03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~ その八 

前回から引き続き、今回も2BOX目でゲットした新規の武将カードをご披露させて頂きます♪(o^▽^o)♪


本日、最初の武将カードは…


武田信玄

◆ No.011 『 武田 信玄 』
★ホロ仕様カード★ 絵師:Wolfina
◆ パーソナルデーター 【知力/7 武力/10 政治力/8 魅力/7 運/6】
◆ 総合力/4,100


『 武田 信玄 』です♪♪♪

Wolfinaさんの描く信玄は、従来のイメージを周到しつつも、
妖艶さがあり、その事からニヒルな感じも受け、
斬新かつ新鮮なイラストになっていると思いました☆




甲斐の虎と呼ばれた戦国時代屈指の武将である『 武田 信玄 』。信玄は、中国の兵法書「孫子」に記された「その疾(はや)きこと風の如く、その徐(しず)かなること林の如く、侵(おか)し掠(かす)めること火の如く、動かざること山の如し」の略語である「風林火山」の旗印を掲げ、権謀術数を張り巡らせ 勇将『 村上 義清 』等との激闘に勝利し信濃を平定、その後は『 上杉 謙信 』と川中島で激闘を繰広げ、更には今川、北条や織田、徳川勢とも激突し、最終的には西上作戦(織田、徳川勢との戦)の最中、陣内にて没しております。

「風林火山」の旗を奮わせ、幾多の戦場を駆け抜け、敵方に畏怖された信玄ですが…実は「風林火山」の旗を最初に用いた武将は信玄ではなく、戦国時代よりも200年遡(さかのぼ)った、南北朝時代の公卿武将『 北畠 顕家(あきいえ) 』であり、顕家(あきいえ)が、京を制圧した『 足利 尊氏 』を打倒する為、挙兵する際に旗印として初めて「風林火山」が用いられたそうです。顕家(あきいえ)は「風林火山」の旗を奮わせ、『 足利 尊氏 』を滅亡寸前にまで追詰めた武将として、「太平記」、「神皇正統記」などの書物を通じ戦国時代では名将として親しまれる存在となっており、信玄は、そんな『 北畠 顕家(あきいえ) 』を参考にして、自身の旗印「風林火山」を作ったのでは…という説があります。 けれど、一般的に知名度は『 武田 信玄 』の方が高く、「風林火山」と言えば『 武田 信玄 』という認識が浸透しています。『 北畠 顕家(あきいえ) 』も大変優れた武将で魅力的な人物ではありますが、「風林火山」と言えば、おいらも やはり最初に『 武田 信玄 』を連想してしまいます〃(o≧∇≦)o〃♪♪♪






それでは、お次の武将カードです!


服部半蔵

◆ No.019 『 服部 半蔵 』
☆ノーマルカード☆ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/6 武力/8 政治力/5 魅力/5 運/6】
◆ 総合力/3,200


日野さんの描く半蔵は、
これでもかと忍者然としていますね☆☆☆



徳川譜代の家臣であり、伊賀甲賀衆を指揮していた『 服部 半蔵 』。ちなみに彼は二代目 半蔵で、本名は『 服部 正成 』と言います。正成は、徳川十六神将に数えられており、鬼半蔵の異名を持っております。そんな彼の一番の功績は「神君(家康の)伊賀越え」だと言われています。本能寺の変の際に、僅か34人の供廻と堺に滞在していた『 徳川 家康 』は、迫り来る『 明智 光秀 』の軍勢、暴徒などにより絶体絶命の危機に陥ります。そして、この危機を乗越えれないと感じた家康は、恩顧の寺院(信仰していた浄土宗の知恩院)にて切腹をすると主張するのですが、家臣たちの必死の説得により奮起し、堺から甲賀、伊賀を通り、伊勢から居城のある三河へ戻る事を決意します。そこで白羽の矢が立ったのが、出自が伊賀であった『 服部 半蔵 』こと正成です。正成は伊賀越えの陣頭指揮を執り、同行していた商人 『 茶屋 四郎次郎 』と共に、伊賀、甲賀の豪族と交渉し、彼らを味方に付け、『 明智 光秀 』の軍勢、暴徒などから、主君を守り 無事に家康を三河へと帰城させております。

後に、3代目の代に服部家は江戸城の警護を担当する事となるのですが、その時に、服部家(部下を含む)の伊賀同心たちが、江戸城の搦手門(からめてもん)の門外に組屋敷を構えた事に加え、2代目 半蔵の「神君(家康の)伊賀越え」の功績が讃えられ、江戸城の搦手門(からめてもん)の名称が「半蔵門」になったと言われています。徳川本家の城門に名称が付くほどの絶対的存在となった2代目『 服部 半蔵 』。家康の信頼篤い武将だった事が伺えます(ゝД//)〇"~☆






本日最後となるのは、武将カードではなく…


ねね 1

◆ No.023 『 ねね 』
★ホロ仕様カード★ 絵師:和月 伸宏
◆ パーソナルデーター 【知力/6 武力/0 政治力/6 魅力/8 運/8】
◆ 総合力/2,900


姫カードの『 ねね 』です。

明朗快活の感があり、良妻然としたイメージが、
和月さんの描く『 ねね 』からは伝わって来ます(^O^)




『 羽柴 秀吉 』の正室『 ねね 』。戦国時代は政略結婚が常であったのですが、『 ねね 』と秀吉は当時では珍しい恋愛結婚だったらしい事が歴史書に記されています。ちなみに『 ねね 』は13歳 ~ 14歳の頃に、秀吉(24歳)のもとへ嫁いでおります。 現在の日本では(ねねが幼年の為)禁忌として扱われる『 ねね 』と秀吉の恋愛結婚ですが、当時は男女ともに10代前半で結婚する等は普通の事だった様です。下克上が当たり前だった戦国時代、武家の女性は戦略の駒として扱われた時代にあって、自由恋愛で結婚出来た『 ねね 』は恵まれていたのかもしれませんね。そして、記録では結婚時点での身分は『 ねね 』の方が高いとあり、その事からも『 ねね 』と秀吉は、本当に相思相愛で結ばれた事が伺えます(* ̄▽ ̄*)~゚







以上が2BOX目でゲットした新規武将カードとなります。
そして、2BOX目でゲット出来た新規武将カードの総数は…


No.008 『 前田 利家 』
No.011 『 武田 信玄 』
No.018 『 森 蘭丸 』
No.019 『 服部 半蔵 』
No.023 『 ねね 』

No.S05 『 上杉 謙信 』


以上、6枚となりました♪♪♪




『戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~』2BOX目 終了時点で、残す武将カードはあと4枚となりました♪ そんな訳で次回は3BOX目以降でゲットする事が出来ました新規武将カードをご披露させて頂きます☆ ではでは、本日の『戦国絢爛チョコ ~覇王降臨編~』その八は、これにて幕引きとさせて頂きますヾ(≧∀≦)ノ"





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/251-9f91936a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。