04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第26回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第26回 「西郷吉之助」を観ましたー☆


Amazonにて坂本龍馬 フィギュアの詳細確認が出来ます



今回の『龍馬伝』…西郷吉之助と坂本龍馬の初会合のシーンがありましたね。二人の初会合、史実だと1864年 8月ごろだと言われています。そして、海軍操練所の閉鎖が史実だと1865年 3月となっています。『龍馬伝』の時系列が史実に沿っているのだとしたら、今回もまた随分と時間の過ぎるのが早かったですね。第一次長州征伐の事なぞは光速とも言わんばかりの勢いで過ぎ…そうして全て 西郷吉之助の策謀となっていましたね。。。 第一次長州征伐に於ける史実での吉之助は、1864年の9月に勝(麟太郎)海舟に助言を求め、その助言に従う形で、長州藩への対応を強硬策(長州藩への出兵)から緩和策(長州藩の三家老に責任を取らせる)へと移行しているんですけれども。。。 もうね、せっかく武田海舟…ではなく、武田鉄矢さん演じる勝麟太郎が活躍できる史実の出来事だったのに…『龍馬伝』では全くもって取り扱わなかったですね。。。

武田海舟が、海軍操練所の閉鎖に伴い 海軍生たちに最後の言葉を送るシーン。武田節 全開でとても素敵でした☆♪ ああ、もう これで当分…いや ヘタをすれば これが有終の美となり、武田海舟の登場は終了なのかも…と、思うと…悲しくなってしまいました。今後も武田海舟が『龍馬伝』に登場する事を切に望む おいらであります(>人<;))

岩崎家での弥太郎と家族のシーン。とても観応えがありました。特に父親 弥次郎を演じる蟹江敬三さんの情感漂うお芝居が本当に素晴らしいと感じました。それから、父の言葉で、岡田以蔵へ毒饅頭を届けた弥太郎のシーンを観て、『龍馬伝』の弥太郎は本当に心優しい性分なのだなと思いつつ、その優しさが時には無慈悲な…残酷なモノへと変貌してしまう事もあるのだなと感じました。そう感じると同時に、今回の弥太郎の優しさは他者(武市半平太や岡田以蔵)へと向けられているものでは決してなく…己自身の為に向けられている自慰行為でしかないのかも…と、穿(うが)った眼でも観てしまいました(爆)

以蔵は、半平太からの差し入れである饅頭の意味を即座に理解していましたね。そして自ら望んで饅頭へと手を差し伸べた。件のシーンを含み その前後のシーンでの岡田以蔵を演じる佐藤健さんのお芝居が実に繊細で、これまた観応えありました。また、半平太が 牢番の和助に、以蔵の安否を確認するシーン&後藤象二郎との謁見のシーンでの 半平太演じる 大森南朋さんのお芝居も情感が溢れており観応えがありました。『龍馬伝』での 半平太と以蔵の獄中での関係には、私的に心熱くなるモノがあり、とても好感が持てました。次回以降も半平太、以蔵、弥太郎に注目して観て行こうと思います。

さて、次回は「龍馬の大芝居」という事ですが…予告を観ると、龍馬が土佐へと戻ってくるみたいですね。。。 龍馬…史実だと、1865年の時点では土佐へは戻らないのですが…(ちなみに史実では1867年9月に、一度だけ土佐へと戻っており、その脱藩後 初の帰郷が最後の里帰りとなりました)。『龍馬伝』では、戻っちゃうみたいです(苦笑) さてさて、次回の『龍馬伝』は一体どの様な感じになるのでしょうかね。。。






ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第26回 レビュー

>龍馬伝』の弥太郎は本当に心優しい性分なのだなと思いつつ、その優しさが時には無慈悲な…残酷なモノへと変貌してしまう事もあるのだなと感じました。そう感じると同時に、今回の弥太郎の優しさは他者(武市半平太や岡田以蔵)へと向けられているものでは決してなく…己自身の為に向けられている自慰行為でしかないのかも…と、穿(うが)った眼でも観てしまいました(爆)

ええ。ええ。ええ。

優しさって、途中でやめないでほしいです。じゃなかったら、最初からやるな。

そして、極めつけ

「舌を噛み切る力も残っとらん」by イゾー

でました、渡辺演出。 いや、脚本?

