょうか(-Д-\)=3

あと、曹操が、皇族 亶公(ぜんこう)に礼する(手を組む)シーンの効果音と、張譲が蹇碩たちを叱責し平手打ちをするシーンの効果音が、殆んど同じ音に聞こえるのもどうかと思います。もう少し効果音に違いを出しても良いのではと、おいらなんかは思っちゃいます。…手を組むシーンの効果音が過剰なのがそもそも…どうなのでしょうね。。。

さて、それ以外の演出は、構図やカット共に概ね良好で、私的に第1話以来、久々に好感が持てただけに…剣舞シーンの稚拙な演出・表現方法が本当に残念でなりません。

そして、脚本ですが、今回も全体的に端折り過ぎだと感じました。まず、老いたる熱血・張奐が曹操のもとにはせ参じるシーンが丸々カット…これは頂けません。張奐の魅力が感じられる良いシーンなのに…。

それから…第3話で、橋玄と曹操が思想をぶつけ合うシーンで一応は述べられているとはいえ…曹操がなぜ帝に上奏するかという事が、第4話では全くと言っていい程語られていないのはどういう事なんでしょう。…あれでは、単純に十常侍を弾劾しようとして上奏する体になってしまい、曹操が天(己の信念、大義)を見据えて行動し上奏している事が表現されていない様に感じられ、演出同様に脚本も、とても残念でなりません。

声優さんに関しては、曹操役の宮野 真守さんとジョン・ウーさん以外は、皆さん素晴らしく、彼らの芝居がアニメ『蒼天航路』で唯一の救いとなっている様な気がします。

…宮野 真守さんは等身大の役(実年齢に近く、現代の感覚で補える役)しか出来ない方なのでしょうか。。。子供時代の曹操だけは辛うじて役を演じれていた気はしますが、それ以外の曹操という役に関しては全く演じれていない気がします。相も変わらず、セリフを綺麗に述べることに務めているだけで、情感が皆無です。ご自身が持って(身を置いて)おられる声優としての才能(環境)にいつまでも胡坐をかいておらずに、役者として、もっと真剣に『蒼天航路』の曹操という人物を、その思想を汲み取り、演じ、表現する努力をすべきなのでは…と、私的には感じてしまいます…。


マンガ原作の曹操の言葉に、「憶えなくて凄い奴もいるが 最後は覚えている奴が勝つ」というモノがあります。


上記の曹操の言葉を広義に受け止め、おいら如きが言えた義理ではありませんが、それでも『蒼天航路』の一ファンとしてこの言葉を、声優としての才能(環境)に胡坐をかき、役を掴み演じようとしない、今の宮野 真守さんに贈りたいと思います。




ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 第4話 レビュー 

『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 第4話を、先程観ましたー☆


超造形魂 マジンガーコレクション




今川監督、今回もお見事です(*'人'*) Dr.ヘルが語る背景に、車輪(歯車)の中にそれぞれの人物を映し差し込むシーンや、機械獣との戦闘で、甲児たちが現実(自分たちが戦う事で幾多の犠牲者がでる事)に直面するシーンの演出のなんと素晴らしい事でしょう。どうしたら、あの様な手法を創り生み出せるのかと、今川監督の演出に感嘆してしまいました。もうですね、今川監督に一度お会いしてぜひとも演出論のインタビューをさせて頂きたいなんて事を思っちゃいました。一般人のおいらには夢の夢ですが…(* ̄▽ ̄*)~゚それ程に今川監督の演出に心酔しているおいらがいます☆

さて、ストーリーの方ですが、今回は『 激突! 機械獣 vs マジンガーZ 』という事で、機械獣 ガラダK7 vs マジンガーZを軸に、十蔵博士 vs あしゅら男爵、新たに登場した光子力研究所所属のロボットたち vs 機械獣 ダブラスM2 など見応えあるアクションシーンが、これでもかとテンコ盛りでした。そして、ストーリーはそれぞれの対決が続く中、十蔵博士は苦戦する甲児たちを助ける為、あしゅら男爵を奇襲し煙に巻き、ロケットパンチを遠隔操作して、自分(十蔵博士)ごと機械獣 ガラダK7に突撃して、マジンガーZに搭乗するという驚愕のシーンで…続くとなりました! なんて続きが気になる終わり方なんでしょう(ノ´▽`)ノ♪

あしゅら男爵を奇襲により煙にまいた十蔵博士ですが、その時に怪我をしてしまい…これはもしかしたら次回辺りで十蔵博士が亡くなってしまうのではと危惧しています…私的には、とても好きな人物なので、十蔵博士の活躍をもっともっと観たいと思っています。

そんな訳で、おいらとしては、十蔵博士の更なる活躍を期待しつつ第5話「強襲! ブロッケン伯爵」を観ますですー☆★━(*≧∇≦*)━☆★




『真マジンガー 衝撃! Z編 on television 第4話』 心に残った台詞


嘘ぉォゥ!!?


