05 | 2010/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『HEROMAN』 第13話 レビュー 

アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 第13話 「ゲッタウェイ」を観ましたー☆


Amazonにて コミカライズ作品の詳細確認が出来ます



~ 『HEROMAN』第13話 「ゲッタウェイ」 ストーリー ~

リナとのデートを満喫したジョーイ。

ところが、至福の時はデントンからの
緊急事態を知らせる電話によって一変してしまう。



急いで、デントン、サイの元へと合流したジョーイは、
そこで政府が正式にヒーローマンをスクラッグの残党として発表した事を知る。

真実が歪められていく現実に、
ジョーイたちはやりきれなさを募らせていく。



一行はヒーローマンの濡れ衣を晴らすため、
センターシティに張られた包囲網からの脱出を決意するのだった。

― 『HEROMAN』公式サイトより引用 ―




ホリー姉さん、デントン先生、サイ。今話の3人 とてもカッコ良かったです☆☆☆ 弟の覚悟を真摯に受け止めれる姉。自らの危険を顧みず、ジョーイの為に、一緒に行動できるサイとデントン。彼らは、ココゾという時に頼りなる最高の仲間ですよね。3人は、ジョーイにとってかけがえのない存在であり、そしてまた、ホリー、デントン、サイにとっても ジョーイはかけがえのない存在なのでしょうね。ジョーイと仲間たちは、本当に素敵な関係だと今話を観て感じました(〃´―`〃)

今話でも、デントン先生は名参謀ぶりを発揮していましたね。そして、ヒューズですが偽報道に対して部下を叱責するなど、人格者としての一面が見れ、ジョーイたちの逃亡先を推測するなど、デントン先生と同等か それ以上に頭の切れる人物である 一面も見れましたね。偽報道に関しては行き過ぎた感はありますが…ジョーイのお祖母ちゃんが寝ているのを確認すると、ソッとドアを閉めるヒューズの部下などからも、ヒューズが指揮している大統領直属機関NIAは、基本的に人格者の多い組織なのかもしれませんね。

それから、今話では 偽報道を流されたTVクルーたちもピックアップされていましたが、今後 彼らも良い感じでストーリーに関わってきそうですよね。彼らの活躍にも期待しちゃいます♪ そして、デントン先生の知り合いという偏屈な科学者とは一体?…もしかしたら ヒーローマンを開発した人物だったりするのでしょうかね、登場が楽しみです☆

あと、ヒューズがジョーイと、ジョーイのお父さんの写真付きの調査書を見ているシーン…を観ていて思ったのですが…ジョーイのお父さんって何となくヒーローマンに似てる感じがし、ヒーローマンとジョーイのお父さんが重なりました。ジョーイのお父さん…どうやら ジョーイが幼い頃に亡くなっている節がありますよね。

さて、今話からOPとEDが一新されましたね☆♪ 前回までのOP・EDも良い感じでしたが、今回の新OP・EDもこれまた良い感じです♪☆ 新OP・EDを観る限り、ジョーイのバイト先の喫茶店などに ちょくちょくと現れていたスタン(おそらくは原作者のスタン・リーさんをモデルにしたキャラクター)が主要キャラクターぽっく描かれていましたね。やはり関わってくるのですね、スタンは(笑) あとOPでは ドクターミナミと共闘しているスクラッグらしき姿、その兵器「タマ」、更には謎の要塞も描かれておりましたね。EDでは、ジョーイ&ヒーローマンとヒューズが一緒に歩いてる姿もあり…それらから推測すると今後のストーリーは…ドクターミナミたち&スクラッグ VS ジョーイたち&ヒューズ率いるNIA&スタンという展開になるのでしょうかね。

これまた怒涛の展開となる感のする 次話「ビリーガー」を含め『HEROMAN(ヒーローマン)』 の今後がとってもとっても楽しみです☆♪☆♪ おいら、今話に続き次話もドキドキワクワクしながら観ちゃいそうです♪(o≧w≦o)♪





アニメ 『HEROMAN』 第13話 心に残った台詞


ジョーイは いいやつだよ


(第13話 劇中 ホリーの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。