09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 第13話 レビュー 


ある日、くろがね屋の玄関に立っていた一人の女の子。

碧(あお)い瞳(め)をしたローレライ。

今でも忘れる事の出来ない可愛い微笑み…。

それが、

俺の初恋と悲劇の始まりだった。










Amazonにて、DVDの詳細確認が出来ます



第13話 「初恋? 美少女ローレライ」を、先程 録画で観ましたー☆

今話から始まったローレライ編は、私的には 『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 屈指のエピソードになる予感がしています。なので、ローレライ編ではストーリーに関する説明、雑感は綴りません。ストーリーが気になる方は、ぜひとも「テレビ東京/あにてれしあたー」などで視聴してみて下さい。

さて、今話の演出ですが、「バイオレンスジャック」や「デビルマン」など永井豪作品のパロディが随所に見られましたね☆ 特に甲児とスラムキングのコラボレーションは感涙モノでした。「マジンガーZ」という偉大な作品だけでなく、その原作者 永井豪さんに対するオマージュも決して忘れない今川監督。本当に素晴らしい作り手、監督さんだと、私的には感じ入っています。



ローレライに恋したシローに起こった悲劇…!? そして、天才科学者 シュトロハイムが握る 兜家の秘密とは!? ああ、次回 第14話 「慙愧! 暴かれる兜家の大罪!」も、とっても待ち遠しいです(ノ´▽`)ノ♪





『真マジンガー 衝撃! Z編 on television 第13話』 心に残った台詞


出たぁー!? 生首ィー!?


(第13話 劇中 暗黒寺の台詞より引用)






ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/104-036e1380

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。