09 | 2010/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第40回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第40回 「清風亭の対決」を観ました。


Amazonにて龍馬伝 DVDの詳細確認が出来ます




ここ何回かの『龍馬伝』は、史実を曲解しまくって都合良くトレンディドラマとして、歴史を描いていた感がありましたが、今回ではこれまでの流れが嘘の様に…清風亭会談で整合を取る形で、時系列を史実へと合わせ来ましたね。『宇宙戦艦ヤマト』の 地球滅亡の日カウントダウン さながらに、『龍馬伝』では、龍馬暗殺のカウントダウンも強調されて来ていますし…今後は概ね史実通り歴史を描いてくれるのかなと、おいら淡い期待をしております。

さて、今回 描かれた清風亭会談ですが、史実に沿った実直な創作であったのでは と 私的には思い、好感を持って観る事が出来ました。そして、今回 一番 観応えあったのが…福山雅治さん演じる坂本龍馬が、後藤象二郎との会談で流した一筋の涙でした。あの涙は…日本の為や、自分の為でもなく、思想、哲学などから来るモノでもなく…武市半平太、平井収二郎、岡田以蔵ら弾圧された土佐勤皇党に対しての…朋友たちを想い 龍馬個人から純粋に流れた涙であったのだろうな…と感じました。あの涙の内には、半平太、修二郎、以蔵…そして 望月亀弥太、近藤長次郎、池内蔵太らと一緒に 世界という大海原を航行する…そんな光景が浮かんでいたのかもしれない…とも感じられました。そんな龍馬を演じた福山さんの熱意ある役作りに好感が持てました。他にも、嫉妬と心優しさが随所に垣間見れ、人間味溢れる岩崎弥太郎を演じている香川照之さんや、史実の後藤象二郎に近付こうとしているかの様に、モミアゲを伸ばしてきている 青木崇高さんの役作りも好感を持って観る事が出来ました。

さてさて、次回は「さらば高杉晋作」という事で、高杉晋作こと谷潜蔵の最後が描かれる様ですね。今回の清風亭会談が、史実だと1867年 1月。そして、次回描かれる 谷潜蔵の最後が史実だと1867年 4月。と、いう事は次々回では いろは丸事件を描くのでしょうかね。





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

アニメ 『テガミバチ REVERSE』 第1話 レビュー 

アニメ『テガミバチ REVERSE』 第1話 「約束」を観ましたー☆


Amazonにて 第1期 DVDの詳細確認が出来ます




再び 出逢えた…その事実こそが、その存在こそが、シルベットの「こころ」を希望で満たし…希望で満たされた シルベットの「こころ」は「テガミ」として、絶望に支配された ラグの「こころ」へと運ばれ、その「テガミ」をしっかりと受け取ったからこそ ラグも「こころ」を希望で満たす事が出来たのでしょうね。そして、ラグは シルベットから託された想い 「テガミ」 を改めて、略奪者(マローダー)こと、ノワールの元へ届ける事を…いえ、ゴーシュ・スエードという最も敬愛するBEE(テガミバチ)であり、何より大切な友達の元へと届ける事を約束(決意)した…。シルベットとラグの想いと想いが重なり、そして寄り添い その「こころ」が一つとなった瞬間…あの二人の大泣きシーンを観ていましたら、ラグと、シルベットのゴーシュを想う「こころ」は きっと不変なのだなと強く感じ、おいら グッと来てしまいました。不変の「こころ」 それはとても とても 純粋で確かな想いなのでしょうね(〃´―`〃)

さて、前作からの続きとなる今話のエピソード「約束」。今話は、原作の「再会、涙、涙、涙」のエピソードの後半部分が描かれていたのですが…アニメでは…ジギー・ペッパーの登場、前作 「記憶のポプリ」と「夢つなぐノート」に登場していたアニメオリジナルキャラクター マナ・ジョーンズの再登場などに加え、ニッチとステーキがラグを励まそうとするけれど空回りするシーンや、シルベットとラグの大泣きシーンでのラグのセリフ等など…アニメオリジナルのシーンが巧みに追加されており、 とても観応えありました。特に、大泣きシーンでのラグの追加セリフは、シミジミと良いな感じました。今話を観終わり、監督である岩永さんをはじめ、アニメ制作スタッフの皆さんは、今作でも原作のリスペクト・オマージュをしっかりと抱き、熱意を持って真摯に『テガミバチ REVERSE』の制作に取り組まれているんだろうと思いました。それから、OPの映像を観ていて…今作では 原作コミックスの10巻までのストーリーは描かれるのかも…と思いました。

何はともあれ 第1期終了から 約半年。待ちに待った 第2期である『テガミバチ REVERSE』 がスタートしましたね。 くぅー、すごく嬉しいです♪ アニメ制作スタッフさんも 第1期の方々である事も、これまた嬉しい限りです♪♪ そして、次話は「パンツとパン」という事で、原作の心暖まる素敵なエピソードが、また一つアニメで描かれるかと思うと、もう 楽しみで、楽しみでしょうがありません♪♪♪ 次話が 今から とっても待ち遠しいです☆♪(*>▽<*)♪☆






『テガミバチ REVERSE』 第1話 心に残った台詞


約束するよ シルベット。
ゴーシュの心を 必ず 君に届ける事を。
そう 僕は テガミバチだから


(第1話 劇中 ラグの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。