11 | 2009/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬のご挨拶 

おはこんばちは、みなさま。見た目は本物、知識は浅い、そんなオタクのサラダオでございます。

早いモノで、今年も本日を残すのみとなりましたね。

おいら、今年を振り返りますと、3月から のほほんと始めました当ブログ「サブカルチャー・ショック」を…7月、8月と体調を崩したりもしましたが…何だかんだと これまで続ける事が出来て嬉しい限りです。

そして、沢山の方が当ブログに遊びに来て頂けた事に加え、記事へコメントを付けて頂けた事、拍手を頂けた事に感謝感激致しております。みなさま、本当にありがとうござました。

私的に今年はブログの年となりました。

来年も マイペースに、当ブログにて のほほんと雑感を綴って行ければ良いなと思っております。みなさま、宜しければ、また 当ブログに遊びに来て頂ければと思います。お待ちしております。

それでは、みなさま 良いお年をお迎えくださいませ。





スポンサーサイト

マンガ11 『星守る犬』 

『星守る犬』


Amazonにて詳細を確認出来ます


村上たかし 著



☆ 星守る犬 ☆
― 犬が星を物欲しげに見続けている姿から、手に入らないものを求める人のことを表す意 ―





コミックスのカバーイラストに惹かれ、
何気なしに手に取った『星守る犬』という作品。

村上たかしさんの素晴らしい感性と表現力で描かれた
この作品を読み終え、一気に溢れ出した感情…

それは…
張裂けんばかりの切なさでした。

そして、その切なさを通して、
『星守る犬』というマンガから伝わって来た事…

それは…

人は何かを求める事よりも…
誰かと一緒に居る事、一緒に居られる事の方が、
大切なのかもしれない。

ただ、純粋に、一緒に居られる事の喜び。

その喜びに気付けた時、
人はみんな『星守る犬』でしかなかったんだ、、、
という事を感じるのかもしれない…

と言う事でした。





おいら、『星守る犬』という作品に
出逢えた事を、とても嬉しく思います。








ランキング参加中
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~ その四 

前回に引き続き、今回も『戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~』の武将カードをご披露させて頂きます♪(*^皿^*)♪


本日、最初の武将カードは、


直江兼続


◆ No.015 『 直江 兼続 』
★ホロ仕様カード★ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/8 武力/5 政治力/7 魅力/8 運/5】
◆ 総合力/3,700


『 直江 兼続 』です。

日野さんが描いている『 直江 兼続 』、
陣幕内で盃を持っているという構図が良い感じですよね☆



大河ドラマで取上げられ一躍知名度が上がった『 直江 兼続 』。兼続と言えば、『 徳川 家康 』が送った『 上杉 景勝 』上洛要求の書状に対する痛快な返書(挑戦状) 「直江状」が有名ですが、実は、この「直江状」自体は、家康の使者である僧 承兌(じょうたい)が上杉家に持参した書状に対応する形で改ざん、捏造し、後世に創作された偽書であるという指摘が現在なされています。ただ、兼続が書いた家康への返書は実際にあったらしく、その返書を読んで家康が立腹したという記録が家康の家臣たちの書状に残っているそうです。「直江状」の真偽の程はともかく、家康を立腹させた兼続の書状は存在していた様です(☆。☆)






それでは、次の武将カードをば!


前田慶次


◆ No.022 『 前田 慶次 』
☆ノーマルカード☆ 絵師:獅子猿
◆ パーソナルデーター 【知力/7 武力/8 政治力/3 魅力/9 運/6】
◆ 総合力/3,400


獅子猿さんの描いているこの『 前田 慶次 』は、
来年の夏に登場予定のオンラインゲーム『武神絢爛』からの
イラストをカード化したモノなんだそうですよ(⌒o⌒)



