06 | 2010/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『HEROMAN』 第17話 レビュー 

アニメ 『HEROMAN(ヒーローマン)』 第17話 「レガシー」を観ましたー☆


Amazonにて コミカライズ作品の詳細確認が出来ます



~ 『HEROMAN』第17話 「レガシー」 ストーリー ~

合衆国全土で発生し続けている様々な施設を狙った“襲撃事件”。
関連が無いかに見えたそれぞれの事件に、デントンは一つの“共通点”を見出していた。



襲撃事件がセンターシティに近づく中、
事件の裏に潜む“影”に危機感を覚えたジョーイ達は
犯人を自ら誘い出そうと作戦を練る。



一行は準備万端で犯人を待ち構えるが、
突然の爆発が彼らを襲い“意外な人物”が目の前に現れる。

犯人の正体、その目的にジョーイたちは…。

― 『HEROMAN』公式サイトより引用 ―




今話で登場した謎の人物(劇中では、正体が明かされます)…サイやデントンに止(とど)めを刺せたにも関わらず、止めを刺さず、ヒーローマンとの戦いでは互角以上に渡り合い、そして見事に目的を達成し、「眼に見える事だけが全てではない。既に事は水面下で動き出しているんだ…。いいか、今後 俺の邪魔をすれば誰であろうと容赦しない…よく憶えておけ!」と…警告をジョーイたちに発し去って行きましたが…彼は正にダークヒーローですよね☆☆☆ ジョーイたちへの警告も取り方によれば、彼らを水面下で動いている事件に巻き込ませない為に言った風にも観えますし、もうですね、謎の人物 とってもカッコ良かったです(ゝД//)〇"~☆ 今後は彼(謎の人物)がキーマンとなり、ストーリーが展開するのかもしれませんね。おいら、謎の人物の活躍に大期待しちゃいます☆♪

それから、ジョーイやサイたちと楽しくトランプをするデントン先生や、生徒(ジョーイ、サイ)を心配するヴェラ先生など…今話を観ていて、改めて感じたのですが『HEROMAN(ヒーローマン)』の大人たちは、本当に理想的な大人で素晴らしいですよね。 おいらも学生時代 デントン先生たちみたいな大人に出会いたかったなと感じつつ、ジョーイたちを羨ましく思っちゃいました(〃´―`〃)

大人たちも素晴らしいですが、『HEROMAN(ヒーローマン)』に登場する子供たちも負けていませんよね。今話で、サイが 謎の人物へ攻撃出来なかったシーンを観て、おいら 胸が熱くなっちゃいました。たとえ人外の者となっていても、サイにとって謎の人物は、「彼」なんですよね。だからこそ、サイは謎の人物に攻撃出来なかった…。サイの そんな気持ちが分かっているからこそ、謎の人物もサイに止めを刺さなかったんでしょうね。二人の内には、互いを気遣う確かな繋がりがある…そして、二人のソレは ジョーイやリナとも繋がっているんだろうなと感じました。思い遣りのある子供たち。そんな彼らの活躍を観ていると、気持ちが晴れやかになる おいらであります(* ̄▽ ̄*)~゚

さて、次回は「セパレーション」という事で、予告を観ますと、プライベートビーチで、ジョーイたち夏のバカンスを楽しむという内容みたいで…サブストーリー的な感じとなる様です。次話も楽しみです♪♪♪





アニメ 『HEROMAN』 第17話 心に残った台詞


真実は時に残酷だ…
それを受け入れた先に何が待っているのか
分かった後でも戦いは強いられる…。

だから、俺は…
大切な者を守る為に戦う!

お前たちを光に喩(たと)えるならば、
俺は闇…闇のなかに蠢(うごめ)く人外の存在…!


(第17話 劇中 謎の人物の台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。