03 | 2017/03 | 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第12回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第12回 「暗殺指令」を観ましたー☆


Amazonにて龍馬伝 関連書籍の詳細確認が出来ます




今回も 特に このシーンは…という突出した箇所はありませんでしたが、舞台美術、SE(効果音)、照明ともに全体的に素敵で、これらの要素に関しては、私的に とても観応えがありました♪♪♪ ちょっと『龍馬伝』のこれら3要素の素敵さに、おいらの眼が慣れて来てしまっているのかもしれません…もう最近は、眼・耳の保養という体で、スーッと楽しく観聴きしちゃっています♪ニョホホ (●´ω`●)ゞ エヘヘ♪

さて、脚本の方ですが…ステレオタイプ的なドラマツルギーとしては、今回も とても秀逸だったと思いました。久坂玄瑞と坂本龍馬の邂逅(かいこう)などもライトにではありますが、良く描かれていた様に思います。 ここで 『龍馬伝』の補足として、久坂玄瑞の事を少し触れたいと思います。玄瑞は、松下村塾で高杉晋作と共に「松門の双璧」と称された逸材であり、師の吉田松陰も「坊長年少第一流の(長州の若者の中で最も優れている)人物にして、元より天下の英才なり」と、玄瑞の事を絶賛しており、松陰は自身の妹である 文を、玄瑞の元へと嫁がせています(この事から、私見では 松陰は玄瑞を自身の後継者として見ていたのではないかと思います)。そして、『龍馬伝』でも描かれていた様に…玄瑞は、龍馬に多大な影響を与えた人物の一人であります。更には 激動の幕末に身を投じ奮戦する事となる 傑出した志士の一人でもあります。武市半平太 同様に、久坂玄瑞も好きな おいらにとっては、今回の『龍馬伝』での描かれ方は嬉しい限りでした☆♪ それに加え、私的に 好きな役者さんである やべきょうすけさんが玄瑞を演じられていた事も嬉しかったです♪☆

それに引き換えて…半平太の描かれ方は、本当に悲しくなって来てしまいます。。。 脚本を本当に良く理解し、役作りしている半平太役の大森南朋さんの素晴らしいお芝居が、半平太を貶(おとし)めている脚本と相俟(あいま)って恐ろしい程に相乗効果を生み、、、『龍馬伝』の半平太を観るのは…半平太好きのおいらには酷ってモノですよ(泣) …前回までにも何度かお話しています様に、史実の半平太は『龍馬伝』で描かれている様な小さな人物では決してないのですよ(爆) それから 史実の後藤象二郎も 今回の『龍馬伝』で描かれている様な…あれ程までに小さな人物ではないですよ(爆々) もう一つ 史実の沢村惣之丞は、武市半平太に心酔しており、一度は脱藩したにも関わらず、半平太に他藩の現状を伝える為に 危険を顧みず土佐に戻る様な人物であり『龍馬伝』で描かれている様な 半平太に対して苛烈な批判をする人物では決してないのですよ(爆発) 脚本を執筆している福田さんは相も変わらず、史実をトリッキーに読解・脚色し、龍馬のみを如何に魅力的に描くかを重視している感がある様に思います。。。 『龍馬伝』のタイトルが示す様に 龍馬を主軸に扱ったドラマとは言え、、、もう少し、半平太たちも魅力的に描いてくれないものかと、私的には思います。。。

半平太のシーンでは悲しくなったのですが、今回は弥太郎が出てくるシーン全般(ラストは除く)に、ほのぼの としてしまいました。その中でも 喜勢が嫁いで来てた事により、ウハウハな気持ちで疾走しながら家へ帰っている弥太郎のシーンに、特に ほのぼの としてしまいました。そして、これまた 香川照之さんの素晴らしいお芝居もあり、件の「弥太郎、喜勢にベタ惚れなので家路を ウハウハ疾走しながら、自分の事を冷やかした百姓を罵倒するシーン」は、私的に『龍馬伝』屈指の名シーンとなりました☆☆☆ …弥太郎と言えば 今回にて 象二郎が、弥太郎に、龍馬を殺せと命を下していましたが、、、コレが尾を引いて『龍馬伝』では、後々に近江屋で起こる 龍馬暗殺の首謀者は 後藤象二郎だった、、、なんて事になるのでしょうかね。。。 その時の実行犯が、岩崎弥太郎でない事を祈るばかりですが、、、脚本を執筆している 史実をトリッキーに読解・脚色する福田さんなら もしかしたら あるいは…なんて思ってしまう おいらです。

