04 | 2010/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第22回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第22回 「龍という女」を観ましたー☆


Amazonにて坂本龍馬 関連書籍の詳細確認が出来ます




坂本龍馬と近藤勇。1対1の真剣勝負。ドラマならではの夢の対決でしたね。龍馬は「北辰一刀流免許皆伝」の腕前。勇は「天然理心流宗家」の四代目。剣の技術をひたすら追求したと言われている北辰一刀流。実戦を想定した剣術だったと言われている天然理心流。うーん、実際に戦えば 一体どちらが強かったんでしょうね。今回の様な夢の対決も歴史ロマンですよね(* ̄▽ ̄*)~゚ ちなみに新撰組で一番強かったのは誰だったかと言いますと…新撰組から御陵衛士、そして赤報隊にも参加した歴戦の勇士である高野十郎(阿部十郎)の証言によれば、一番強いのが永倉新八・二番目が沖田総司・三番目が斉藤一だったそうです。

しかし、『龍馬伝』。新撰組を登場させるのは良いのですが…近藤勇、土方歳三、沖田総司を今回もセットにする必要はあるのかと(前回は、初登場という事で3人セットにしたのだろうと納得したのですが)…それに組長格が配下の隊士を伴わないとは…。うーん、ちょっと ここら辺は疑問に感じてしまいました。もしかしたら『龍馬伝』では…岡田以蔵という凄腕の剣士を追跡する為に少数精鋭(チームプレイ重視型)の近藤、土方、沖田の幼馴染+一番弟子チームの編成で追跡に当たっていた…という事なのでしょうか。私的には、出来れば他の隊士も登場してほしいと思います。特に伊東甲子太郎などは、龍馬などと思想も近く、一説には龍馬と面識もあったと言われている隊士(志士)で、しかも龍馬を暗殺したのが、後に新撰組と袂を分けた甲子太郎が率いた御陵衛士だったという説もあり…ぜひとも『龍馬伝』に登場して欲しい人物のですが、これまでの『龍馬伝』を観ていると、龍馬暗殺の首謀者は後藤象二郎っぽいので。。。 甲子太郎は登場しなさそうですよね(悲)

さて、今回で以蔵が捕縛されてしまいましたが…史実とかなりズレが出ていた事にビックリしてしまいました。史実での以蔵捕縛が1864年の5~6月ごろなのですが、『龍馬伝』だと1863年の10月ごろとなっていましたね(年月日がドラマでは伏せられており、おいらがドラマを観て感じた推測となります)。なんで?と、思わず疑問に思ってしまいました。それから、龍馬とお龍の出会いも史実だと、1864年の5月ごろなのですが…今回 二人は見事に出会ってましたね。史実のお龍も確かに京の料理屋で働いていたのですが…1863年の10月ごろだと既に京の料理屋を辞めて、天誅組(吉村虎太郎らが結成。1863年9月に壊滅)の残党と行動を共にしていたと言われているのですが…。『龍馬伝』に於ける以蔵の捕縛に お龍との出会いは、史実よりも一年ほど早い…この作為には、一体どう言った意図があるのでしょうか…単純にドラマを観(魅)せる上での演出と脚本の都合なのでしょうか(苦笑)  ステレオタイプ的なドラマツルギーとして『龍馬伝』が秀逸なのは疑い様もない事実ですが…もうちょっと史実を歴史を大切にしてほしいなと、、、私的には思います。。。

それから今回、武田鉄矢さん演じる勝麟太郎が登場しませんでしたね。武田海舟…ではなく、武田さん演じる麟太郎を観れない日が遂に来てしまいました。残念です。とっても残念です。ああ、武田海舟を観たかったです(TДT) 武田海舟は観れませんでしたが…佐藤健さん演じる岡田以蔵を、臼田あさ美さん演じる なつが匿うシーンは見応えありました。お二人とも役の感情を実に繊細に表出させようとしている そのお芝居には、私的に好感を持てました(〃´―`〃) あと、冒頭での佐藤与之助の男気溢れるシーン。演じてらっしゃる有薗芳記さんが発する庄内弁の利いたお芝居が素敵でした☆