(第4話 劇中 暗黒寺の台詞より引用)






ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


アニメ5 『ヘタリア』 

巷で色々と話題になっている『ヘタリア』の1巻がレンタルされていたので、どんな作品なのかなと気になり観てみましたー☆


ヘタリア Axis Powers 第1巻【通常版】 [DVD] ヘタリア Axis Powers 第1巻【通常版】 [DVD]

 原作:日丸屋 秀和 シリーズ構成・音響監督:平光 琢也
 声の出演:浪川 大輔、安元 洋貴、金田 アキ 他

 メーカー:メディアファクトリー
 2009年 4月24日発売 小売希望価格 3.990円
 ◆画像クリックでAmazonにて詳細確認が出来ます。



観終わって率直に思ったのは、国をデフォルメし擬人化したキャラクター設定は、いやはや、なんとも斬新だったという事です。作者である日丸屋 秀和さんの視点には脱帽です。

さて、擬人化されたキャラクターたちですが、何となくその国のステレオタイプの特徴を踏まえている感じがしました。

内容はというと、穿った観方をしなければ、イタリアを主人公に据え、世界史を舞台に繰広げられるほんわかコメディです。ちなみに『ヘタリア』というタイトルは、ヘタレな(けれど、それが愛らしい)イタリアという事を表しているみたいです。。。

一部の国ではその揶揄が大問題になったとは言え、『ヘタリア』の様な作品が世に出て、世界中で親しまれている現在の社会に、おいらはある種の衝撃を受け、そしてある種の安心を感じてしまいます。

それから、伝説のお笑いトリオ「怪物ランド」を主催していた「平光 琢也」さんが、シリーズ構成・音響監督を務めている事に凄くビックリしちゃいました(  ゚∀゚  )




『ヘタリア』 心に残った台詞


パァスタァ~~☆


(第1話 イタリアの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


戦国絢爛チョコ シークレット 

戦国絢爛チョコ、3BOX目をパクつき途中に、シークレットをゲット出来ました☆ それでは早速その戦国絢爛チョコのシークレットカードをご披露させて頂きまする!


こちらがそのシークレットである「箔押しスペシャルカード」です!


宮本 武蔵 シークレット
*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。


えー…実はシークレットとは『足軽/宮本 武蔵』のバージョン違いだったんです。。。
シークレットなのですが…イラストに変更はありません。

では、何がノーマルの『足軽/宮本 武蔵』と違うのか。
実は裏面が違うのです。百聞は一見に如かず、まずはこちらをご覧下さい。



宮本 武蔵 ノーマル裏面
*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。

「ノーマル裏面」




宮本 武蔵 シークレット 裏面
*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。

「シークレット裏面」




宮本 武蔵 裏面見比べ
*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。

「ノーマル、シークレット裏面見比べ」




宮本 武蔵 ノーマル拡大
*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。

「ノーマル裏面拡大」




宮本 武蔵 シークレット拡大
*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。

「シークレット裏面拡大」


『足軽/宮本 武蔵』ノーマルバージョンとシークレットバージョンの違い…

それは…

裏面の名前の文字が「白文字」か「箔押し」かです。

それ以外の違いはありません(゚Д゚;)



てっきりシークレットは『 豊臣 秀頼・淀君 』あたりだろうと考えていたのですが、まさか単なる『足軽/宮本 武蔵』(裏面のみ)のバージョン違いでしかないとは…ちょっとビックリしています。。。何にせよ、これにて戦国絢爛チョコの完全コンプリートを果たす事が出来ましたー☆ とっても嬉しいですo(〃'▽'〃)o




ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



アニメ 『蒼天航路』 第3話 レビュー 

先程、リアルタイムで、『蒼天航路』の第3話 「北門の鬼」を観ました…。


Amazonにて、原作の詳細確認が出来ます   Amazonにて、原作の詳細確認が出来ます



第3話を観終え思った事は…アニメ『蒼天航路』の制作陣は、原作の物語だけを能率良く、いかに端的に(観せるのではなく)見せるか…それだけに傾注しているという事です。そして、そうする事の代償として…アニメ『蒼天航路』は、マンガ原作で表現されていた精巧かつ血潮滾る人物描写が失われてしまっている様に…おいらには感じられました。