『 前田 慶次 』と言えば、「天下一のかぶき者」、「武勇に秀でた豪腕の武将」、「知性豊かな風流人」などのイメージが、パッと浮かぶ方も多いのではないでしょうか。そう言った慶次のイメージは、江戸中期以降に創作された逸話集と、隆慶一郎さんの時代小説『一夢庵風流記』、そして そのコミカライズ作品である原哲夫さんのマンガ『花の慶次』に寄るところが大きく、実際の慶次については(関ヶ原の戦いの翌年に行った京都から米沢までの旅程を、慶次本人が日記として記した「前田慶次道中日記」がある位で)、当時の資料が殆ど存在せず、彼の事跡の多くは謎に包まれています。ですが、隆慶一郎さん以前に、山田風太郎さん、司馬遼太郎さん、海音寺潮五郎さん等も、「天下一のかぶき者」、「武勇に秀でた豪腕の武将」、「知性豊かな風流人」などのイメージで慶次を描かれており、『 前田 慶次 』という武将は、作家さんの創作意欲を虜にする魅力のある武将だった事が伺えます(@^▽^@)






本日最後の武将カードは、


シークレット 織田信長


◆ No.S01 『 織田 信長 』
☆★シークレットカード★☆ 絵師:Mitsuhiro Arita
◆ パーソナルデーター 【知力/8 武力/10 政治力/8 魅力/10 運/0】
◆ 総合力/3,650

シークレットカードの『 織田 信長 』です!!

やっほーい!! 出ちゃいましたー☆━(*≧∇≦*)━☆
初回の『戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~』に続き、
2枚目のシークレットカードをゲットでございまする♪

まさか、1BOXにシークレットが2枚も入っているとは!?
これは、とっても嬉しい誤算ですよー(ノ´▽`)ノ♪♪

Mitsuhiro Aritaさんが描いてる この信長は、
「本能寺の変」での信長ですよね。

火焔のなかに佇む
信長の表情が何とも素晴らしいです☆☆☆

今まで引いた今弾の武将カードの中では、
私的には、この信長のイラストが一番かもしれません♪♪♪



「本能寺の変」で『 明智 光秀 』に討たれた『 織田 信長 』ですが、明智勢の必死の探索にも関わらず終ぞ その遺体を見つける事は叶いませんでした。何故に信長の遺体は見つからなかったのか? 諸説ありますが、一般的に言われているのは…本能寺は当時 織田方の補給基地として機能しており、寺内には火薬庫があり鉄砲などに使用する大量の火薬が備蓄されていた。その為、「本能寺の変」では、その火薬の爆発により 信長の遺体は消し飛んだ…という説です。信長の遺体が見つからなかった理由として、この説が今のところ一番有力みたいです。ちなみに他には…密かに脱出したが、「本能寺の変」で負った傷が原因で数日後に亡くなった。本能寺の隠し通路で息絶えていた信長を発見した僧たちにより、密かに埋葬された、などの説があります。

それから、2007年に行われた旧本能寺跡の発掘調査で、旧寺をはっきり示す遺物(本能寺周囲の堀や塀など)や、本能寺の「焼け瓦」に加え、「焼けていない瓦」が見つかっており、その事から本能寺はそれなりの防御力を有しており無防備という訳ではなく、「本能寺の変」での火焔の勢いはそれほど強くなかったのでは? という指摘が現在なされています。と、なりますと…「信長爆砕説」での信長(の遺体)は、明智勢の放ったさほど勢いのない火焔が、アレよアレよと上手い具合に火薬庫の火薬へと引火してまい、ソレに巻き込まれてしまった…と言う事になるのでしょうか。。。だとしたら、信長も、遺体を見つけれなかった明智勢も とっても運が無かったのかもしれませんね。

信長の遺体の行方を含む「本能寺の変」の真相は如何に!? うーん☆ 「本能寺の変」は戦国最大のミステリー&ロマンですよね(* ̄▽ ̄*)~゚






さて、今回ご披露させて頂いた武将カードは以上となります。ではでは、本日の『戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~』その四は、これにて幕引きとさせて頂きますヽ(*^▽^*)ノ





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


アニメ 『テガミバチ』 第13話 レビュー 

アニメ『テガミバチ』 第13話 「約束の大地」を観ましたー☆


Amazonにて小説の詳細確認が出来ます




~ 『テガミバチ』アニメオリジナルストーリー ~
☆ 「約束の大地」 ☆

差出人 プロメッサ・プロメタス 宛名 ピスティスのテガミを
期日指定で配達する事となったラグたち。

届け先へと向かう道中、ラグたちは、
届け先周辺の大地主 ガラドーと出会う事となるのだが…



ちょっと…今話の脚本は、色々と設定の甘さが目立っていた様に私的には感じました。。。ストーリーのプロット(構想)は とても素敵なのですが…街道が交差する場所に都合良くピスティスの家がポツンと一軒建っていたり、ガラドーが食事を用意したシーンに加え、ピスティスが脅迫されるシーン等の設定は、かなり強引に感じられました。。。