さてさて、次回は「池田屋に走れ」という事ですが…もう 池田屋事件を扱うのですね。望月亀弥太や北添佶摩らが関わる事となる池田屋事件。史実だと1864年の6月に起こるのですが…今回の『龍馬伝』の年代が1863年の10月ごろ(あくまで、おいらの推測ですが…)だとすると、次回で一気に一年近くも経過する事になるみたいですね。。。 何と言いますか…展開を急ぐのではなく、龍馬以外の志士にも(例えば、今回だと池田屋事件に関わる亀弥太や佶摩を主軸に、吉田稔麿と宮部鼎蔵を絡ませ、池田屋事件までの過程を2回ほどで描くなど)、もっとスポットを当ててサブストーリー的な回を増やしてほしいと思う今日このごろです。吉田松陰と親しかった宮部鼎蔵。久坂玄瑞、入江九一、高杉晋作と並び松下村塾 四天王の一人と言われた吉田稔麿…池田屋事件に関わっていた代表的な人物である この二人が、次回の『龍馬伝』に果たして登場するのか、、、おいら、とっても気になっています。私的には、稔麿と鼎蔵も『龍馬伝』に登場してほしいなと思っています。あと、これが一番私的に重要なのですが…武田海舟、次回は登場するのでしょうか!? 武田海舟には、せひとも、ぜひとも登場してほしいです。武田海舟の登場を願いつつ、次回も楽しく観ようと思います( ̄人 ̄*)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

特撮リボルテック No.004 『バラゴン』 

今回、ご披露させて頂く 特撮リボルテックは、
5月1日に発売となりました 『バラゴン』でございます♪(≧ε≦)ノ〃♪


- 特撮リボルテック No.004 『バラゴン』 -


『バラゴン』のパッケージも、


特撮リボルテック バラゴン パッケージ


前回ご披露させて頂きました『ブースカ』等と同じ様に…


特撮リボルテック バラゴン パッケージ 2


扉式となっており、内側には原典となった
作品のデータと解説がしっかりと掲載されています☆

作品の解説は、とても読み応えがあり、おいら、
解説を読むのが楽しみの一つとなっています(⌒▽⌒)




さて、『バラゴン』の
アイテム内容はと言いますと…


特撮リボルテック バラゴン 内容


『バラゴン』のリボルテックフィギュアが1体。

オプションパーツとして…
ロッジ×1 樹木(大×1、小×1) 馬×1
馬用スタンド×1 ネームプレート×1

付属品として…

リボコンテナ、リボチップ(10ポイント分)が、
各一つずつ付いております☆♪☆♪☆






『バラゴン』自体の


特撮リボルテック バラゴン


造形、可動の良さも然る事ながら…


バラゴン 暴れる


壊れたロッジなどを利用して、
暴れる『バラゴン』のポージングを決めれたり、


バラゴン 馬を狙う


オプションパーツの馬を…


バラゴン 馬を捕食


口に銜(くわ)える事なども出来ちゃい、
オプションパーツが、実に素敵なモノとなっていました♪♪♪






あれは、文久3年(1863年)の事じゃった…


バラゴンと龍馬


地底から這い出たつもりのバラゴンは、
何を間違ったのか海中へと這い出てしまったんじゃ。

そんでバラゴンは、龍馬に会ったんじゃ。
以来、バラゴンは龍馬と行動を共にするがぜよ。



バラゴンと龍馬 2


事件が起こったんは、鹿児島じゃった。

密かに龍馬に恋心を抱いていたバラゴンは、
新婚旅行中の龍馬とお龍を…嫉妬のあまり強襲したがぜよ!?

まず、


バラゴン お龍を捕食


お龍がカジられ…


バラゴン 龍馬を捕食


次いで、龍馬がカジられた。

龍馬もお龍も一命は取り留めはしたが…
アレはまさしく惨劇じゃった。



バラゴンは己の嫉妬を恥じ、己のした事を悔い、
龍馬の元から姿を消したがじゃ。

けんど、ソレがいかんかった…

バラゴンがいなくなった事で、護衛が手薄になり、
ほどなくして、龍馬は近江屋で兇刃に倒れしまったがぜよ。



愛ゆえに狂い、愛ゆえに去り、
そいで龍馬を失ってしまったバラゴンは…


バラゴンと龍馬 3


守れなかった龍馬を想い、今は桂浜の龍馬像の後ろで、
ただ、ずっと佇んでいるがじゃ。。。


自称土佐藩士 羽羅 厳 著
『異説 龍馬伝 ~龍馬を守りたかった怪獣~』
より抜粋





はっ!? 『バラゴン』の造形にウットリとしていたら、
思わず支離滅裂なド妄想をしちゃいました。

ニョホホ (●´ω`●)ゞ エヘヘ



さてさて、特撮リボルテック『バラゴン』ですが、他の特撮リボルテック同様に、触り心地も良く、他のフィギュア(海洋堂フィギュアコレクション 坂本龍馬 - その生涯の軌跡 -)と組み合わせてポージングを決めたり等、とても楽しんじゃいました♪♪♪ 今度は特撮リボルテック同士を組み合わせたりして、また、ちょこちょことポージングを決めては楽しもうと思っています(@^▽^@)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


アニメ 『HEROMAN』 第09話 レビュー 

アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 第09話 「アライブ」を観ましたー☆


Amazonにて コミカライズ作品の詳細確認が出来ます



~ 『HEROMAN』第09話 「アライブ」 ストーリー ~

ゴゴールの残忍な攻撃を受け、立ち上がることが出来ないジョーイ。

その姿を目の当たりにしたヒーローマンは、
今までにない巨大なエネルギーを発しはじめる。

それはヒーローマンの暴走した力だった。



一方、猛進し続けるタマを前にして、
ドクターミナミは余裕の表情を見せていた。

彼にはタマを止める目的とは別に、一つの企みがあったのだ。



そして、全世界の人々が固唾を呑む中、
人類とスクラッグとの戦いは最終局面を迎える…!!

