10 | 2010/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目モノ 24 

今回の注目モノはこちらです!


タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)  タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)

   ゲームデザイン:松野 泰己 ディレクター:皆川 裕史

   キャラクターデザイン:吉田 明彦、政尾 翼
   サウンド:崎元 仁、岩田 匡治


   メーカー:スクウェア・エニックス
   2010年 11月11日発売
   希望小売価格 5.980円

  
   ◆画像クリックでAmazonにて詳細確認・購入が出来ます。



僕に その手を 汚せというのかの台詞が、少年時代の おいらの心にズサッと突き刺さった15年前。その台詞に、その人間ドラマに、そのゲーム性に夢中でプレイし続けた あのシミュレーションRPGの金字塔『タクティクスオウガ』が…松野 泰己さんをはじめとするオリジナル開発メンバーの手によって、今年 新たに再構築という形で『タクティクスオウガ 運命の輪』として復活を遂げるんです♪〃(o≧∇≦)o〃☆

リメイクではなく、再構築と謳われている『タクティクスオウガ 運命の輪』。開発者の一人であり、ゲームデザインを務める松野 泰己さんは「15年の間に進化した、2010年の今だから作れる『タクティクスオウガ』です」とゲーム雑誌のインタビューで答えられています。再構築され進化した『タクティクスオウガ』とは一体どの様なモノなのか…今作の『タクティクスオウガ 運命の輪』で改変、追加された内容を下記に列挙したいと思います。


1、新規シナリオの追加。それに伴うテキストの大幅追加。
2、当時の雰囲気を大切にしつつ、より世界観を演出する為に進化したグラフィックとサウンド。
3、分岐シナリオの遡りが可能となったW.O.R.L.D.機能の搭載。
4、バトル中の手順を巻き戻す事が出来る新規プレイヤーにも嬉しい機能 C.H.A.R.I.O.T.の搭載。
5、ユニット単位から、クラス単位になったレベル管理。
6、新たに追加されたクラスに、スキル機能の搭載。雇用出来るユニットの増加。
7、やりこみ要素の一つとなるアイテム合成の追加。
8、死者の迷宮以外のバトル専用拠点の新規追加。
9、通信機能で他のプレイヤーの部隊データを受け取り、その部隊と戦えるバトルチーム対戦の追加。
10、PSPの機能を活かしたスクリーンショット機能の搭載。


上記に挙げました以外にも、様々な要素が『タクティクスオウガ 運命の輪』に織り交ぜられているそうです。ゲーム雑誌で語られていた オリジナル開発メンバーさんが再び集結し『タクティクスオウガ 運命の輪』に掲げた目標…それは「当時から今日に至り、美化されているオリジナル版の良さを損なわず、更にゲームとしての面白さを追求し、旧来のファンプレイヤーだけでなく、新規プレイヤーにも楽しで貰えるゲームを作る」という事だったそうです。この言葉を聞き…おいら 鳥肌が立ち、かつての『タクティクスオウガ』を夢中でプレイしていた日々を思い出しました。『タクティクスオウガ 運命の輪』でも、あの頃と同じ…いえ、それ以上に 夢中でプレイする日々が続くのだろうと…おいら 確信に近いモノを感じています。

最後に、日本最大級の総合ゲームサイト「4Gamer.net」がニコニコ動画でアップしている『タクティクスオウガ 運命の輪』のオープニングから初バトルまでのプレイ動画を、こちらにも転載させて頂きます。『タクティクスオウガ 運命の輪』に興味のある方はぜひぜひ、動画を観て見て下さいませ(o≧ω≦o)



★ 興味がおありの方は、こちら ↓ の動画をご覧下さいませ ★




* 再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。
*広告を消したい方は、広告欄の右端上にある×ボタンをクリックして下さいませ。
* 実況コメントを消したい方は、再生ボタンをクリック後に出現する
コントロールパネルの右端にあるコメント消去ボタンをクリックして下さいませ。






ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。