それから、今話で私的に強く感じたのは、脚本を執筆した 吉岡たかをさんは、あの素敵なラストシーンをどうしても描きたかったのだろうな、という事です。おそらく吉岡さんは今話の脚本を執筆する上で最初に想い描いたのが、あのラストシーンだったのではないでしょうか。。。それ故にラストシーンに想い入れが強くなりすぎて、それまでの過程を描く事に力が入らなかったのでしょうかね。。。ラストシーンへと繋がるシノプシス(梗概)をもっと構築して脚本を執筆していれば今話 「約束の大地」のエピソードは、原作のエピソードに引けを取らない素晴らしい作品になったのでは…と、私的には思えました。

けれど、プロメッサとピスティスの関係と、その2人のやりとりなどは、とても好感を持って観る事が出来ました。件の素敵なラストシーンなどは、「ああ☆ とても良いなぁ♪」 と、シミジミと感じてしまいました(〃´―`〃) ラストシーンの演出も、とても良かったです☆

さて次回の第14話は「死骸博士」という事で、アニメオリジナルエピソードから原作のエピソードへと戻る様です。ついに「死骸博士」ことDr.サンダーランドJr が登場するのですねー☆ ザジやコナーも巻き込んで、ラグ&ニッチとDr.サンダーランドJrのステーキ争奪戦がアニメで観れるのかと思うと、来年1月9日の放送が とっても楽しみです(@>∀<@)





『テガミバチ』 アニメ版 第13話 心に残った台詞


無駄にさせてしまったのは ピスティスの5年間だよ…
本当にすまなかった…ピスティス


(第13話 劇中 プロメッサの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』 プレイ雑記 14 

只今、まったりどっしりプレイ中でございます、『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』 (≧ε≦)ノ〃♪☆♪☆♪


真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー) 真・女神転生 STRANGE JOURNEY

 プロデューサー・オリジナルコンセプト:金子 一馬
 ディレクター:石田 栄司 キャラクター・悪魔デザイン:金子 一馬
 シナリオ:磯貝 正吾 サウンド:目黒 将司

 メーカー:アトラス 2009年 10月8日発売 希望小売価格 6.279円

 ◆画像クリックでAmazonにて詳細確認・購入が出来ます。


現在、おいらのプレイ状況は…前回と全く変わらず各セクターの踏破や悪魔全書の補完に励み、仲魔の育成にも勤しんでは、のほほんとプレイしております(=^-^=)


そんな おいらの現在のステータスはと言いますと、

レベル/93  スタンス/NEUTRAL  悪魔全書の登録率/91%
プレインコード獲得数/105 (悪魔軍団一個中隊、罪な男 など)
EXミッションクリア数/52  プレイ時間/86時間45分44秒

と、この様になっております☆


まだ踏破出来ていないセクターを今 順次探索中なのですが…もう探索出来る場所が思い当たらず、ちょっと立ち往生しております…隠し扉などをまだ見つけられていないのか。。。各セクター踏破達成はまだまだ先になりそうです(^_^;


さて、それでは本日も締め括りとして、おいらが育成した仲魔のパスワードを披露させて頂きます☆


◆ 仲魔召喚 パスワード ◆

こそEろTうえSMあをむへSDわ
RにUよけつおつてかみそかせてL

種族:魔人 名前:アリス Lv:39
力/27 魔/37 体/23 速/26 運/22
反射:銃撃 耐性:物理・光 無効:闇
スタンス:DARK-NEUTRAL
スキル:エナジードレイン・死んでくれる?・夢見針
ロストワールド・静寂の祈り・ラスタキャンディ



今回の仲魔 アリスの持つ「死んでくれる?」というスキルは、おそらくムド系最上のスキルかと思われます。このアリスは女神転生シリーズではお馴染みの悪魔ですよね。スキルは能力重視ではなく、アリスのイメージで選別してみました。宜しければバトル、探索のお供にご活用くださいませ`(o-∀-)ノ♪