― 『HEROMAN』公式サイトより引用 ―




ヒーローには、ヒーローの戦い方がある。ジョーイのそういった想いが、今話でのヒーローマンに届いたのでしょうね。しかし…ゴゴールすら圧倒する…あのパワー!? やはり、ヒーローマンには意思があるみたいですね。それから、スクラッグはアレで終わったのでしょうか。…いや、アレで終わりという訳ではなさそうですよね…スクラッグが残したテクノロジーの「タマ」は、ドクターミナミが解析するでしょうし、ゴゴールの… いえ、スクラッグの核とでも言えば良いのでしょうか…スクラッグの結晶体とでも言うべきモノを、謎の人物が入手していましたので、ドクターミナミと謎の人物 其々が、きっと ジョーイたちの前に立ちはだかる事となるのでしょうね。私的に、スクラッグの結晶体を手に入れた謎の人物…それは、ニックなのではないだろうかと思っているのですが…さすがにソレは無いですかね(* ̄▽ ̄*)~゚ ヒーローマンの謎。スクラッグのテクノロジーの謎。ドクターミナミの動向。謎の人物の動向に、その正体。そして、ウィルはこの先一体どうなるのか…元の姿に戻れるのか… 『HEROMAN(ヒーローマン)』 の今後が、ジョーイたちの活躍がとっても楽しみです☆♪

さて、次話は「アプローチ」という事で、予告ではリナが何者かに攫(さら)われる様です。そして、新たなキャラクターも登場するみたいです。先述したニック説を推したいのですが…もしかしたら、次話に登場する新キャラクターが、スクラッグの結晶体を手に入れた人物なのかもしれませんよね。ああ、もう、新展開となる次話を早く観たいです♪(≧▽≦)ノ☆





アニメ 『HEROMAN』 第09話 心に残った台詞


駄目だァーーー!!
そんな風に戦っちゃ駄目だッ!
君は…君はッ! ボクの!! ヒーローなんだからァーー!!!


(第09話 劇中 ジョーイの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


大河ドラマ 『龍馬伝』 第21回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第21回 「故郷の友よ」を観ましたー☆


Amazonにて坂本龍馬 関連書籍の詳細確認が出来ます




坂本龍馬たち門下生を救いたい為に、海軍塾で啖呵を切るシーン。そして、京で龍馬に「覚悟」を説くシーン。今回の武田鉄矢さん演じる勝麟太郎も、これまた良かったです。特に「覚悟」を説くシーンでは、龍馬の心情を理解しつつ「自分(勝)も、武市半平太も覚悟を決めて行動している。だからこそ、龍馬 お前さんも覚悟を決めなきゃならない」そう言っている様に、おいらには感じられ、件のシーンはとても見応えがありました。

そして、大森南朋さん演じる半平太と、奥貫薫さん演じる冨の朝餉(あさげ)での会話シーン。『龍馬伝』の半平太と、史実の半平太が見事にリンクしていた…そう私的には感じられました。半平太が冨を慈(いつく)しみ、冨が半平太を愛(いつく)しむ…件のシーンで、二人が発する「覚悟」を秘めた一つ、一つの言葉が とても胸に響いて来て…絶妙な脚本・演出・照明・BGM・SE(効果音)、そして何より 大森さん、奥貫さんのお芝居から生まれる半平太と冨の会話…夏秋冬を二人でと…


冨。これからは、おまんと二人で過ごすがぜよ。
夏が終わる前に桂浜へ行こう。海がギラギラして美しいろう


はい

秋になったら…





秋になったら、紅葉狩りじゃの。二人で温泉に行ってもええ。
どうじゃ、冨


はい





冬になったら、そうじゃの…

どこにもいかんと、ここで二人で過ごしたいがです

そうか。ほなら そうしよう




(劇中 半平太と冨の朝餉(あさげ)での会話より引用)



私的には 半平太と冨の朝餉(あさげ)での会話シーンは、『龍馬伝』で最高のシーンとなりました。本当に素晴らしく、そして素敵でした。今回、件のシーンで受け取った感動があまりにも大きくて、おいら もう これ以上は雑感を綴れそうもありません。゚(°´Д`°)゚。





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


注目モノ 21 

今回の注目モノは、こちらです!


スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL(初回生産版:「OGクルセイド」特製カード同梱)  スーパーロボット大戦OGサーガ
  魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
   (初回生産版:「OGクルセイド」特製カード同梱)

   開発:ウィンキーソフト  脚本:阪田 雅彦
   プロデューサー:寺田 貴信

   メーカー:バンプレスト
   2010年 5月27日発売  希望小売価格 6.090円

   ◆画像クリックでAmazonにて詳細確認・購入が出来ます。



スーパーロボット大戦OGサーガシリーズの『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』は、14年前にスーパーファミコンで発売されたソフトを、ニンテンドーDS用へとリメイクした作品となります☆ 「スーパーロボット大戦」と言えば、『マジンガーZ』や『機動戦士ガンダム』などのロボットアニメ作品がクロスオーバーを展開するシミュレーションRPGですが、今回 の『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』は、その「スーパーロボット大戦」に登場したバンプレストのオリジナル作品『魔装機神サイバスター』を扱った「スーパーロボット大戦」のスピンオフ作品となっています。なので、『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』には、『マジンガーZ』や『機動戦士ガンダム』などのロボットアニメ作品は一切登場しません。

『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』の物語は、「スーパーロボット大戦」最古となるオリジナルメカ「魔装機神サイバスター」とキャラクター「マサキ・アンドー」に、そのライバルとなるオリジナルメカ「グランゾン」とキャラクター「シュウ・シラカワ」たちが、地底世界ラ・ギアスを舞台に激闘を繰広げるというモノとなっており、世界観、メカ、キャラクター設定などは、ロボットアニメ作品と同等か それ以上に緻密に構成されていて、とても魅力的なモノとなっています☆☆

ゲームシステムは、これまでの「スーパーロボット大戦」をベースとしつつ…機体の向きによって命中率・ダメージが変化する「ユニットの向きの概念」、特定の武器を最大値まで改造すると、より強力な武器へと変化(戦闘アニメションにも反映)する「ウェポン・ランク・アップシステム」、パイロット保有の生体エネルギーにより、搭乗ユニットに補正が掛かり、使用する武器などで補正値に影響が出る「プラーナ」、風・炎・水・大地の属性強弱がある「守護精霊と強弱関係の格」など、独自のシステムも搭載されています☆☆☆

おいら、スーパーファミコン版の『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』はプレイした事がないのですが、「スーパーロボット大戦」シリーズでは、「魔装機神サイバスター」に触れた事があり、その世界観・メカ・キャラクターたちには とても魅力を感じておりました。そして今回、先述しました様に『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』が、ニンテンドーDSにリメイクされるという事なので、機会を見つけて、ぜひぜひ プレイしたいと思っております(*^∀^*)






ランキング参加中
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ


アニメ 『HEROMAN』 第08話 レビュー 

アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 第08話 「コンバット」を観ましたー☆


Amazonにて コミカライズ作品の詳細確認が出来ます



~ 『HEROMAN』第08話 「コンバット」 ストーリー ~

タマのコントロールを破壊するため、
スクラッグの基地へと潜入したデントンとサイであったが、
すぐに敵に取り囲まれ、
ギター兵器で応戦するも先へ進むことが出来ずにいた。

そこへスクラッグの首領・ゴゴールも現れて、
絶体絶命のピンチに追い込まれる。



そんな二人を窮地から救ったのは、
駆けつけてきたジョーイとヒーローマンだった。

ついに、最強の力を持つゴゴールとヒーローマンの、
決戦の火蓋が切られる!!

― 『HEROMAN』公式サイトより引用 ―



ヒーローマンとゴゴールの対決は…迫力あるカットに、躍動する作画が相俟って、とても観応えがありました☆ ゴゴールの戦闘形態は、あの姿と言い、強さと言い、「これぞ、凶悪な敵!」という感じがして、良いデザインだなと思いました☆☆ 戦闘形態のゴゴールに果敢に挑む、ジョーイとヒーローマン。一人と一機の連係攻撃を観ていると、おいらなどは 童心に近い感覚となり、もの凄くワクワクしちゃいましたo(>∀<o))☆♪ ジョーイの身体能力が飛躍的に向上しているのは、きっとコントローラー(ジョーイがヒーローマンを操作する為に左腕に装着しているモノ)を装備している事によるのでしょうね。身体能力の向上機能は、コントローラー単体に備わっているモノなのか、それとも コントローラーを介してヒーローマンとリンクしているからのモノなのか…そういったヒーローマンとコントローラーの秘密も、今後 解き明かされていくのかと思うと楽しみです☆☆☆

