04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 『テガミバチ』 第11話 レビュー 

アニメ『テガミバチ』 第11話 「嘘テガミ」を観ましたー☆


AmazonにてOPテーマの詳細確認が出来ますAmazonにてEDテーマの詳細確認が出来ます

AmazonにてEDテーマの詳細確認が出来ますAmazonにてOPテーマの詳細確認が出来ます




母を想う息子の気持ち。息子を想う母の気持ち。…相手を想うという気持ち。一度でもこういう「こころ」を持つ事が出来たら、その想いから来るエネルギーは不変のモノとなり、諦念に縛られる事なく、どんな苦境にも立ち向かう事が出来るのかもしれませんね。今話は、「こころ」というモノの根源が少し垣間見れた、そんな気がした素敵なエピソードでした。

今エピソード。原作でもそうですが、ラグ(と、ゴーシュ・スエード)の思想対比として登場する 先輩BEE(テガミバチ) モック・サリヴァンというキャラクターが実に活きており、その事から今話「嘘テガミ」のドラマツルギーは秀逸だと、私的には感じています。惜しむらくは、モック・サリヴァンの登場する回が、おいらが知る限り今話の「嘘テガミ」しかないという事です。ラグたちの対比として、また何処かでモック・サリヴァンの登場を心待ちにしいている おいらであります(o`∀´o)

さて、演出の方ですが、今話は少し作画が乱れている感じが…ソレがちょっと気になりました。アニメ制作スタッフの皆さん、、、アニメ制作、大変だと思いますが、ぜひぜひ頑張って下さい! 今話は左記で綴りました様に、ちょっと気になる箇所もあったのですが…それを吹き飛ばす程の素晴らしい演出もありました♪ それは何かと言いますと、今話もアニメオリジナルシーンが良い感じに加えられておりました。ヴィセント宅でみせるニッチとステーキのやりとり、その伏線が活かされていたラストでのオリジナルシーンが特に良かったです☆♪ ステーキのアレには、ちょっとビックリしちゃいましたが☆(〇ο〇)☆ パンツ以外にも色々とお茶目なステーキでした♪♪ あと、音楽の挿入の仕方も今話は秀逸だと感じました。場面、場面で流れる音楽が実に背景(映像)とマッチしており、より心地良くアニメを観れました。音楽を担当している梁(りょう) 邦彦さん、そして演出を統括している岩永監督に拍手喝采です☆☆☆

それから、おいら、今話を観て、そのあと原作を読み返し分かった事が一つあります。「嘘テガミ」の回(原作、アニメともに)、冒頭でオリンピア川の橋だと思われる場所をラグたちが渡っているシーンがあるのですが、そのシーンに…なんと! ダーウィン(エレナの相棒)らしき姿が確認出来るではありませんか!? これがもし、ダーウィンだとするならば「テガミバチとディンゴ」のエピソード、原作では第3巻の巻末に掲載されていますが、必ずしもその時系列には則していないのかも知れませんね(ちなみに「嘘テガミ」は第4巻 巻頭に掲載されています)。こうなると益々 TVアニメでも「テガミバチとディンゴ」のエピソードを放送して欲しいなと思ってしまう、おいらですо(≧∇≦)〇゛

さてさて、次回は「赤と緑のリボン」という事で、原作のエピソードは一旦置き(もしかしたら、このまま置きっ放しって事もありえますが(^_^;) )、いよいよアニメオリジナルエピソードに突入ですね。予告では、ラグやザジたちが12月の風物詩といえる あの格好をしていましたが…一体どの様なエピソードになるのか、今からとっても楽しみですo(〃'▽'〃)o♪





『テガミバチ』 アニメ版 第11話 心に残った台詞


ええ…
あの子は 空想は得意なのに嘘はヘタなのよ おかしいでしょう?
でも 大事なのは書かれた内容じゃない…
息子がこうして「テガミ」を書いてくれる事が 私には嬉しいから
格好つけたがけで 嘘がヘタでね…
この「テガミ」は まるで 息子 そのものなのよ……


(第11話 劇中 ルイーザの台詞より引用)





ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


コメント

サラダオさん、こんにちはo(^-^)o

まだ今週の「嘘テガミ」観ていませんが、今話もアニメオリジナルが加えてあるみたいで楽しみです。

それから、サラダオさんの言われた冒頭のシーンですが、自分も気付きませんでした(^。^;)