ランキング参加中
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ


アニメ 『空中ブランコ』 最終話 レビュー 

アニメ『空中ブランコ』 最終話 「カナリア」を観ました。


Amazonにて、主題歌CDの詳細確認が出来ます




~ アニメ 『空中ブランコ』 最終話 「カナリア」ストーリー ~

救急救命科の医師 津田英雄は、
患者を救う事にやり甲斐と充実感を感じる日々を送っていた。

しかし、高校生の息子 雄太が携帯電話を手放すと痙攣するケータイ依存症を発症、
妻の久子からの頼みで、渋々と院内で変わり者として有名な伊良部に治療を頼む。

雄太に携帯を止めろと言っても聞かず困っている と言う、
英雄に伊良部は突然注射を打たせろと迫る。

強引に注射を打った後も何の変化もしない
「正常」な英雄に伊良部は意外な事を語り始める…

― 『空中ブランコ』公式サイトより引用 ―




個人主義は止め(逃避を含む)、カナリア(救いを求めるモノ)に気付き、皆、そのカナリア(自分自身も含む)に救いを差し伸べ、お互い手と手を取って助け合い生きて行きましょう。だって人間はとても素晴らしく、そして素敵なのだから、他人(身内も含む全ての他者)との関わりを持たない事は良くないよ」と言う様なメッセージをアニメ『空中ブランコ』で、中村監督及びノイタミナ制作陣は伝えたかったのでしょうか。。。最終話を観て、何となくそんな風に感じました。あと、精神(この作品では、精神疾患という病理)という題材など最初から扱う気はなく、精神(精神疾患という病理)を、人間賛美のヒューマンドラマを描く為の装飾・ギミックとして使用したに過ぎない作品であるのだな…とも感じました。

結局のところ、このアニメ『空中ブランコ』は、第6話と今回の最終話さえ観れば事足りる作品であり、中村監督及びノイタミナ陣が自分たちのセンスを過信し、その想い(ハイブリッドアニメーションの手法&人間賛美を謳うメッセージ)を無造作に吐き出したに過ぎない、表現(制作者から現出する情念)が皆無な作品であると、私的には思います。





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


ニコニコ動画 10 【 ジャクソン vs Mr.ビーン 】 

今回、僭越ながら ご紹介させて頂く『ニコニコ動画』で出会った動画は、【 ジャクソン vs Mr.ビーン 】という 2大スターが夢の競演を果たす素敵なストップモーションアニメ動画です。


★ 興味がおありの方は、まずはこちら ↓ の動画をご覧下さいませ ★




* 再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。
*広告を消したい方は、広告欄の右端上にある×ボタンをクリックして下さいませ。
* 実況コメントを消したい方は、再生ボタンをクリック後に出現する
コントロールパネルの右端にあるコメント消去ボタンをクリックして下さいませ。




この『ジャクソン vs Mr.ビーン』は、カナダの在住のPatrick Boivinさんが、市販のフィギュアを使用し作成したストップモーションアニメです。そのアニメの動画を、Vimeoよりニコニコ動画にアップされたのが、naonさんとなります。

Patrick Boivinさんは、本作 【 ジャクソン vs Mr.ビーン 】 原題 【 Jackson vs Bean 】の脚本、ライティング、撮影、演出、編集から特殊効果までの制作を一人で手がけているそうです。そして特筆すべきは、これらの制作手法は全て独学なんだそうですよ。そんな、Patrick Boivinさんは現在、Youtubeを中心に活動されているそうです。ちなみに、Youtubeには、【 Jackson vs Bean 】の他にもバットマンとジョーカーがダンス対決する【 Bboy Joker 】や、アイアンマンとブルースリーが対決する【 Iron Man vs Bruce Lee 】などの作品がアップされています(⌒v⌒)





【 ジャクソン vs Mr.ビーン 】



アニメーション作成 Patrick Boivinさん
ニコニコ動画へのアップ naonさん



(^▽^)/▽☆▽\(^▽^)

2大スターが夢の競演を果たす
素敵なストップモーションアニメをつくられた
Patrick Boivinさん



そのアニメーションをニコニコ動画へアップされた
naonさん

お二方に乾杯

(^▽^)/▽☆▽\(^▽^)







ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~ その三 

前々回前回に引き続き、今回も『戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~』の武将カードをご披露させて頂きます♪v(^◇^)v♪


本日、最初の武将カードは、


石川五右衛門

◆ No.025 『 石川 五右衛門 』
☆ノーマルカード☆ 絵師:Mitsuhiro Arita
◆ パーソナルデーター 【知力/― 武力/― 政治力/― 魅力/― 運/―】
◆ 総合力/???