それから、ドクターミナミは、タマ(スクラッグのテクノロジー)を手に入れる為に動き出しましたね。彼の部下たちも登場し、ラボらしき場所には、掌(てのひら)に穴の開いた巨大な機械の腕がありましたが…タマ鹵獲作戦は、巨大ロボットでも使用するのでしょうかね? ドクターミナミが、スクラッグのテクノロジーを手に入れたら、今度はヒーローマンを手に入れようとするのかもしれませんね。今後は、「ドクターミナミ vs ヒーローマン vs スクラッグ」の三つ巴の様な展開になるのでしょうかね。それとも、「ヒーローマン vs ドクターミナミ&スクラッグ」。もしくは、「ヒーローマン&ドクターミナミ vs スクラッグ」。それとも以外なところで、「ヒーローマン&スクラッグ vs ドクターミナミ」なんて展開もあるかもしれませんね。おいら、『HEROMAN(ヒーローマン)』 の今後の展開を妄想しては、これまたワクワクしています(* ̄▽ ̄*)~゚

さて、次回は「アライブ」という事で、予告を観ますと…ヒーローマンがとんでもない事になる様です。今話も とても続きが気になるところで、TO BE CONTINUED となり、そして次回予告での あのヒーローマンの姿!? 『HEROMAN(ヒーローマン)』 、次回も とっても楽しみです☆ヾ(≧∀≦)ノ"♪





アニメ 『HEROMAN』 第08話 心に残った台詞


スピードは、ボクが補う。
だから、ヒーローマン。絶対に! 諦めちゃ駄目だ!!


(第08話 劇中 ジョーイの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


大河ドラマ 『龍馬伝』 第20回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第20回 「収二郎、無念」を観ましたー☆


Amazonにて龍馬伝 関連書籍(楽譜)の詳細確認が出来ます




上士、下士(郷士)の身分制度に憤り苦しみながら、武市半平太の攘夷思想に共感し、志士として 己の未来を切り拓く為に、幕末という時代を必死に我武者羅(がむしゃら)に生きた『龍馬伝』に於ける平井収二郎。山内容堂に唆(そそのか)されはしたものの…ソレは自分の力量を試してみたかった、半平太を超えてみたかったという向上心から来ていた様に受け取れ、私的に『龍馬伝』の収二郎の生き方には共感出来る部分が多々ありました。そして…収二郎の「何を言われるがですか…先生。土佐勤皇党が無かったら、わしはどうなっちょったか…。武市先生について行ったきに…攘夷の旗頭になれたがです…帝の使いにもなれたがです。…まるで夢のようじゃった」と「切腹は…武士の誉れですろう…有り難き幸せ。加尾に伝えてつかぁさぁい。兄は間違っちょらんと。兄は…幸せじゃったと」の言葉には グッと来ました。大森南朋さん演じる武市半平太と、宮迫博之さん演じる平井収二郎の牢獄での邂逅シーン…私的には『龍馬伝』屈指の名シーンとなりました。信念を貫き通して逝った『龍馬伝』の平井収二郎…体制に抗う姿が本当にカッコ良かったです。

ただ、欲を言いますと…平井収二郎と共謀した為に、容堂の怒りを買い、収二郎と一緒に死罪となった間崎哲馬も『龍馬伝』には登場して欲しかったなと思います。哲馬は、中岡慎太郎の先生にあたる人物なので、もしかしたら、慎太郎の口から、哲馬の名が出るかもしれないのですが…。今後はソレを期待しようかなと思います。

『龍馬伝』に於ける坂本権平は…何と言いますか 兄弟思いの理想の兄ですよね(o^。^o) 龍馬を待つ間、海軍塾の訓練までする人の良さ。人間的にも実に魅力的に描かれています。おそらく、今回の出会いが兄弟にとって今生の別れとなるのでしょうね。それから 2回目ぶりに、岩崎弥太郎が登場しましたね…まさか 喜勢が手相占いで嫁ぎ先を決めていたとは(笑) 最近の弥太郎が登場するシーンはコメディとなっていますよね。弥太郎が本格的に龍馬と絡むのが、亀山社中設立後だと思いますので、ソレまでの弥太郎はずっとお笑い担当となるのかもしれませんね。おいら等は、弥太郎のコメディシーンは観ていて楽しいから好きです(笑)

あと 今回、 横井小楠も登場しましたが…もの凄く不遜な人物として描かれていましたね。松平春嶽が龍馬と会話している時に、如何に政治顧問として招請されているとは言え(史実だと、小楠は 春嶽に請われ、4回ほど福井藩を訪問しています)…その隣で、ボリボリパクパクと菓子を食べているなんて。。。 収二郎や土佐勤皇党の情報を知っており、彼らを擁護する龍馬を批判するあたりも…小楠の優秀さを描こうとしているのでしょうが。。。 史実だと、小楠は 「船中八策」の原案となる「国是七条」を著した人物として知られ(船中八策は、赤松小三郎の構想だったと言う説もあります)、龍馬も熊本へと何度も小楠を訪問しているので、その伏線として、今回『龍馬伝』でも小楠を登場させたのでしょうが…何故にあの様な不遜さ溢れる人物として描いているのでしょうね…脚本なのか、演出なのか、それとも役者さんのお芝居なのか…うーん、『龍馬伝』の志士の描き方に疑問を感じてしまう事が多々ある おいらです(爆)