アニメの制作陣は、『蒼天航路』という傑作マンガをアニメ化する上で…マンガ原作へのリスペクト・オマージュ、マンガ原作の模倣、マンガ原作を踏まえた独自の解釈、マンガ原作を無視した独自の解釈 etc.…一体何を表現したいのか、表現したかったのか。。。

…とても悲しい事ですが、現段階でのアニメ『蒼天航路』は、マンガ原作を劣悪にナゾルだけの残念な作品だと、私的には思います。

それから次回の第4話「炎の宴」では『レッドクリフ』の監督 ジョン・ウーさんが声優で出演するとの事です…制作陣は、ジョン・ウーさんとの競演を果たしかったのでしょうかね? …いや、これは制作陣というより、日本テレビが招いた事なんでしょうね。。。ジョン・ウーさんの声優出演は、TV版だけの限定出演とはいえ…作品制作より商業第一ですか日本テレビさん。作品ではなく、商品として、ただ話題性だけを狙い『蒼天航路』への愛着は全くないのでしょうね、日本テレビさんは┐(●´Д`●)┌

ジョン・ウーさんが出演する第4話は、私的にはもう論外ですので、それ以降、愚鈍なおいらでも分かる程の素晴らしい表現を、アニメ『蒼天航路』が観せてくれる事を切に望みながら、これからも観続けようと思います(´・ω・`)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


注目モノ 6 

今回の注目モノはこちらです!


交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 限定版 [Blu-ray] 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 限定版 [Blu-ray]

 原作・制作:ボンズ 総監督:京田 知巳
 音楽:佐藤 直紀 キャラクターデザイン:吉田 健一

 声の出演:三瓶由布子、名塚佳織、藤原啓治 他

 メーカー:バンダイビジュアル  2009年6月26日発売 希望小売価格 1.3440円
 ◆画像クリックでAmazonにて詳細確認・予約・購入が出来ます。


4月25日から、テアトル新宿などの映画館で公開される『交響詩篇エウレカセブン』劇場版のDVD・Blu-rayの発売が早くも決定しているみたいです。劇場公開の約2ヶ月後にDVD・Blu-rayが発売されるとは…いやはや何ともサイクルが速いですね。これには、ちょっとびっくりです!? …上映する映画館が少ない(現時点で7館のみ上映)という事が影響しているのでしょうか。。。何だか早急に資金回収しようと算段しているバンダイさんの思惑が見え隠れしていますよね(@_@;)

さて、この劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』ですが、TV版のディレクターズカット等ではなく、劇場用に大幅な新作カット&TV版の映像をミックスさせた再編集でも再構築でもない、新しい映像、新しい物語の『交響詩篇エウレカセブン』だそうです。…公式サイトにはその様な事が書いてありました。

TV版の映像を使用しているが、新作カット等を加え装いも新たな物語にしたという事は、TV版の続き等でもなく、完全新作のアニメだという事ですよね。

と、いう事はですよ…

『スーパーロボット大戦Z』でしか『交響詩篇エウレカセブン』に触れた事のない、TV版を観ていないおいらでも劇場版は楽しめそうですよね♪ うーん、この機会に劇場版を観に行って『交響詩篇エウレカセブン』の世界に少しだけでも浸ってみる…っていうのもアリですよねー☆




ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログへ


マンガ6 『クリオの男』 

『クリオの男』

Amazonにて詳細確認が出来ます

木葉 功一 著



~ ストーリー ~

いわく因縁つきの美術品へ自ら潜り、悪いジンクスを取り払う事が出来る矢堂 一彦。

彼はかつて自分が犯した失敗により、
かけがえのない女(ひと)を窮地に追い込んでしまった過去を持っている…。

その過去の失敗から、かけがえのない女(ひと)を取り戻す為に、
彼はいわく因縁つきの美術品へと潜る日々を続ける…。


―  クリオダイバー  ―


骨董品や美術品など物の中に蓄えられている過去の情報世界に潜る人


『記憶の海の冒険使者』


これは、矢堂 一彦こと、『クリオの男』が記憶の海に潜り、
かけがえのない女(ひと)を取り戻すまでの物語である。




『クリオの男』は、2001年から2002年まで月刊イブニング(現在は隔週)にて連載された作品です。『クリオの男』では、クリオダイバーである一彦が、「赤いスペシャルカー」「スペイン最大のエメラルド」「ドイツ製カメラ」など、いわく因縁つきの骨董品、美術品に潜り、その物に憑いている悪いジンクスを取り払って行きます。元凶となるジンクスも、「特攻したドイツ軍パイロットの記憶」「黒死病の保菌者 炎の魔女の記憶」「両親の死をキッカケに邪眼を宿した少女の記憶」など様々です。『クリオの男』は、サイコファンタジー、はたまたサイコミステリーとでも言えるマンガかもしれません。

