12 | 2010/01 | 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『テガミバチ』 第14話 レビュー 

アニメ『テガミバチ』 第14話 「死骸博士」を観ましたー☆


AmazonにてDVDの詳細確認が出来ます




おお☆ 今話から、OP(オープニング)とED(エンディング)が新バージョンになりましたね。前回までのOP、EDも素敵でしたが、今回のも良い感じです☆ 新バージョン 私的にはEDでの ジギーの走りっぷりが特に良い感じでした(ゝД//)〇"~☆

さて、今話ですが、原作のエピソード「死骸博士」全編と、「ハニーウォーターズ」の冒頭を巧みにミックスし、一つのエピソードとしていた その構成に、良い意味でビックリしちゃいました。しかも、アニメオリジナルエピソード「約束の大地」からの伏線もあったりと、とっても見応えがあるエピソードとなっていました♪♪♪ それから、街並をセル画で、雪をCGで描き分け、作画に臨場感を齎(もたら)している演出も素敵でした☆☆☆

そして、「病原菌を特定する」という信念の為に、孤独と向き合える強さ…犠牲に対して敬意を払える真摯さ…ソレらを備えている「死骸博士」こと、サンダーランドJr.博士。表面上はお茶目な解剖好きなのかもしれませんが、サンダーランドJr.博士は、自分自身という「こころ」をしっかりと持っている人物なのだろうなと、今話を観ていて おいらなどは感じました。カッコ良いです、サンダーランドJr.博士о(≧∇≦)〇゛ それとは別に…右目に眼帯、もう片方の左目には火傷の痕(あと)と思しき痣(あざ)、そして例の飛行船(おそらくは瞬きの日に墜落した飛行船)に乗っていた元エリートという肩書き…サンダーランドJr.博士も「瞬き日」に何らかの関わりを持っている人物なのでしょうかね。ちょっと気になります。

さてさて、次回は「愛の逃避行」という事でアニメオリジナルエピソードとなる様です。どうやら今後は原作のエピソードに、アニメオリジナルエピソードを織り交ぜながらストーリーが続いて行くみたいですね。「瞬きの日」の謎、「アヌ・シーイング(ラグのお母さん)」・「ゴーシュ・スエード」の行方…これらのキーワードが、アニメ『テガミバチ』でどう展開し解き明かされるのか(☆。☆) アニメ『テガミバチ』の今後がとっても楽しみです♪





『テガミバチ』 アニメ版 第14話 心に残った台詞


笑えるだろう…
あの上等な服を着た連中なんかより……
薄汚い死骸たちの方が 世界の役に立っているんだ


(第14話 劇中 サンダーランドJr.の台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。