さて、今回の舞台美術ですが…海軍塾で埃舞うギミックや、収二郎の拷問の激しさが窺える顔の傷などの特殊メイクが素晴らしいと感じました。照明とSE(効果音)に関しては、冒頭の海軍塾に於ける 望月亀弥太たちが縁側で、龍馬と会話するシーンの夏を思わせる太陽の照り付けをはじめ、収二郎が吊るされている時の太陽の照り付けを意識したであろう照明に、これまた夏を思わせる蝉の鳴き声や、半平太と加尾の会話シーンで聴こえる風鈴の音などが良いなと感じました。前回は春、今回は夏と、季節を見事に描いている『龍馬伝』の舞台美術などは、本当に見応えがあると、私的には感じています。

横井小楠に関しては、疑問に感じてしまったのですが…吊るされている収二郎を水桶の水面に映す演出は巧みだと感じ、半平太と収二郎の邂逅シーン、弥太郎と喜勢のコメディシーン、龍馬と権平の兄弟の会話シーンなどの脚本は、ステレオタイプのドラマツルギーとしては秀逸だと思いました。

そして、今回の武田鉄矢さん演じる勝麟太郎ですが…今回も良かったです☆ 龍馬を諭したかと思うと、その流れによって1000両の融資を春嶽から引き出して来いと言う武田海舟…ではなく、勝麟太郎。うーん☆☆ 小粋に、飴と鞭を使い分けていますよね(笑) 武田海舟、とっても素敵だと感じました☆☆☆

さてさて、次回の「故郷の友よ」では、予告を観る限りでは「八月十八日の政変」を軸に、攘夷派の失墜が描かれるみたいですね。半平太と冨の会話シーンも予告では流れていましたが、この二人のシーンも 私的には名シーンとなる予感がしています。あと気になるのが…次回も武田海舟は登場するのか、どうかという事です。武田海舟が登場する事を望みつつ、次回も観ようと思います(=^▽^=)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


面白モノ 23 『ガンダムカフェ お土産品』 

本日、先月末に 秋葉原にオープンしました『ガンダムカフェ』へと行って参りました=З=З(((o>▽<)o☆ …喜び勇んで行ったのは良かったですが、『ガンダムカフェ』の事を教えてくれた友人の情報通り…お店の前には、もの凄い行列が出来ており、、、1時間以上は並ばないと、カフェへと入店出来ない状態となっておりましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ その行列を見て、おいら「流石は、ガンダム☆♪」と、心の内(なか)で、思わず唸ってしまいました。

それで、ニンテンドーDSも文庫本も、カバンの中に入れ忘れてしまったおいらは、このまま一人で並ぶと、ちょっと時間を持て余してしまいそうだったので…後日改めて来ようと思い、予約したリボルテックを購入しに海洋堂へと行こうとしましたら…カフェに、お土産屋さんが併設されているのを発見しました。お土産さんを見て、「おお♪ カフェが無理ならお土産だー☆」と思い…数点のお土産を購入して来ちゃいました(⌒o⌒)







そこで 今回は、購入しました
『ガンダムカフェ』のお土産をご披露させて頂きます。


ガンダムカフェ お土産品


それでは、まずは、こちらの…


ガンダムカフェ お土産品 ハロクランチチョコ


「ハロクランチチョコ」です☆


ハロクランチチョコ 内容


ハロデザインの容器が何とも良い感じです。

この容器は、チョコを食べ終わった後に、
小物入れとしても使用出来そうですよね♪♪♪

クランチチョコの方も、クランチの食感と、
チョコの甘みが良い感じで美味しかったです(^~^)





続いては…


ガンダムカフェ お土産品 人形焼き


「人形焼き」です☆


ガンダム人形焼き 内容 アッガイ、ザク、ズゴック


人形焼きのデザインは、
ジオン軍のモビルスーツたちとなっております。

ちなみに、今回画像にアップしましたのは、
アッガイ、ザクⅡ、ズゴックです♪

人形焼きの中には、こしあんが入っており、
緑茶などと良く合いそうだなと思う味わいでした。





お次は…


ガンダムカフェ お土産品 名セリフクッキー


「名セリフクッキー」です☆


名セリフクッキー 内容


この「名セリフクッキー」には、アムロ、ギレンなどをはじめとする
キャラクターたちのセリフが、クッキーに印字されています。

おいら、ギレンの「ジークジオン!!」が
印字されているモノを食べたのですが…
食べていると何故か自然と笑みがこぼれてしまいました(≧∇≦)