そんな『クリオの男』の一番の魅力は、やはり一彦が対峙する元凶となるジンクス「記憶」です。儚くも気高い記憶の海のなかで繰広げられる人間ドラマは、本当に読み応えがあり素晴らしいです。木葉さんの描く人物たちが織成すドラマのなんと魅力的な事でしょう。おいらなんかは、この『クリオの男』を始めとする木葉さんの作品を読む度に、その表現力の豊かさに、色褪せた感動では決してない、新鮮な感動をいつも憶えてしまいます。

おいらにとって、木葉 功一さんは好きなマンガ家さんの一人です。そして『クリオの男』は好きな作品の一つです。






『クリオの男』 心に残った台詞


炎の魔女も 夢から醒めたよ


(DIVE03 矢堂 一彦の台詞より引用)







ランキング参加中
にほんブログ村 漫画ブログへ


『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 第3話 レビュー 

『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 第3話を、先程リアルタイムで観ましたー☆


マジンガー Z 超合金魂



今回もとても面白かったですー♪ まず、マジンガーZを悪魔と神に見立てるシーンの素晴らしさに始まり、ゼウス神の葛藤シーン、ロケットパンチが放たれるシーン、あしゅら男爵の激昂乱打シーン、海底要塞サルードの浮上シーン、機械獣の登場シーンなどの演出は私的には鳥肌モノでした。特に、ロケットパンチが放たれるシーンの、あのクドいくらいのナレーションは今川節が利きまくりで観ていて興奮しました。それから画の構成、音楽の効果的な使用も素晴らしくて…もう、おいら、今川監督に心酔しまくりですc=c=\(*@▽@)/

さて、そんな第3話のストーリーは…甲児がマジンガーZに乗り込むところから始まり、あしゅら男爵の慟哭を背景に乗せる形で、マジンガーZにそっくりなゼウス神の葛藤が差込まれ、その後マジンガーZを憎き仇と言わんばかりにあしゅら男爵が激昂し、単身でマジンカーZに挑んでは甲児たちを圧倒しちゃいます。いやー、あしゅら男爵の強いこと強いことΣw(゚д゚* )w凄かったです☆ そうこうしている内に、甲児たちの前に、Dr.ヘルまで登場し、我に返ったあしゅら男爵は、Dr.ヘルの命に従いあしゅら軍団を光子力研究所へと出撃させ、対マジンガーZに機械獣を出現させるところで…終了となりました。

宇宙を舞台に覇権を争い、戦いを繰広げていたゼウスを始めとする神々といわれた者たちの謎。あしゅら男爵の雌雄一体の謎。十蔵博士とDr.ヘルの関係など、3話は色々と気になる要素がテンコ盛りでした。今後の展開がとても楽しみです(o*≧▽≦*o)


第4話 は『 激突! 機械獣 vs マジンガーZ 』という事で、いよいよマジンガーZ vs 機械獣の戦いが観れると思うと、これまたとても楽しみです〃o(*´▽`*)o〃




『真マジンガー 衝撃! Z編 on television 第3話』 心に残った台詞


待っていろォー! 待っていろォォー! ゼウス!!

>

(第3話 劇中 あしゅら男爵の台詞より引用)






ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


戦国絢爛チョコ その五 

戦国絢爛チョコ その四に引き続き、今回も戦国絢爛チョコの武将カードをご披露させて頂きます。
今回、ゲットした新規武将カードはこちらでございまする!


伊達 政宗

*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。


◆ No.002 『 伊達 政宗 』
★ホロ仕様カード★ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/7 武力/7 政治力/7 魅力/8 運/7】
◆ 総合力/3,600




おお! 日野さんが描く『 伊達 政宗 』。独眼竜の雰囲気が出ており、カッコ良いですねー☆

政宗は、関ヶ原の合戦では戦場に参陣はしていないものの、最上の援軍として最上領内に侵攻して来た上杉軍と激闘を繰り広げています。「長谷堂城の戦い」等の最上・伊達軍(西軍) 対 上杉軍(東軍)この一連の動きを「慶長出羽合戦」と呼んだりします。

政宗は、豊臣政権時代から、隙あらば天下を取ろうとしていた謀略家として有名です。例えば、どんな謀略をしていたかと言いますと…秀吉の小田原征伐時には、同盟関係にあった後北条氏と連携し秀吉を倒そうとしたり、葛西大崎一揆を煽動し領地拡大を狙ったり、自国の石高を偽って富国したり、ローマへ慶長遣欧使節を送ったり等していた様です。この他にも政宗の謀略に関する記述は列挙に暇が無いほどです。