まーた 武市半平太だけが、、悪人にもなれず。

というわけで、前半戦の、勝先生のせっかくの「贈る言葉」も、なにもかも、吹っ飛んでしまいました。

おおとの様、拷問されてるわけでもないのに、ボロボロですね。切腹回までもちますかね。あれじゃあ、脱獄して切り掛かったら、簡単に下克上できそうですけどね。って、ついつい過激なことを言ってしまいました。
西郷吉之助、龍馬伝でどんなキャラになるのか、想像がつくような、いい味だしてますね。

勝海舟は、大丈夫、きっとまた、でますよ、徳川慶喜がらみで(笑)。

案外、慶喜に蟄居をすすめるのかもしれません。

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第26回 レビュー

どもども、chocoさん。

ほんと、そうですよね。途中でやめるのであれば、最初からしなさんなと思っちゃいますよね。せっかくの父親の助言も、弥太郎には届かなかった様で。。。 次回は一体どんな感じになるのか…龍馬が加わって更に混迷する…みたいな事にならない事を望むばかりです。

おお、chocoさん。勝先生の言葉 仰る様に、正に「贈る言葉」でしたね☆♪
ああ、『3年B組 金八先生』を観たくなっちゃいました(笑)

おおとの様…一体 何があったんでしょうね。ナレーションで「誰も彼も追詰められていた」という事を言っていましたが、史実だと、この頃の おおとの様は、謹慎も解かれ、土佐の藩政を掌握して、権勢を奮っていたので…『龍馬伝』で言っていた追詰められている感は無いんですけれども。。。 うーん、アレですかね『龍馬伝』の おおとの様は、酒から来るアルコール中毒にでも追詰められていんでしょうかね(爆) もう、本当にchocoさんの仰る様に、『龍馬伝』の容堂 相手なら簡単に下克上出来ちゃいそうですよね(苦笑)

高橋克実さん演じる西郷吉之助。何と言いますか…大久保利通の性格も混ざっている様な あの感じ。本当に今後が楽しみですよね。今回の様な西郷吉之助で、ずっと行くのであれば、もしかしたら『龍馬伝』には、大久保利通は登場しないのかもしれませんね。

おお☆♪ chocoさん ありがとうございます。そうですよね、勝海舟、きっと また出ますよね。慶喜とバトルを繰広げますよね。蟄居なんかも すすめるかもしれませんよね。ああ、もう 今後も勝海舟…武田海舟が『龍馬伝』に登場する事を、切に望みます(ノ´▽`)ノ*。☆゚・:*☆

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第26回 レビュー

>龍馬が加わって更に混迷する…みたいな事にならない事を望むばかりです。

ホントです。

弥太郎のSOSレターで土佐に帰国するらしいじゃないですか。今度は3人揃って、また友情回ですかね。もう十分やったでしょうが。

今更ながら、勝先生の「武市半平太はとっくに覚悟しているよ」は、実にいい言葉でした。

龍馬と半平太の長台詞の友情の回が、この勝先生の言葉で、しまって、さらにいいものになったような。

なのに、なのに、またぶり返すか。

すべては、参議院選挙のせい(笑)。

おおとの様は、先を読む力がある人、という設定っぽいじゃないですか、龍馬伝では(←史実ではどうだったんでしょう?)。この先の徳川幕府の行く末を想像できちゃって、絶望的なんじゃないでしょうか。いまさら、武市半平太をゆるすわけにもいかないですしね。

> 大久保利通の性格も混ざっている様な あの感じ。

うまい事いいますねー。

> 大久保利通は登場しないのかもしれませんね。

またまた、うまい事いいますねー!

ええ、そうだと思います。

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第26回 レビュー

どもども、chocoさん。

おおっ、龍馬は 弥太郎のSOSで帰国するのですか。chocoさんの仰る様に友情全開の回になるのかもしれませんね。もし、そうなったら これまたchocoさんの仰る様に、勝先生の言葉が翳(かす)んでしまいますよね。。。 うーむむ…次回は、良い意味で期待を裏切られる回になってくれる事を祈るばかりです。

なるほど☆♪ 史実でも、船中八策を幕府に建白するなど、先見の眼は確かに持っていましたし(大恩ある徳川家を存続させる一心だったのかもしれませんが)、『龍馬伝』の おおとの様は、chocoさんの仰る様に徳川幕府の行く末を想像して絶望しているのかもしれませんよね。うん、おいらも そう思います(⌒o⌒)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/344-f0d08dee

龍馬伝第26話

「龍馬伝」(第26話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,寺島しのぶ,杉本哲太,大泉洋,要潤,佐藤健,青木崇高,島崎和歌子,平岡祐太,田中哲司,小市慢太郎,前田...