アニメと原作を良く観たいと思いますo(^-^)o

あっ、それからモックですが、もう少し出番増やして欲しいなと自分も思います。

(特にファンと言う訳ではありませんが、モックみたいなキャラはテガミバチに少ないですしね。

あっ、モックは「行き止まりの街」で出ていますよo(^-^)o

モック・サリヴァン

桔梗さん、こんにちは。いらっしゃいませ(o^∀^o)

モック。桔梗さんに教えて頂き、確認しましたら、
しっかりと「行き止まりの街」に出てましたね☆

冒頭でネリと会話しているBEEがモックだったとは、
ネリが思いっきし「モック」て読んでるのに、おいら完全にスルーしておりました(≡∇≡)>”

桔梗さんから聞かなかったら…危うく、モックの事をずっとスルー状態でしたよ(~ヘ~;)
桔梗さん、モックの事教えて頂きありがとうございました☆☆☆

モックの様なキャラクターがいるとドラマが盛り上がるので、
モックは今後もラグたちの対比として登場してほしいなと、おいらも思います。

ええ、今話もアニメオリジナルシーンが追加されてましたよ。良い感じでした♪
それから、冒頭のシーンですが、おそらくはダーウィンだと思うんですよね。

宜しければ、桔梗さんの方でも確認してみてくださいませ(=^▽^=)/

観ましたよ(*^o^*)

サラダオさん、11話「嘘テガミ」観ましたよ(*^o^*)

先ずは、冒頭シーンですが… …

間違いなくダーウィンですね(*^o^*)

サラダオさんのコメントが無かったら全く気付いていませんでしたp(´⌒`q)

今回もアニメオリジナルシーンが使われていましたが… …

今までのオリジナルシーンを見直してみましたo(^-^)o

アニメオリジナルシーンは、かなり重要な役割を果たしていますよねo(^-^)o

オリジナルシーンから繋いでいる部分が、かなりありますね(*^o^*)

それが見事にマッチしています(*^o^*)

それから今回、ニッチが吊り橋を渡るシーン… …

原作では、右側でしたがアニメでは左側でしたo(^-^)o

あっ、これは全く気にならなくて原作読み返して分かった事でしたo(^-^)o

テガミバチには、さり気ないオリジナルシーンが組み込まれていますよね。

でも今回は作画が少し残念かな。

でも、それ以上に良かった作りになっていましたね(*^o^*)

観られましたか♪

桔梗さん、11話観られたのですね(o^▽^o)

おお♪ やはり、あれはダーウィンだったのですね☆
桔梗さんにお墨付きをもらえて、とっても嬉しいです\(≧∀≦)/

アニメオリジナルシーン。桔梗さんの仰る様に重要な役割を果たしており、
とても効果的に描かれていますよね。良い感じだと思います☆☆

おお、ニッチの吊り橋を渡るシーン。おいらも全く気付きませんでした。
桔梗さん、教えて頂きありがとうございます♪♪

本当にアニメは、さりげなくオリジナルシーンが組み込まれていますよね。

原作と観比べて、原作との変更点や、アニメオリジナルシーンを見つけるのも
アニメ『テガミバチ』の楽しみ方の一つですね(*^-^*)

原作エピソードの回は、おいら、
今後もバッチリと観比べちゃおうと思います〃(o≧∇≦)o〃

…作画の方ですが、そうなんですよ。。。 今話は、、、
シーン毎の作画が統一されておらず、乱れ気味なのが気になっちゃてましたよね。

けれど、桔梗さんの仰る様に、
それ以上に演出などの作りが良かったので、アニメ自体は、とても楽しく観れました♪

次回は、アニメオリジナルのエピソードみたいですよね。
『テガミバチ』の世界観の設定を損なわないかと…
正直ちょっと不安はありますが、岩永監督をはじめアニメ制作スタッフたちの
『テガミバチ』に対するこれまでのオマージュが素晴らしいので、
おいら ワクワク ドキドキしながら、
次回の「赤と緑のリボン」のエピソードを観ようと思っています(ゝ∀//)〇"~☆

サラダオさん、こんにちはo(^-^)o

今週は、いよいよアニメオリジナルの「赤と緑のリボン」ですねo(^-^)o

最近のアニメで季節感を織り込んだ完全オリジナルと言う物は大変珍しいなと思い楽しみです(*^o^*)
予告では女の子が出て来ていましたが、あの女の子にラグ、コナー、ザジが関わり、クリスマスのあの格好で何かを届けるのかな、と思いましたが完全オリジナルどの様な作品になるのか楽しみに待ちたいと思っていますo(^-^)o