若い頃の政宗は「あと20年早く生まれていれば……(天下が取れたのに)」と嘆く程の野心家だった様です。

後年はその野心を抑え、三代目将軍『 家光 』によく仕えたと言われていますが…。平時、治世には適さぬと政宗自身が言っていた山城である「仙台城」から、生前、政宗は本拠地を一度も他城へと移さなかった事から、死の直前まで虎視眈々と天下を狙っていたのでは…という説もあります。

そんな『 伊達 政宗 』の能力値ですが、妥当だと思います(^-^)



足軽/宮本 武蔵

*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。


◆ No.030 『足軽/宮本 武蔵』
☆ノーマルカード☆ 絵師:沙村 広明
◆ パーソナルデーター 【知力/2 武力/4 政治力/0 魅力/5 運/3】
◆ 総合力/1,400




おおおおおーーー★☆━(*≧∇≦*)━☆★ーーーーー♪ 沙村 広明さんが描く『足軽/宮本 武蔵』ゲットでございまする~♪♪ いや、もうこれは見事なそして素晴らしいイラストですね。おいら、感無量です。良すぎますよー、このイラストは\(●▽●)/ ありがとう、戦国絢爛チョコ★ ありがとうございます、沙村さん☆


……
………コホン(← 喜びを落ち着かせる為の咳払い)。

さて、イラストが最高な『 宮本 武蔵 』こと、『 新免 武蔵 』ですが、関ヶ原の合戦当時、まだ剣豪として名は馳せておらず、いち足軽として関ヶ原に参戦しています。どの大名の足軽として参加していたかには諸説ありますが…東軍の黒田家の足軽だったという説が現在では最も有力みたいです。戦国絢爛チョコでは、その黒田家足軽説を採用しており、武蔵は東軍に与しています。ちなみに他の足軽説には、西軍の宇喜多家である『 明石 全登 』の足軽として関ヶ原に参戦していたというのもあります。

武蔵の能力ですが…。うーん、武将でも大名でもなく、いち足軽なので…これくらいの能力値が妥当なのかもしれませんね(~ヘ~;)



小早川 秀秋

*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。


◆ No.004 『 小早川 秀秋 』
☆ノーマルカード☆ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/3 武力/9 政治力/4 魅力/4 運/3】
◆ 総合力/2,300




日野さんの描く『 小早川 秀秋 』。 聡明さ漂う雰囲気が良いですねー☆

秀秋は、『 豊臣秀吉 』の正室『 ねね 』の甥に当る武将です。秀秋は、よく暗愚の将として扱われていますが、実は暗愚ではない武将だったとおいらは思っています。確かに、筑前太守であった頃は不品行で「胡乱の人」という悪評が事実としてありますが、慶長の役で、敵軍に囲まれ窮地に陥った『 加藤 清正 』軍を見事に救出していますし、関ヶ原本戦後には家康の命で他武将と連携を取り、三成の父『 石田 正継 』が守る佐和山城を落城させてもいるのです。 関ヶ原後の岡山藩主時代では、2年という短い歳月でしたが、治世を施す政を行っていたともあります。

そして何よりも秀吉が他の血縁者を押し退け、秀秋を、名将『 小早川 隆景 』の養子にした事や、関ヶ原の合戦に於いて戦術的要地である松尾山に陣を布いた事、更に大軍(1万6千の兵)を率いて東軍への寝返りに成功している事(土壇場での判断ではなく、合戦前からの秀秋の戦略が功を奏したから、寝返りが成功したという説が有力)。等などこれらの事から、おいらにはどうしても『 小早川 秀秋 』が暗愚であったとは思えないのです(→.←)

『 小早川 秀秋 』は、今後、再評価が望まれる武将の一人だとおいらは思います☆

さて、秀秋の能力値ですが…関ヶ原の寝返りが評価されたのでしょうが…ちょっと武力が高い気がしますね。あと、知力、政治はもっと高くてもよいのではと、私的には思います。


さてさて、2BOX目も完食しましたー♪ そしてヤリましたー☆ この度、武将カード 全30種のコンプリートを達成しましたー★ ヽ(*^▽^*)ノ ☆♪ そして只今、残りの、最後の1BOX(3BOX目)をパクつき中です。これでシークレットが出れば、とても嬉しいのですが…。シークレットがもし出ましたら、こちらでまたご披露させて頂きますね☆★



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。