クッキーの方ですが、けっこう甘めでして、
無糖のコーヒーなどと合わせて食べると良い感じかもしれません。





最後は…


ガンダムカフェ お土産品 ガンダムハロール


「ガンダムハロール」です♪


ガンダムカフェ お土産品 ガンダムハロール 内容


中央のクリーム部分が、
ハロの顔となっているロールケーキ。

瞳、口、輪郭の部分は、ゼリー・寒天形状となっており、
封入されていた用紙には、ハロールは手作りとなっていて、
ひとつひとつの表情などが異なる事と、
ハロールをキレイに切る方法が記載されていました(*⌒ー⌒*)

『ガンダムハロール』。
なんとも素敵なアイディア食品だなと感嘆しちゃいました☆






これ等のお土産品の他にも『ガンダムカフェ』には、
「ジャブローコーヒー」、「軟弱者せんべい」などのお土産品に加え、
「コースター」などのグッズも売られておりました(⌒▽⌒)






今回 「ガンダムハロール」は、生ものでしたので、身内と一緒に美味しく全て頂きました。それ以外のお土産は、日持ちするので、各1個づつ食べました。ちょっと楽し嬉しさのあまり、お土産品を買い込み過ぎちゃった感がありますが(苦笑) 少しづつ食べようと思っています。当分、おやつには困らないです(=^▽^=)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


アニメ 『HEROMAN』 第07話 レビュー 

アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 第07話 「レジスタンス」を観ましたー☆


Amazonにて コミカライズ作品の詳細確認が出来ます



~ 『HEROMAN』第07話 「レジスタンス」 ストーリー ~

人類存亡の危機を前に、大統領は核使用の決断を迫られていた。
そんな彼の前に現れたのは、マッドサイエンティスト「ドクターミナミ」。

ドクターミナミは大統領に核を使う事なく、タマを止めてみせるという…。



一方、スクラッグの本拠地へと侵入を果たしたジョーイ達は、
陽動作戦を取るため二手に分かれることにする。

そんな彼らを出迎えたのは、
再度洗脳されたウィルとニックだった。

襲いかかってくる二人を前に、
ジョーイは洗脳を解こうと画策するが…

― 『HEROMAN』公式サイトより引用 ―




サイの足の怪我… アレは、フットボールの試合でウィルと対決した際に負ったモノみたいですね。と、言う事はですよ。サイの足の怪我は比較的最近負ったモノで、現在 治療中の可能性があり、もしかしたら 今後は 足の怪我が完治し、松葉杖やギブス(サポーター)を取る事もあるかもしれないって事ですよね。…サイは、ウィルからジョーイを庇っているだけではなく、ウィルとの因縁もあり、敵愾心を出していたのでしょうね。サイとウィルの関係が、これからどうなって行くのか。今後の展開が気になります。私的には、サイの足の怪我も治り、ウィルとの関係も良好になる様な展開を期待しちゃいます(=∩_∩=)

それから、ドクターミナミは、アメリカ政府の兵器研究機関の人間だったのですね。しかも…スクラッグの兵器である「タマ」を鹵獲しようと、何とも大胆な提案を大統領にしていましたね。鹵獲したタマをアメリカ軍の兵器として流用する目算もあるみたいですし、ドクターミナミのタマ鹵獲作戦がどの様に展開するのか…こちらも気になっちゃいます。

スクラッグの実験体ですが、原始的(感情が多分にある)方が、固体として優れるのですね。だから、地球人の実験体は強力だったのですね。それから、ニックですが…切ないです。彼の置かれていた環境。そして その環境で培われてしまった屈折を鑑みれば…ニックが力に溺れるのは致し方ない事なのかもしれません。とにかく、今話のニックは切なかったです。その対比という訳ではありませんが、リナの声が届き、リナを庇ったウィルはカッコ良かったです☆ ココゾという時に、妹を助ける…本当に良いお兄さんですよね、ウィルは。

さて、我等がチームデントン(ジョーイ、サイ、デントン、リナ、ヒーローマン)は、スクラッグの本拠地(宇宙船)へと潜入しましたね。タマのコントロールの破壊、ウィルとニックの救出、ファクトリー(スクラッグの本拠地)の破壊、この3つを目的に、二手に分かれたチームデントン。ジョーイ、リナ、ヒーローマン組は、今話にて さっそく目標を一つ(正確には半分)達成しちゃいましたね☆ ヒーローマンと実験体たちのバトルは迫力があり、見応えがありましたо(≧∇≦)〇゛