さてさて、次回は「さらば土佐よ」という事で、龍馬が脱藩する回となる様ですね。しかも次回で、第1部 完結 となっていましたが…『龍馬伝』は 部構成だったのですね。今回の予告を観るまで全く知りませんでした。。。 何にせよ、次回も柔軟な思考を心掛けて『龍馬伝』を観ようと思います。






ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第12回 レビュー

こんにちは。 初めてコメントします。

武市半平太の描き方には、ほんとビックリです。

ドラマなんですから、必要な着色はすべきでしょうが、あそこまでしなくてはならない必要性がよくわかりません。この調子で切腹までいくのか、とちょっと心配しています。

そんな展開で、本当にいいと思ってるんでしょうか、、脚本家の人は。


はい、武市家は素敵ですよね!風情があって居心地が良さそうで。遊びに行きたいです。

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第12回 レビュー

こんにちは。はじめまして、chocoさん。そして、こんばんは☆
コンメントありがとうございます(@^▽^@)

武市半平太の描き方ですが、chocoさんの仰る様に、何もあそこまで貶(おとし)めなくても…と、おいらも思います。観ていて悲しくなって来ます(涙) 半平太が今の様な感じで、ずっといくのだとしたら かなり切ないですよね。。。

脚本を執筆している福田さんは、史実の半平太の事をどう捉えているのでしょうかね。。。 もしかしたら あまり好意的には捉えていなのかもしれません。何と言いますか、、、龍馬を魅力的に観せる為だけの単なるギミックとして 半平太を扱っている感があるのが、私的にとても残念です(=_=)

武市家、風情があって良いですよね。あと坂本家、岩崎家もそれぞれ風情があって良いですよね。半平太には冨が、龍馬には乙女をはじめとする家族が、弥太郎には喜勢をはじめとする家族がいて…自分の帰りを心待ちにしている人が居る家って 普段は忘れがちになるのかもしれませんが、きっと居心地がとても良いものなのでしょうね(o^▽^o)

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第12回 レビュー

> もしかしたら あまり好意的には捉えていなのかもしれません。

そうですね。武市半平太が嫌いなんでしょう。 

吉田東洋がすきなのかもしれませんね。だから、嫌いなのかも。

おっと、脚本同様、私も暴走気味(笑)

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第12回 レビュー

そうですよね。chocoさんの仰る様に東洋好きなのかもしれませんね。。。もしかしたら東洋好きを通り越して、東洋LOVE なのかもしれませんよ……おいらも暴走しちゃいました(笑)

思想は違えど傑出さでは、半平太も 東洋には決して引けを取らない…と、私的には思うのですが、、、うーん 東洋も魅力的な人物ですけれども…脚本を執筆している福田さん。。。 何かのキッカケで 半平太の事も好きなってくれないですかね(〃´―`〃)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/296-3b288526

龍馬伝~第12話 感想「暗殺指令」

龍馬伝ですが、吉田東洋(田中泯)&武市半平太(大森南朋)という二人の領袖から仰望されている幕末の英雄・坂本龍馬(福山雅治)は長年の付き合いから武市を選びます。今や土佐勤皇党は200名という大所帯ですが、それぞれ一騎当千な憂国の烈士なわけで上士といえども侮
  • [2010/03/22 00:29]
  • URL |
  • 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • TOP ▲

龍馬伝12 武市半平太が龍馬の愛人?もしかしてホモ龍馬伝?

うわあああああ あかん! あかんて! 武市半平太がホントに ネガティブ半平太! になってしまったよぉ。 あしたの喜多善男の方が凄味あったけど。 それでも 眼が完全にイッテるぅ! しかし 龍馬伝で武市半平太の扱い悪過ぎるのでは? 吉田東洋の正論に...
  • [2010/03/22 00:32]
  • URL |
  • ぱるぷんて海の家 |
  • TOP ▲

『龍馬伝』第12回

~暗殺指令~
  • [2010/03/22 00:51]
  • URL |
  • 悠雅的生活 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 12話