『 石川 五右衛門 』です。

武将カードというよりは、
忍者 or 盗賊カードと言った方が差し支えないかもしれませんね。

この『 石川 五右衛門 』のカードですが、
他の武将カードとは違い、裏面にある能力欄に数値が記載されていません。
そして総合力には???と記載されています。。。

『 石川 五右衛門 』は謎の多い人物なので、
能力値の測定は避けたのでしょうかね。

それはさて置いて、Mitsuhiro Aritaさんの描く、
『 石川 五右衛門 』は義賊然としていて、凄くカッコ良いです♪



『 石川 五右衛門 』と言えば、元は伊賀忍者で、後に天下の大泥棒として その名を馳せた人物として有名ですが、実際のところ 歴史書には、「京都を荒らしていた盗賊で、1594年の夏に京都の三条河原にて、一族郎党と共に油で煮られて処刑された」や「文禄の頃に京都を荒らしていた盗賊で、その光景を見かねた秀吉の命令で 前田玄以に捕らえられ、一族郎党と共に釜煎りにされた」と、処刑されたという記載がある位で資料に乏しく、『 石川 五右衛門 』の出自に関しては不明な点が多く謎に包まれています。その事からか、創作の対象として江戸時代では歌舞伎や浄瑠璃の演題として多く取上げられる様になり、やがて義賊としての『 石川 五右衛門 』像が定着して行ったんだそうです。おいらたちのよく知る 『 石川 五右衛門 』のイメージは歌舞伎や浄瑠璃が発祥なんですね(^▽^)





それでは、次の武将カードをば!


竹中半兵衛

◆ No.005 『 竹中 半兵衛 』
☆ノーマルカード☆ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/9 武力/5 政治力/6 魅力/7 運/4】
◆ 総合力/3,250


日野さんの描く『 竹中 半兵衛 』。
新加納の戦いに向けての行軍か、それとも中国攻めに向けての行軍か、
行軍中に見せている憂いの表情が何とも良いですね♪



秀吉の七顧の礼に応じ、信長に仕える為に謁見するが、「秀吉の人柄(才能)に惚れ込んだので、信長ではなく秀吉に仕えたい」と言う風な事を信長に直訴し、信長もそれを許し、半兵衛は、それから終生 秀吉に仕え支えた名軍師として描かれていますが…実際は信長の直臣として仕え、姉川の合戦の後、信長の命で秀吉の与力となったという見方が現在 有力な説となっています。それから、先述の七顧の礼のエピソードに加え、浅井攻め、中国攻め、長篠の戦いの半兵衛に関するエピソードも創作の可能性が高いという見方が、これまた現在は有力だそうです。

けれど、斉藤家時代には、侵攻してくる織田軍を何度も破ったり、政務を顧みない主君 龍興を諌める為に、弟の『竹中 重矩』、舅の『安藤 守就』に加え16名ほどの部下と共に、龍興の居城 稲葉山城を、たった1日で奪取したり、織田家時代には、その知略で『黒田 官兵衛』の息子を救ったりしたエピソードは史実であり、その事からも『 竹中 半兵衛 』は、名軍師と呼ぶに相応しい武将だった事が伺えます。






本日最後の武将カードは、


明智光秀

◆ No.006 『 明智 光秀 』
★ホロ仕様カード★ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/8 武力/5 政治力/8 魅力/7 運/4】
◆ 総合力/3,350

『 明智 光秀 』です。

『 竹中 半兵衛 』に続き 『 明智 光秀 』も描いているのですね。日野さんは。
前弾では確か14枚の武将イラストを手掛けていましたが、
日野さんは、今弾では何枚手掛けているのでしょうかね(* ̄▽ ̄*)~゚

