03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『テガミバチ』 第10話 レビュー 

アニメ『テガミバチ』 第10話 「光の下」を観ましたー☆


Amazonにて2010度カレンダーの詳細確認が出来ますAmazonにて2010度カレンダーの詳細確認が出来ます
Amazonにて2010度カレンダーの詳細確認が出来ます

Amazonにて2010度カレンダーの詳細確認が出来ますAmazonにて2010度カレンダーの詳細確認が出来ます




今話にて、アリアの口から語られた「瞬きの日」とは一体何なのでしょうね。ラグのお母さんの行方、ゴーシュの行方など、物語の鍵を解くキーワードである事は、まず間違いないとは思うのですが…原作でも その謎はまだ明かされていません。うーん、とっても気になります。少し「瞬きの日」の事を整理してみますと…

① 「瞬きの日」は、12年前の311日目に起こった。
② 「瞬きの日」とは、アンバーグラウンドを照らす人工太陽が瞬いた日。
③ 「瞬きの日」は、アンバーグラウンド政府による人工太陽の調査・調整が原因で起こった。
④ 「瞬きの日」の現象が起きると ほぼ同時に人工太陽の調査・調整していた政府の飛行船が墜落している。
⑤ ゴーシュは「瞬きの日」に、祈りの丘で人工太陽の瞬きを直に見る事になり「こころ」の一部(母親の記憶)を失った。
⑥ ラグとシルベットは「瞬きの日」に生まれた。そして二人とも身体に何らかの欠損がある。

と、上記の様な感じでしょうか。

私的に「瞬きの日」で一番気になるのは墜落した飛行船です。もしかしたら、この飛行船に…ラグのお母さんが乗っており、「瞬きの日」に関わっていた重要人物だったのでは…もっと言えばラグのお母さんとアンバーグラウンドの女帝には何か繋がりがあるのでは…と、おいらなどは想像を膨らませております。あと、「瞬きの日」はアンバーグラウンド政府(要人たち)の欲求を満たす為に行われた危険な実験だったのかもしれない…とも想像を膨らませている おいらであります。あー、もう、とっても気になります「瞬きの日」。原作、アニメとも「瞬きの日」の真相が明かされる日を心待ちにしている おいらです。

さて、今話のアニメ『テガミバチ』ですが、スエード邸の食卓にてラグがニッチに水の入ったコップを渡す時に、ステーキが尾っぽをフリフリしているのが何とも愛らしかったです。そして、その後、コップを受け取ったニッチが口を漱(すす)ぎに食卓を出て行くと、テクテクとその後をついて行くステーキもこれまた愛らしかったです。今話のステーキを観ていたら、今は亡き愛犬を想い出してしまいました(〃´―`〃)

それから、演出の方ですが、今話もアニメオリジナルシーンが実に魅力的でした。ラグたちが馬車に乗る時に、シルベットから思わず受け取るアレは見事な伏線でした。まさか…あの二人までもが(笑) ラストシーンでは、とても笑わせて貰いました(@^▽^@)

さてさて、次回 第11話は「嘘テガミ」という事で、どうやらエレナとダーウィンのエピソードである「テガミバチとディンゴ」はTVアニメでは放送されないみたいですね。ジャンプスーパーアニメツアーで上映されているという事も考慮されているのかもしれませんが…元々このエピソードは、週間少年ジャンプに読切作品として掲載された特別編であり、『テガミバチ』という作品の紹介色が強いエピソードでもあるので…TVアニメでは制作を見送ったのかもしれませんね。。。

私的に「テガミバチとディンゴ」は、『テガミバチ』を知るきっかけとなった大好きなエピソードだけに…放送されないかもと思うと、ちょっと残念ではありますが…もしかしたら、エピソードの順番を変えてTVアニメでも放送されるかもと淡い期待をすると共に、原作では親子の絆を素敵に描いているエピソード「嘘テガミ」がアニメでも素敵に描かれている事を期待しているおいらであります☆☆☆ 次回のアニメ『テガミバチ』も楽しみですヽ(o^▽^o)ノ♪





『テガミバチ』 アニメ版 第10話 心に残った台詞


ありがとう…ラグ……
でも……ひとつだけ…約束しなさい
ここに住むからには 何があっても必ず……!
この家へ 帰ってくること!!