今話は、ヒーローマンと実験体のバトルシーンも然る事ながら、ニックの激情に駆られるがまま、本音を独白するシーンや、ドクターミナミのタマ鹵獲発言のシーン、そして、ウィルがリナを守るシーンなどなど見所が これまた沢山あり、おいら 今話も嬉々として観れちゃいました。それにしても『HEROMAN(ヒーローマン)』は、毎話 本当に良い所で TO BE CONTINUED となりますよね。なので、TO BE CONTINUED の文字が表示されると、次話の展開が気になってしまい、いつもワクワクしてしまいます☆

さてさて、次回は「コンバット」という事で、予告では、ヒーローマンとスクラッグの司令官ゴゴールが対決するみたいです。おお、ゴゴール…きっと かなり強力なのでしょうね。ジョーイたちが、ゴゴールにどう立ち向かうのか。次回も、とっても楽しみです♪(=^▽^=)♪


 


アニメ 『HEROMAN』 第07話 心に残った台詞


レディってやつは…


(第07話 劇中 デントンの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


大河ドラマ 『龍馬伝』 第19回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第19回 「攘夷決行」を観ましたー☆


Amazonにて坂本龍馬 関連書籍の詳細確認が出来ます




今回も 武田鉄矢さん演じる勝麟太郎(勝海舟)が登場していて、嬉しい限りです☆ 桜の花が舞い散る京の町で、岡田以蔵に「攘夷には、大攘夷と小攘夷がある」と語る武田海舟。そして、素直に受け答えする以蔵。武田鉄矢さんと佐藤健さん、二人の掛け合いのシーン。何だか微笑ましくて、今回 このシーンともう1シーンは好感触で観れました。…今回の展開からして、麟太郎と以蔵…微笑ましい感じの二人の掛け合いシーンは、今後は観れないのかもしれませんね。。。

あと、サラっと、坂本龍馬の脱藩赦免が述べられていましたね。史実だと、2月には赦免されているですが、ドラマだと、3月以降…と、ちょっとズレていましたね。そして、前回でも記述しましたが、史実では、山内容堂の怒りに触れ、1月には土佐へと送還されている平井収二郎が、『龍馬伝』では…3月以降も京に滞在しており、これまた史実とズレが、、、。それと、何故に 間崎哲馬や弘瀬健太は出てこないのでしょうか。。。 史実だと…容堂の怒りに触れた藩政改革の行動は、3人の共謀によるものなのですが…哲馬なんて、収二郎と同等かそれ以上に優秀な、そして土佐勤皇党にとって重要な人物なのですけれどもね。。。

武市半平太ですが…『龍馬伝』では これでもかと言う程、貶められていますよね。何故、これ程に半平太を貶めるのか、おいらは疑問に思います。『龍馬伝』で、初めて半平太に触れた人は、きっと半平太を嫌悪しているのでしょうね。。。 もう、おいら ソレが悲しいです。。。 過去に何度も言いってますので詳細は省きますが、史実の半平太は、主君を信心はしても、『龍馬伝』の様に、夢破れて、寄り掛かる様に 主君を盲信する矮小な人物では決してないですよ。

それから、半平太が5月に土佐へ戻る…と、言うのも…史実とはズレとります。史実では、薩長和解調停案を持って、4月に土佐へと戻っているのですが…。『龍馬伝』では、薩長和解調停案の事も一切触れず、久坂玄瑞が長州に亡命を勧める逸話にも一切触れてませんよね。。。なぜこれ等の事が『龍馬伝』では描かれないのか…疑問です。

しかし、今回の一番の疑問は…江戸のアメリカ公使館で流暢に英語を話していた柴田剛中です。1863年の時点で、ジョン万次郎以外に あんなに流暢に英語を喋れる幕府の人間がいたのでしょうか。この時代、確か アメリカとのやりとりは、オランダ語を介して行われていた筈なのですが…。

脚本…麟太郎が以蔵に攘夷を語るシーンや 龍馬が半平太に海軍に入ろうと言い、土佐へ行かないでくれと説得するシーンなどは、とても好感が持てたのですが…。うーん、何と言いますか。今回はそれ以上に、ご都合主義的な脚本に…只々疑問を感じてしまいました。今回、龍馬が「収二郎さんも 以蔵も一人の人間ぜよ。武市さんの駒ではなかったじゃき。攘夷の為なら、何をしても構わんゆうがは…わしは違うと思うきに!」と言っていましたが…おいらも「史実での半平太は幕末の傑物ぜよ。決して、龍馬の引き立て役ではなかったじゃき。ドラマの為なら、何をしても構わんゆうがは…わしは違うと思うきに!」と言いたい気分に陥った今回の『龍馬伝』でした(=。=|||)

さて、今回ちょっと 疑問が先に来てしまい、舞台美術、照明に関しては観ず、また 柔軟な思考でも観る事が出来なかったので… 次回の「収二郎、無念」は、気持ちを切替えて観たいと思います。





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。