こんにちはー☆

桔梗さん、こんにちは(o^▽^o)/ そして、こんばんはです(〃'∇'〃)

ええ、「赤と緑のリボン」のエピソードいよいよですね♪

桔梗さんが仰る様に、季節感を織り込んだ完全オリジナルって確かに最近では珍しいですよね(≧∀≦) その(現実の)季節感が『テガミバチ』の世界観にどの様な影響を与えるのか とても興味深いです☆

「赤と緑のリボン」のエピソード。
桔梗さんの想像されたのと、同じ想像をおいらもしておりました(*^-^*)>"

ラグたち、テガミバチが織り成すクリスマス ストーリー☆♪

原作のエピソードに引けを取らない、素敵なエピソードだと良いなぁ、
と思いつつ、おいらも放送を楽しみに待ちたいと思います(〃^_^〃)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/215-7dbf5629

テガミバチ 第11話「嘘テガミ」

ラグ最初の配達と言うことでシンプルな展開で。 冒頭とオチのせいで、ニッチが穿いてたりなかったりの印象ばかりですけど(^^; ニッチ...
  • [2009/12/13 01:26]
  • URL |
  • SERA@らくblog 3.0 |
  • TOP ▲

テガミバチ 第11話 嘘テガミ レビュー キャプ

すべてのもののなかで 先立つものは「こころ」である すべてのものは「こころ」を主とし 「こころ」によってつくりだされる…… (「アンバーグラウンド教典」 第一偈より) 後は続きからどうぞ
  • [2009/12/13 02:02]
  • URL |
  • ゴマーズ GOMARZ |
  • TOP ▲

テガミバチ 第11話 「嘘テガミ」 の感想

はじまりの日 feat.Mummy-D(初回生産限定盤)(DVD付)BMG JAPAN Inc. 2009-11-25売り上げランキング : 97Amazonで詳しく見る by G-Tools 嘘の手紙に心はあるのか ...
  • [2009/12/13 02:15]
  • URL |
  • 24/10次元に在るブログ |
  • TOP ▲

テガミバチ #11 嘘テガミ

テレビ版の 『テガミバチ』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 母親に届けるテガ...
  • [2009/12/13 02:37]
  • URL |
  • ビヨビヨ日記帳2 |
  • TOP ▲

テガミバチ #11

テガミバチとしてのラグの初仕事、それは嘘の手紙を届けることでした。手紙を集荷に向かっていたラグは、途中でモック・サリヴァンというテガミバチと出会いました。彼に挨拶をしたラ...
  • [2009/12/13 05:44]
  • URL |
  • 日々の記録 |
  • TOP ▲

テガミバチ #11

Amazon.co.jp ウィジェット そろそろ奈々様・・・、もとい、 シルベットがでなくなるかなぁ? とか思ってたら、今日もしっかりお見送り! もう、すっかり 夫婦ですね☆ ってことで、ひさびさのテガミバチでの記事です♪ ってか、すっかりと忘れてたんですがね、 ..
  • [2009/12/13 05:55]
  • URL |
  • アニメやマンガの鑑賞日記 |
  • TOP ▲

テガミバチ 第11話 嘘テガミ

 ゲボマズスープ3日分免除…。でも、ピッってなるからといってステーキに穿かせるのは駄目なのでは?

(アニメ感想) テガミバチ 第11話 「嘘テガミ」

テガミバチ 1 [DVD]クチコミを見る テガミバチとしての日々を送るラグは、ある日、ヴィンセント・オルコットという若者の家に集荷にやってきた。本にうずもれたホコリだらけの部屋で暮らすヴィンセントは、作家を志すもののなかなか芽が出ずにいたが、故郷の母を心配させ...
  • [2009/12/13 14:01]
  • URL |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • TOP ▲

テガミバチ 11話「嘘テガミ」

相変わらず任務の前にはシルベットがゲボマズスープを用意してくれてるようで(笑) でもしっかりラグのことを心配してくれてるんですよね、近...

テガミバチ #11

「嘘テガミ」 経典があるんだ。 心がすべて。か。 ちゃんと食べるんだよ。そのスープ。 パンツが普通になってる。。 スープと取引って自覚あるの? そんな直接的な表現を。。ピッてなったんだね(笑) ステーキかわいそうに。 意地悪さんね~。 本の虫? 本雪崩です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。