日野さんの描く『 明智 光秀 』。本能寺の変のイメージでしょうか。
火焔を観ている光秀の何と妖艶な事でしょう。
私的にはとても良いイラストだと感じています。



何故 『 明智 光秀 』は信長に対して謀反を起こしたのか? 有名なのが、ドラマでは必ずと言っていい程取上げられる「八上城のエピソード」、「家康歓待のエピソード」などの 信長に対する怨恨説ですが、これらの怨恨説は江戸時代以降に創作されたモノが殆どで、その根拠は乏しいそうです。「八上城のエピソード」における、信長のせいで、光秀の母親が、敵方に殺害されるというのも 本当は母親は殺害されていなかったという説の方が有力だそうです。実際は、光秀が主君 信長を信奉しており、信長も光秀には厚い信頼を置いていたという記述が歴史書には多々あります。それを踏まえ考えますと、おいらなどは、信長の信任を失う事に対する強迫観念から来る「憔悴説」を背景に「野望説」に加え「黒幕説」などが、『 明智 光秀 』が謀反を起こした理由なのかなと思っています。

例えばですが…

譜代の家臣ではなく、新参者の光秀。実力主義の織田家中にあって短期間で、家臣団の中で屈指の実力者となった彼は、織田家中、随一の有力者である『 佐久間 信盛 』の追放に伴い、その後任となり畿内という 当時 情勢不安定であり繊細な問題を孕んでいた領地を統治する事となる。その事から光秀は、信長が『 佐久間 信盛 』に向けていた疑念を、今度は自分にも向けてくるのではないかと危機感を抱き、もしくは信長の態度から そう言ったプレッシャーを受ける事となり、光秀は、そうした猜疑心から みるみる憔悴して行き、やがて失脚するくらいならと、天下取りの野望に火が付いてしまい、反逆の狼煙を上げるのである。

まず光秀は、毛利家に庇護されていた『 足利 義昭 』とコンタクトを取り朝廷を動かす、朝廷も、このまま信長が天下をとれば、いずれ朝廷自体が解体される恐れがあると危機感を募らせていたので、光秀からの協力要請に応える。朝廷という後盾を手に入れた光秀は謀反の準備を着々と進めるが、謀反決行の数日前に『 足利 義昭 』から毛利家へと、その情報が流れ、毛利家から『 羽柴 秀吉 』にまで光秀謀反の知らせが洩れてしまう。秀吉は毛利家と和睦し、毛利家(小早川隆景)の協力のもと、村上水軍を使い水路から、驚くべき速さで京都へと辿り着く。

光秀は、『 足利 義昭 』の詰め甘さも計算に入れて、光秀が信長から暗殺の命を受けていた『 徳川 家康 』とも(信長が貴君の命を狙っていると暴露し)コンタクトを取っており、光秀謀反後は共闘する手筈となっていた。しかし、伊賀越えなどにより出遅れる形となってしまった家康は、三河に戻り兵を率いて、光秀と合流を図ろうと進軍するが時既に遅く、熱田神宮にて山崎の戦いの報を聞く事となる…。山崎の戦いにて秀吉に敗れた光秀は、落ち武者狩りを何とか掻い潜り、三河へと落ち延び、家康の庇護を受ける事となる。そして、後に南光坊天海として家康に仕える事となるのであった。

…かなり荒唐無稽ですが、おいらはこんな感じの説を押しちゃいます☆

兎にも角にも「本能寺の変」は戦国最大のミステリーであり、ロマンですよね。真相を知りたいのは勿論なのですが、けれど、このまま色々な方が発表する様々な説をワクワクしながら読み続けるのも大いにアリだなとも思う おいらでありますо(≧∇≦)〇゛♪






と、いう訳で今回ご披露させて頂いた武将カードは以上となります。ではでは、本日の『戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~』その三は、これにて幕引きとさせて頂きます(*^∇^*)〃





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログ拍手に関するお知らせ 

皆様 おはこんばちは。見た目は本物、知識は浅い、そんなオタクのサラダオでございます。

今日は「ブログ拍手」に関するお知らせをさせて頂きます。

当ブログでも使用している、FC2のコミュニケーションツール「ブログ拍手」なのですが、12月18日頃から、FC2ブログ内にて、ブログ管理画面の拍手数とボタン上の拍手数が一致しない(頂いた筈の拍手数がブログ上に表示反映されない、または反映されにくい等の)問題が発生しているそうです。FC2サポートでも原因が判明出来ず、現在調査中だそうです。

