06 | 2010/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『HEROMAN』 第15話 レビュー 

アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 第15話 「リヴォルト」を観ましたー☆


Amazonにて コミカライズ作品の詳細確認が出来ます



~ 『HEROMAN』第15話 「リヴォルト」 ストーリー ~

仲間と別れ、一人 森を進むジョーイ。
そんな傷心の彼の前に現れたのは、ヒリーの店で常連のヒューズだった。



彼は自分の正体を包み隠さずに明かすと、ジョーイに対話を求める。
その真摯な姿勢に、はじめは警戒をしていたジョーイであったが…。



一方、ヒーローマンを探索していたミナミは、
私怨に駆られた末にMR-1を繰り暴走を始める。

その攻撃はジョーイに向けられ、
ついにヒーローマンとミナミの因縁の対決が開始される!

― 『HEROMAN』公式サイトより引用 ―




ジョーイとヒューズの対話シーン、何とも素敵だなと感じました。そして、ヒューズがとてもカッコ良かったです。大人とは、子供の心を開き、そして導く事の出来るヒューズやデントンみたいな存在で居るべきなんだろうな…と、これまでの『HEROMAN(ヒーローマン)』を観ていて強く思います。会話だけでなく対話の出来る大人…本当に理想ではあるけれど、ヒューズやデントンたち『HEROMAN(ヒーローマン)』の大人たちに、とっても憧れてしまう おいらであります(〃´―`〃)

ソレにひきかえ、同じ大人でも…今話のドクターミナミと来たら…以前にも増してハッチャケていましたね(笑) ドクターミナミの ポージング攻撃には、思わず吹き出してしまいました(爆笑) ドクターミナミには、全く憧れはしないのですが…不思議な魅力を感じてしまっているおいらです。ヒーローマン VS MR-1戦で流れていた「Crazy~♪」から始まるBGMも、とってもドクターミナミとマッチしていた感があり、私的にはドクターミナミのテーマ曲なのでは☆ と、思ってしまう程のBGMでした。ドクターミナミは、このまま突っ走るのでしょうね。彼のマッドサイエティスト振りが今後も楽しみです。

ところで、ドクターミナミの専属秘書であるヴェロニカ…今話では結構セリフがありましたが、その彼女の話し方が、何とも機械的な感じを受けました。私的に、ヴェロニカを演じている魏涼子さんは力量ある役者さんであると感じていますので…ヴェロニカの機械的なセリフ回しは、魏涼子さんが役作りとして意図的に発していると思うのですが…その事から、もしかしたら、ヴェロニカって人間ではなく、アンドロイド的な何か…かもしれないと今話を観て思っちゃいました。ちなみに、魏涼子さんは…劇団 青年座に所属しており、ドラマ(最近だと『相棒』などに出演されていました)や洋画の吹き替え(よく、チャン・ツィイーさんの吹き替えを担当されています)などで活躍されている女優さんです。

あと、今話では、TVクルー組のキーシャとレオも徐々にストーリーに関わって来ている感じを受けました。彼らも、きっとジョーイたちの心強い味方となるのでしょうね。TVクルー組の今後の活躍にも期待したいと思います☆♪

さて、今話の『HEROMAN(ヒーローマン)』も とっても気になるところで、TO BE CONTINUED となってしまいましたね。次話は「デシジョン」という事で、ヒーローマン VS MR-1 の戦いは、完全決着となるのでしょうか…ソレを楽しみに次話を待ちたいと思います(≧∇≦)





アニメ 『HEROMAN』 第15話 心に残った台詞


だが 俺は、最初からこう考えていたんだ。
ゴーストとは話し合える


(第15話 劇中 ヒューズの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。