03 | 2010/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第14回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第14回 「お尋ね者 龍馬」を観ましたー☆


Amazonにて龍馬伝 関連書籍の詳細確認が出来ます




今回の井上佐市郎暗殺シーン(『龍馬伝』では以蔵のみにスポットが当てられていましたが、史実では、以蔵を含む土佐勤皇党の4人が、井上の身柄を拘束した上で絞殺したと言われています)ですが…岡田以蔵の心情を表したかの様な…強風吹き荒れる闇夜の町並み(舞台美術)・以蔵を背中から照らす月明かり(照明)・途中 無音となるSE(効果音)…これら数々の演出が件のシーンを見応えあるモノとしており、私的には これまでの『龍馬伝』の中でも上位に位置する名シーンだったと感じました。特に、以蔵の頭上背後で輝き放っている月明かり…あの月は もしかしたら 以蔵にとっての 武市半平太を表しているのかもしれない等と私的には思ってしまいました。 しかし…『龍馬伝』での以蔵は驚くほど繊細に…まるで純真な少女の様な人物として描かれていますね。半平太に利用され「人斬り」となって行く過程で、この少女(以蔵)の半平太への想いはどうなって行くのか…何ともロマンチックでいて乙女チックな今回のドラマツルギーに惹かれた方々も多いのではないでしょうか。。。 おいらなどは、史実で伝え聞く以蔵とは随分と掛離れていて、『龍馬伝』の以蔵には ちょっとビックリしてしまいました。

さて、今回から第2部スタートという事ですが、第1部からの時間経過が 3ヶ月しか経っていないのですね。脱藩して3ヶ月での あの龍馬の変わりっプリ…薩摩でよっぽどの修羅場を潜ったのでしょうかね。。。かと言って あの変わり様は 達観から来るモノには到底観えず、、、どちらかと言うと単なる開き直りから来るモノに おいらなどは観えてしまい…アレはいわゆる「なんちゃって志士(幕末当時 最も流行した職業であり、志士の名を騙り 放蕩三昧する輩の総称)」の典型なのでは…と感じてしまい「龍馬 大丈夫か?」とドラマを観つつ思っちゃいました。実際のところ 史実でも龍馬が志士として本格的に活動するのは、勝麟太郎(勝海舟)の弟子になってからと言っても差し支えないと思いますので、『龍馬伝』での龍馬は 江戸に着き、麟太郎の弟子になるまでは「なんちゃって志士」なのかもしれませんね。

勝麟太郎と言えば…今回の『龍馬伝』に 武田鉄矢さん演じる麟太郎が登場しましたね。おいら思えば 『青春グラフィティ』という映画で 武田さん演じる 魅力溢れる素敵な坂本龍馬を観たのが、龍馬に興味を持った最初のキッカケだった様な気がします。そして、龍馬の事をもっと知りたいと思い 龍馬関連の書籍を読み漁った記憶があります。おいら…武田さんが居なければ、龍馬に、幕末に興味を持っていなかったかもしれず…こんな事を言うのは大変痴(おこ)がましく恐縮なのですが おいらにとって、武田さんは 龍馬・幕末の師匠とも言える人物なのかもしれません。なので、武田さんが演じる麟太郎が登場する 今後の『龍馬伝』が今まで以上に楽しみです♪♪♪

あと…今回 後藤象二郎のシーンが気になりました。『龍馬伝』での 近江屋 龍馬暗殺の首謀者は…私的に 象二郎となりそうな予感がします。。。

さてさて、次回は「ふたりの京」という事で、龍馬が京都で 平井加尾と逢引きをする話となる様です。次回の龍馬も「なんちゃって志士」全開爆進となりそうですね(笑)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


アニメ 『HEROMAN』 第01話 レビュー 

『スパイダーマン』 『X-MEN』 『アイアンマン』などの原作者として知られるアメコミ界の巨匠 スタン・リーさんと、『カウボーイビバップ 天国の扉』 『交響詩篇エウレカセブン』 『DARKER THAN BLACK』などの制作で知られるアニメ制作プロダクション「BONES」がタッグを組み手掛けるアニメーションという事で、興味津々で アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 第01話 「ビギニング」を観てみましたー☆


Amazonにて コミカライズ作品の詳細確認が出来ます



~ 『HEROMAN』第01話 「ビギニング」 ストーリー ~

アメリカ西海岸・センターシティ。
ヒーローに憧れる少年 ジョーイは、この街で祖母と二人暮らし。
貧しさの為アルバイトに励みながらも、
皮肉屋で一匹狼のクラスメート サイや
明るく元気なお嬢様 リナに囲まれ楽しい日々を送っていた。



ある日、ジョーイは捨てられていたロボットの玩具を拾うと、
修理をし「ヒーローマン」と名付ける。

ところが、その玩具に稲妻が直撃!

驚くジョーイの目前には、
巨大化した「ヒーローマン」が誕生していた…

― 『HEROMAN』公式サイトより引用 ―




第1話を観た率直な感想を言いますと…ワクワクするストーリーで、童心に戻った感覚で楽しめ、今後の展開にも期待できそう…だと、私的にはとても良い感じで『HEROMAN(ヒーローマン)』の第1話を観る事が出来ました☆ それから、『カウボーイ・ビバップ』のキャラクターデザインを手掛けていた川元利浩さんがチーフアニメーターをされており 作画も 躍動感があり とても素晴らしく、音楽などはヴォーカルが多分に盛込まれたモノとなっており とても印象深く 素敵な楽曲となっていて、これまた良い感じだな と思いました♪♪♪

脚本・演出に関しては…主人公であるジョーイを取巻く環境、人間関係を描きつつ、ジョーイの両親は亡くなっている? サイの左足の怪我は一体? あの稲妻は地球外知的生命体 スクラッグと関係がある? それとも別の地球外知的生命体(スクラッグと敵対する地球の危機を救いに来たヒーロー的な宇宙人)と関係が? ヒーローマンには意思がある? その意思は、ジョーイが左腕に装着したコントローラー(みたいなモノ)に伝達されている? ヒーローマンの纏(まと)っているエネルギーは稲妻系? などなど好奇心擽(くすぐ)られる謎が散りばめられていて、私的には 脚本、演出も とても良質で観応えあるモノとなっておりました☆☆☆

さて、第2話 「エンカウンター」では、デントン先生が、地球外知的生命体にコンタクトを取るため 宇宙へと送っていた電波をキャッチし、地球を侵略しに来た スクラッグなる凶悪そうな宇宙人を相手に ヒーローマンが戦う事になる様です。 いやー、良いですね☆ 宇宙人の地球侵略を阻止するために戦うヒーローマン♪♪♪ 原作が スタン・リーさん なので、勧善懲悪のド直球なヒーロー作品とは行かないかもしれませんが、 アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 は、ヒーロー作品特有の スカッ!☆♪ とする爽快感が多いにある作品になれば良いなと思っている おいらであります♪(o^▽^o)♪




アニメ 『HEROMAN』 第01話 心に残った台詞


ヒィーロォーマァーーーーン! GO!!


(第01話 劇中 ジョーイの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。