03 | 2017/03 | 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『テガミバチ』 第1話 レビュー 

マンガにて雑感を綴りました『テガミバチ』が、TVアニメ化されましたー☆ いやー、『テガミバチ』のアニメが10月から放送するのは知っていたのですが、まさかこんなに早く(10月3日)から放送するとは…今月2日に購読した『テガミバチ』新刊(8巻)の帯を見ていなければ、危うく観逃しているところでした。おいら、てっきり10月の2週目くらいだと思い、情報収集を怠っていましたよー。ひゃー、観れて良かったですε=( ̄ε ̄;A))



Amazonにて、原作の詳細確認が出来ます





さて、アニメ 『テガミバチ』 第1話 「テガミとテガミバチ」を観終わり感じた事は、 アニメの制作スタッフさん達は、原作者 浅田弘幸さんの作風をオマージュするかの様に、原作 『テガミバチ』の世界観、エピソードを とても丹念に描いていおり、私的にはとても安心感を得れるアニメーションとなっていました。

特に作画などは、アニメの制作スタッフさん達が一枚絵の集合体からなるマンガ 『テガミバチ』を読み、そのキャラクターがどう動くか、どうすればより魅力的になるか、原作の世界観をアニメで構築するにはどうすればよいか等など色々と想像、思考し、スタッフ間でミィーティングを何度も重ね、時には一人で悩み、けれど最終的には一致団結して、今回の第1話「テガミとテガミバチ」の作画を完成させたのだろうなあ…と感じてしまう程、とってもハイレベルな作画でした(*´▽`*)

監督である岩永 彰さんの事は、このアニメ『テガミバチ』で初めて知ったのですが、「こころ」を持たないが為に、人の「こころ」を捕食する鎧虫(ガイチュウ)をCGで描き、他(キャラクター、背景など)と差別化を図り、鎧虫(ガイチュウ)の無機質さを巧みに表現していて、とても良い演出をする方だなと、おいらなどは感嘆しちゃいました。岩永さんの今後の演出にも期待しちゃう、おいらであります☆

さてさて、アニメ『テガミバチ』のストーリーですが、原作同様に主人公のラグとテガミバチであるゴーシュの出逢いから始まりましたね。今話の展開から考えますと、次回の第2話で、ゴーシュとの旅が終わり、第3話でニッチとの出逢いがあり、第4話でテガミバチになる為の試験を受けそうですよね。原作がまだ続いている事もあり…それ以降は、おそらく原作のエピソードを絡めつつ、最終的にはアニメオリジナルのエピソードへと展開していきそうな予感がします。

ラグのお母さんの行方。「精霊になれなかった者」ロレンスの正体。首都アカツキの謎。これら原作ではまだ明かされていないエピソードが、アニメオリジナルエピソードとして描かれるのか…とっても気になるところです♪

それから、原作であるマンガ 『テガミバチ』のコミックスより先駆けて、親父の方のサンダーランド博士(コミック巻末のおまけでは毎回登場しているが、本編(コミック 8巻現在)には一切登場していないユウサリの郵便局(ハチノス)勤務の偉い人。コミックでは本編に登場出来ていない事に不安を覚え、回が進むにつれハッチャケ出す、ちょっとお茶目な親父さん☆)が登場するアニメオリジナルエピソードがあれば、サンダーランド博士は好きなキャラクターなので個人的にはとても嬉しいのですが…アニメの制作スタッフの皆さま 如何でしょ? おいら、サンダーランド博士の出演熱望です(*^∇^*)〃

そんな訳でして(← どんな訳(゚◇゚) )、次回の第2話「ぼくの友達」は10月10日(土) テレビ東京系列のチャンネルにて、22時55分からの放送です。 …これって時間帯は微妙にズレてますがアニメ『テガミバチ』は、『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』の後番組とも言えなくはないですね。テレ東 土曜・夜アニメ枠の虜になっている おいらがいますヾ(@>▽<@)ノ♪





『テガミバチ』 アニメ版 第1話 心に残った台詞


この子が…テガミ…


(第1話 劇中 ゴーシュの台詞より引用)






ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/159-ebd9011f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。