それで、ここ最近、当ブログに好感を持って頂き、「ブログ拍手」をクリックしてくだった皆様。ブログ上に拍手が表示されずとも、頂きました拍手は、ブログ管理画面にて確認させて頂いておりますので、ご安心ください。そして、「ブログ拍手」をクリックしてくださって本当にありがとうございました。また、当ブログに好感を持って頂けた際には「ブログ拍手」をクリックして頂ければと思います。

皆様から頂く「ブログ拍手」は、雑感を綴る上でとても励みになっております。おいら、この場をお借りして、もう一度 心よりお礼申し上げます。いつも本当にありがとうございます。宜しければ ぜひぜひ また当ブログに遊びに来てくださいませ。お待ちしております。

- 追記 -

2009年12月21日 22時15分 「ブログ拍手」の修正、及び、復旧が成されたとFCサポートからお知らせがありました。なので、現在は「ブログ拍手」は正常に機能しているみたいです(^-^)


アニメ 『テガミバチ』 第12話 レビュー 

アニメ『テガミバチ』 第12話 「赤と緑のリボン」を観ましたー☆


AmazonにてEDテーマの詳細確認が出来ますAmazonにてOPテーマの詳細確認が出来ます
AmazonにてOPテーマの詳細確認が出来ますAmazonにてEDテーマの詳細確認が出来ます




~ 『テガミバチ』アニメオリジナルストーリー ~
☆ 「赤と緑のリボン」 ☆

アンバーグラウンド 北方に伝わる祝祭「聖なる夜」。
この時期、ハチノス郵便館では慈善団体から預かったプレゼントを、
BEEたちが聖なる使者に扮して、北部地域の恵まれない子供たちに配達していた。

ラグは、ザジと一緒にジュエルスノーマウンテンへ
「聖なる夜」の配達へ行き、そこでソーニャという一人の少女と出会う。

ラグたちはプレゼントを配達する他に、
聖なる使者として、ソーニャの願い事を一つ叶える事になるのだが…



今話のテガミバチは完全オリジナルストーリーでしたね☆ 「赤と緑のリボン」の回を観終え、岩永監督並びアニメ制作スタッフさんたちは、原作をオマージュしながら、アニメオリジナルストーリーを創作しているのだなと感じられ、私的には とっても好感が持てるエピソードでした。特に、12月の風物詩 クリスマスを違和感なく『テガミバチ』の世界に組み込んだ岩永監督並び制作スタッフさんたちの構成力に脱帽です☆☆ そして、ザジにスポットが当てられていた事にも好感が持てました。原作の設定を巧く活用し、原作の雰囲気を壊す事なく、ザジの魅力を素敵に表現しており、おいらは「赤と緑のリボン」のエピソードを観て、ザジの事が今まで以上に好きになりました☆☆☆ あと、ニッチとヴァシュカの関係に、ラグとザジの絵心も判明して 私的には、とっても楽しめました♪o(〃'▽'〃)o♪

それから、アニメオリジナルキャラクターであるソーニャの「こころ」の強さに見入ってしまいました。彼女の あの強さは一体何処から来るのだろうか…。想い出という大切な「こころ」と共に、ソーニャは、きっと、すごく悲しんで、悲しみ貫いて、そして気付いたんでしょうね。悲しみは、更なる悲しみしか生まない事を。だからこそ、今の彼女があるのかなと、おいらは思いました。けれど、もし ラグとザジに出会わなければ…ソーニャの「こころ」は潰れていたのかもしれない、とても繊細で脆い状態だったのかも知れず、、、そう考えますと「聖なる夜」に聖なる使者が叶えた あの願いは、ソーニャの「こころ」を暖かさで満たし、その「こころ」を救ったのかもしれませんね。ちなみに、ソーニャがラグとザジに あるモノを渡すシーンに、ザジがその あるモノを手放すシーンですが、さり気ないけど凄く意味(想いと想いの繋がりみたいなモノ)が込められている様な気がして、両シーンとも おいら とっても好きです。

さて、次回は「約束の大地」という事で、これまたアニメオリジナルストーリーですね。今度はどの様なエピソードになるのかワクワクしながら放送を待ちたいと思います(*^∀^*)〃





『テガミバチ』 アニメ版 第12話 心に残った台詞


もし また 鎧虫が出たら 俺を呼べ!
何度でも倒してやる! 何度でもだ!!


(第12話 劇中 ザジの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。