第12話 「暗殺指令」 弥太郎。。。 無邪気で可愛い過ぎぃ~。 あんなに、素直に喜ばれたら、私でも、張り切ってお弁当を作るよ。 でも。。 でも。。  あの汚い歯は、何とかならんのかな? あの歯では、チューは、ようせんわぁ。 あぁ~、やっぱり「弥...
  • [2010/03/22 01:00]
  • URL |
  • お地蔵さまの寄り道 |
  • TOP ▲

【龍馬伝】第十二回

龍馬は土佐勤王党の誓約書に血判を押した。龍馬が仲間になった事を、以蔵や収二郎は素直に喜ぶ。しかし、武市は言う。おまんが勤王党へ入ったがは、わしを止めるためじゃろ。それでもいい。おまんは、わしにとって心を許せる唯一の人間じゃ。わしの側にいてくれるだけで良...
  • [2010/03/22 01:08]
  • URL |
  • 見取り八段・実0段 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第12回 「暗殺指令」

なんや~、結局、 松陰先生の出番はあのたった一回だけやったんかい?! そうやわな~、松陰先生が 「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」 で始まる「留魂録」を残して、 江戸伝馬町の獄において斬首刑に処されたのが1859年(なんと29歳だ) ...
  • [2010/03/22 01:24]
  • URL |
  • しっとう?岩田亜矢那 |
  • TOP ▲

「龍馬伝」第12回

   第12回「暗殺指令」龍馬は半平太らが結成した土佐勤王党に入り、沢村と出会う。沢村は、長州では久坂らが今にも攘夷を決行しようとしていると話す。龍馬は久坂に会うため長州へ旅立つ。久坂は龍馬に、日本は異国に不公平な条約を押し付けられたのだから、幕府や藩...
  • [2010/03/22 05:07]
  • URL |
  • 日々“是”精進! |
  • TOP ▲

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第12回「暗殺指令」

暗殺指令っ!ちょっとちょっと、誰が?{%顔文字驚きhdeco%}誰を?{%顔文字?hdeco%}予告編では驚天動地、龍馬君は藩を出るの出ないの言ってるし、ハンペン先生は足蹴にされてるし、弥太郎君は、や、弥太郎君は・・・ウソおおおおおおおっ!{%顔文字驚きhdeco%}
  • [2010/03/22 07:11]
  • URL |
  • 真田のよもやま話 |
  • TOP ▲

★「龍馬伝#12」二つの殺意がっ!!

ついに血判押しちゃった~龍馬ぁ~「よう決心してくれた」・・・って。。武市さんええ~~ちょっとそれはちゃうやろ~~それに!龍馬はまだ迷ってるはず。。坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(寺島しのぶ) ...
  • [2010/03/22 16:09]
  • URL |
  • ・*:・ふわゆら生活・:*・ |
  • TOP ▲

第12回「暗殺指令」

ここまで頼りにされたことは、初めてではないだろうか?上士からも下士からも、まさにスカウティングに相応しい龍馬へのアプローチである。「お前しかいないんだ!」龍馬は武市半平太(瑞山)の発起した土佐勤王党の一員に…熟慮などという余裕は与えてくれない。選択肢はた...
  • [2010/03/22 17:18]
  • URL |
  • 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ |
  • TOP ▲

「龍馬伝」 第12回、暗殺指令

大河ドラマ「龍馬伝」。第12回、暗殺指令。 誰が暗殺されるのかと思いましたが、タイトルは次回への繋ぎのためだけでしたね。 今回の龍馬は、また悩んでいます。
  • [2010/03/22 19:59]
  • URL |
  • センゴク雑記 |
  • TOP ▲

『龍馬伝』 暗殺指令

JUGEMテーマ:エンターテイメント武市と大勢の下士たちに熱望された龍馬は、とうとう血判署名しました。土佐勤皇党にこの成長著しい親友を迎えることができ、武市はおおいに勢いづきます。平井も、(加尾とのことは)もう何も思っちょらんと喜び、以蔵は龍馬に抱きついて
  • [2010/03/22 22:11]
  • URL |
  • ふるゆきホビー館 |
  • TOP ▲

龍馬伝 第12回 「暗殺指令」

あらすじ 土佐勤王党に加盟した龍馬(福山雅治)は、長州に久坂玄瑞(やべきょうすけ)に会いに行き、「日本を異国から守る...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。