06 | 2010/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 「龍馬の大芝居」を観ましたー☆


Amazonにて坂本龍馬 関連書籍の詳細確認が出来ます




今回の『龍馬伝』は、史実や歴史を度外視した完全な創作でしたね。坂本龍馬が、岩崎弥太郎の声(手紙)に応じ、投獄中の武市半平太と岡田以蔵を救う為に、危険を冒して土佐へと戻り、後藤象二郎の前で大芝居を打つという今回の内容…ステレオタイプ的なドラマツルギーとして、トレンディドラマとして観る分には秀逸だったのではと思います。

ただ…

龍馬ァ! わしは攘夷の志を持って脱藩したがじゃ!? けんど、おまんがァ! これからは海軍がッ 日本の守り神になるちゅうき! それを信じて操練所に入ったがじゃ!? それが、この様じゃァ!! 結局、わしらは只の船乗りになってしもうた…おまんに騙されたがじゃ!!! 」と、沢村惣之丞が龍馬を責めてましたが「おまんに騙されたがじゃ!!! 」って、確かに龍馬に勧められ操練所へ入所したのだけれど、最終的には自分の意思で入っただろうに…『龍馬伝』の惣之丞って、、、もしかしたら「なんちゃって志士」なのかもと、私的に思ってしまいました。まあ、今回 「攘夷の志を持って脱藩したがじゃ!?」と吠えていた惣之丞も史実と照らし合わせれば、きっと『龍馬伝』でも薩摩藩へと行き、亀山社中(攘夷とは程遠い、貿易会社)の一員となるのですから…『龍馬伝』の沢村惣之丞はよく分からない人物だなと、私的には思います。。。

それから、「すまんのう 徳。この子を産んでくれた おまんには感謝しちゅう。このまま親子3人、ずっと一緒におられるゆうがは、この上ない幸せじゃ。けんど…けんど…わしには志があったがじゃ!? 志がッ…」と泣き崩れていた近藤長次郎ですが…彼、『龍馬伝』では、龍馬よりも先に勝海舟の弟子になり、勝邸で海舟の付き人をする位に可愛がられていた感があるのですが、「志がッ…」と泣き崩れるのだったら、なぜ、勝海舟のお付に戻らなかったのか。。。 脱藩していた事が足枷になっていたとしても、『龍馬伝』の勝は、その脱藩を容認していたのですから、長次郎が勝のところに戻る事は何ら障害はない筈。。。 蟄居の身となった勝とは言え、浪人となった龍馬たちと行動を共にするよりは、勝のところに戻った方が、長次郎の言う「志(『龍馬伝』の長次郎に攘夷などの思想的なモノは見えず、おいらは彼の言う志は立身出世だと捉えています)」を遂げられたと思うのは、おいらだけでしょうか。。。

…などの疑問が若干残ったりもしました(爆)

それと、溝淵広之丞…海軍塾が解散し、潜伏している脱藩志士の龍馬を、ああも簡単に見つける事が出来た事に、ビックリしてしまいました。描写はありませんが、もしかしたら、広之丞は必死で龍馬を探したのかもしれませんね。そんなに好きでない岩崎弥太郎の為に(苦笑) 弥太郎と言えば、龍馬へ届くかもどうかも分からない手紙を書いたり、どうする事も出来ないと家族に当たり散らしたり…前回の毒饅頭と言い、今回と言い、弥太郎の偽善ぶりが板に付いてきましたね。けれど、その偽善がなんとも人間らしいと思いました。ちなみに、今回の龍馬と広之丞、今生の別れみたいになっていましたが、史実だと1866年に広之丞は、龍馬と象二郎の仲介役をしていますので、『龍馬伝』でも その時にまた登場するかもしれません。『龍馬伝』って今生の別れのシーンと思って観ていたシーンが、実はそうではなかったという事が多いですよね。。。 次回の予告を観る限りでは、半平太もしくは以蔵と龍馬が再会している節がありますし…。こういった『龍馬伝』の展開に少々ゲンナリしている おいらです。。。

さて、龍馬が象二郎の前で大芝居を打った事により(龍馬の友人を救うための決意と、あの大芝居は、率直にカッコ良いなと思いました)、『龍馬伝』に於ける龍馬暗殺の首謀者は、後藤象二郎である可能性が増々高くなって来たなと思いました。今回 あそこまで、龍馬にしてやられた象二郎…。史実に照らし合わせると、この約2年後 1867年に、「船中八策」などの絡みで龍馬と象二郎は手を組む事となるのですが…『龍馬伝』では、この辺りをどの様に描くのでしょうかね。

今回、龍馬伝紀行で、土佐勤皇党員の田中光顕(たなかみつあき)が取り上げられていて、嬉しかったです。光顕は、1864年に土佐を脱藩し、高杉晋作の弟子となり、第二次長州征伐などで幕府軍と戦い、後に中岡慎太郎の陸援隊に幹部として参加した人物でもあり、龍馬、慎太郎が暗殺された時も、現場に駆けつけるなどしております。おいらなどは、この田中光顕を主役・狂言回しにした幕末の小説、ドラマがあっても面白いのではと思っております(o^。^o)

さてさて、次回は「半平太の夢」という事で…半平太が龍馬に夢を託し、散って逝く感じとなるのでしょうか。とにもかくにも、半平太好きとして見逃せない回になりそうです。次回は、参議院議員選挙の影響で放送時間がズレる様なので(地上波は19時10分からの放送みたいです)、ソレに気をつけて観ようと思います。






ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。