(第10話 劇中 シルベットの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


コメント

こんにちはo(^-^)o

サラダオさんのレビューを読ませて頂き、「瞬きの日」には、何かとてつもない真実が隠されている様に思います。

それから、10話内でもオリジナルシーンが組み込まれているのですね(^O^)

次回は「嘘テガミ」と言う事でエレナとダーウィンの話は一体どうなるのかと言う事も気になりますが、原作の話の間に取り込んで欲しいと願っています(*^o^*)
今回の10話、まだアニメを観ていませんが楽しみにしておきたいと思いますo(^-^)o

こんにちは

桔梗さん、いらっしゃいませo(^▽^)o

「瞬きの日」ですが、何か物語に大きく関わっている気がするんですよね。
とっても気になっています。

ええ、10話もオリジナルシーンが良い感じで挿入されてましたよ☆
おいらなどは、そのシーンを観て思わず笑っちゃいました(*´▽`*)

エレナとダーウィンのエピソード、出来れば放送してほしいですよね。
桔梗さんと同じく、おいらも原作のエピソードの合間に
取り込んでくれる事を希望しちゃいます☆☆

10話も素敵な仕上がりになっていましたよ。
ぜひぜひ楽しんでくださいませ(*^∇^*)〃

観ましたよo(^-^)o

サラダオさん、こんばんはo(^-^)o

テガミバチ10話「光の下」観ました。

放送頭からのシルベットとニッチのバトル、原作通りの展開に笑ってしまいましたo(^-^)o

その流れからの朝食でのゲボマズスープを飲んだ二人の表情に無謀にも一度飲んでみたいなと思ってしまいました(^_^;)
そして、出勤初日から祈りの丘でのシーンも原作に基づいて描かれて(オリジナルのシルベットがラグに手渡した場面も含め)いて安心して観てましたo(^-^)o

そして、サラダオさんのレビューを読ませて頂くまでは、ラストにオリジナルを持って来るとは思ってなかったので、ある意味不意を付かれた感がありますが、ラグの水筒からカップに注がれた「アレ」に気付いたラグとニッチの表情… …

ザジとコナーが、お腹空かしている為にラグは無料して飲んだ感がありますが、三人の一連の表情を見ているニッチの顔の表情に笑いました(*^o^*)

流石にニッチは、ゲボマズスープ飲まなかったみたいですね(^_^;)

次週の「嘘テガミ」
親子の気持ちを描いた素敵な話ですよねo(^-^)o

次週の放送を楽しみに待ちたいと思います(*^o^*)

長々と失礼致しました(*^o^*)

観られましたか♪

桔梗さん、こんばんは☆ いらっしゃいませ♪(≧∇≦)♪

シルベットとニッチのバトル、
おいらも原作通りの展開にニコニコしちゃいました。
特に「車椅子の女豹」のくだりにはアニメでも笑っちゃいました♪

シルベットは、ラグとニッチが
自分の家に居候する事が本当に嬉しいのでしょうね(*⌒ー⌒*)

ゲボマズスープ…
実はおいらも飲んでみたいと思っていました(*^-^*)>"
美味しそうな見た目とはウラハラに、一体どれくらい個性的な味なのでしょうね☆

コナーとザジまでもが、ゲボマズスープの犠牲に(笑)
桔梗さんの仰る様にニッチの表情も とても良かったですよね☆☆
今話のラストシーンは観ていてとても楽しかったです(ο^v^ο)

ええ、「嘘テガミ」も とても素敵なエピソードですよね。
桔梗さんと同じく、おいらも次週の放送を楽しみに待ちたいと思います(^▽^)

原作

サラダオさん、こんばんはo(^-^)o

10話の原作を読み返して気が付いたアニメオリジナルシーンですが。(アニメを観ている時には全く気が付きませんでした(・o・)ノ

シルベット、ラグ、ニッチが食卓に着いて朝食のゲボマズスープを飲む所… …

アニメではニッチも一緒でしたが、原作ではラグ一人だったのですね(^。^;)

アニメの流れに全く原作との違いに気付かずに観ていましたが、さり気ないオリジナルシーンの追加に思わず感心してしまいました(*^o^*)

サラダオさんは気が付かれましたか?

おお!♪

桔梗さん、こんばんは。いらっしゃいませ(@^▽^@)

桔梗さんに教えて頂いたアニメオリジナルシーンですが、
3人が食事するというナチュラルな光景に、おいらも全く気が付きませんでした(≡∇≡)>”

しかも、このオリジナルシーン。かなり良い感じですよね☆
桔梗さん、教えて頂きありがとうございます♪♪♪

アニメ『テガミバチ』を観るのが、今まで以上に楽しみになりました☆ヾ(≧∀≦)ノ"☆♪♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/209-7dad0e5b

テガミバチ #10

「光の下」 画素は去年のジャンフェスのものです。手紙にはちゃんと宛先もありました。 あ、ちゃんと休憩中に撮影しましたよ! 女帝?なんかドSなイメージしか浮かばない。 車椅子の女豹。おそるべし。 パンツはきましょうね(笑) おいしそうなスープ。 なるほど耐...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。