10 | 2010/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『テガミバチ REVERSE』 第7話 レビュー 

アニメ『テガミバチ REVERSE』 第7話 「Film noir」を観ましたー☆


Amazonにて 第1期 DVDの詳細確認が出来ます




「こころ」を失った者の末路を知っているからこそ…そんな哀しい想いを、ラグには体験して欲しくない。もし、体験してしまえば、大切な人を失うと共に、自分自身の「こころ」も欠けてしまうから…。ザジのラグへの あの態度は、そういった事の裏返しだったのでしょうね。もしかしたら、ザジは「こころ」というモノの大切さを、誰よりも一番知っているのかもしれない…今話のザジを観ていて、おいらはそう感じました。そして、そんなザジの事を、今まで以上に好きになりました♪☆ 今話のザジ、本当にカッコ良かったです(ゝД//)〇"~☆

さて、今話は、原作のエピソードを丁寧に描きつつ、その原作のエピソードの前後を組換え、それに伴うセリフの改変も巧みに行われており、尚且つ アニメオリジナルシーンも追加されていたりと…もう、今話の「Film noir」の脚本・構成には脱帽してしまいました。前作、今作のアニメエピソードの中でもトップクラスに入る程の素晴らしい脚本・構成だったと、私的には思います。作画・演出に関しても、ニッチの金髪スキー シーンや、ザジのシーン全般、そしてノワールの「こころ」の回想シーンなど、とても魅せる作画・演出になっていた…とも、私的には思いました☆☆☆ そして、ザジ役の岸尾だいすけさん、ノワール役の福山潤さん、ロダ役の堀江由衣さんら、役者(声優)さん達の素晴らしいお芝居が、これまた今回の「Film noir」のエピソードに、素敵な華を添えていて、もう 観惚れてしまいました♪♪♪ 『テガミバチ REVERSE』 は話数を重ねる毎に、その内容に研きが掛かり洗練されている…そう思わずにはいられない程、今話のエピソードも素敵で、素晴らしかったです(〃´―`〃)

さてさて、次話は「ブルー・ノーツ・ブルース」という事で、予告を観ますと…遂に彼女が登場となる様です☆ アニメでは彼女たちの事がどの様に描かれるのか、とても楽しみです♪ それと、もう一つ 今話の精霊になれなかった者 ロレンスの演説シーンですが、原作の演説シーンとは また違ったモノ(アニメでは、セリフの大部分がカットされていました)となっていたのが気になります。これは、アニメオリジナルのストーリー展開を本筋とする為の布石なのでしょうかね。私的に、この辺りにも注目して、今後も『テガミバチ REVERSE』を楽しみたいと思います♪((((○*>∀<*)○"♪





『テガミバチ REVERSE』 第7話 心に残った台詞


…ラグに あんな想いはさせねえ!
「こころ」を失くした お前をっ!!
ラグに 近づけるかよ!!!


(第7話 劇中 ザジの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。