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第26回「西郷吉之助」

いよいよ登場西郷さん!花に見向くな高橋克実!いったいどうなります事やら・・・と思いましたけど、予告編を見た感じではこんな印象でしょう?
  • [2010/06/27 22:44]
  • URL |
  • 真田のよもやま話 |
  • TOP ▲

龍馬伝~第26話 感想「西郷吉之助」

龍馬伝ですが、神戸海軍操練所が閉鎖されてしまい、坂本龍馬(福山雅治)は薩摩を頼ることになるようです。勝海舟(武田鉄矢)の紹介で、西郷隆盛こと西郷吉之助(高橋克実)と会いますが、敬天愛人、島にも愛人、児孫のために美田を買わずの大西郷が禁門の変での太腿の銃...
  • [2010/06/27 22:55]
  • URL |
  • 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • TOP ▲

龍馬伝 第26回 西郷吉之助

『西郷吉之助』内容神戸海軍操練所が閉鎖が決まり、ショックを受ける龍馬(福山雅治)は茫然自失。そんな龍馬を見ていた勝麟太郎(武田鉄矢)は、人材を供出してくれた各藩に詫び状...
  • [2010/06/27 23:05]
  • URL |
  • レベル999のマニアな講義 |
  • TOP ▲

【龍馬伝】第二十六回

ここから先、お前さんたちの幕が開く。お前さんたちは何処へだって行ける。何だって出来る。この日本を世界と渡り合える国にしてみろ。君たちは私の希望である。神戸村の海軍操練所...
  • [2010/06/27 23:12]
  • URL |
  • 見取り八段・実0段 |
  • TOP ▲

龍馬伝26 佐那や加尾をあっさり忘れるおんなたらし龍馬クン?

本日の龍馬伝 ほとんど何の進展も無し・・・ と言うより ほとんど新たに書くべき内容が見つからない。 印象の薄い龍馬伝でした。 主なテーマとしては 幕府海軍操練所涙の卒業式 と言えば もちろん金八先生お得意の 贈る言葉♪ 正に独壇場です。 と言...
  • [2010/06/27 23:16]
  • URL |
  • ぱるぷんて海の家 |
  • TOP ▲

第26回「西郷吉之助」

薩摩(今の鹿児島県西部、主に鹿児島市・阿久根市・出水市など)鹿児島藩士、西郷吉之助とは何者?…のち西郷隆盛<さいごう・たかもり>といえばわかるだろう。長州藩士・桂小五郎も...
  • [2010/06/27 23:30]
  • URL |
  • 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ |
  • TOP ▲

大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者26龍馬が西郷と初対面し長州攻めを止めるよう進言!弥太郎は以蔵に毒まんじゅうを渡す事ができなかった

27日大河ドラマ「龍馬伝」第26話を視聴した。 今回は龍馬たちは海軍操練所が閉鎖されることとなり 仲間と最後の別れをする事になっていた。 そんな中、勝の紹介で龍馬は薩摩の西郷と会う事になり、 初めて西郷と対面する。 龍馬は西郷に長州へ攻める事を止めるよ...
  • [2010/06/27 23:49]
  • URL |
  • オールマイティにコメンテート |
  • TOP ▲

大河ドラマ「龍馬伝」第26話

第26回「西郷吉之助」
  • [2010/06/28 00:30]
  • URL |
  • またり、すばるくん。 |
  • TOP ▲

「龍馬伝」第26回

   第26回「西郷吉之助」海軍操練所が閉鎖されることになり、勝は龍馬を薩摩藩の西郷に会わせることにする。龍馬は西郷に薩摩と長州が戦っている場合ではないと意見するが、西...
  • [2010/06/28 05:12]
  • URL |
  • 日々“是”精進! |
  • TOP ▲

【龍馬伝】第26回と視聴率「西郷吉之助」

【第26回の視聴率は6/28(月)に追加予定】以蔵、毒饅頭を貰って嬉しそうに食べようとしてウルウル・・・でも、弥太郎、それを取り上げて、ほっとしました。安楽死って、賛否両論...
  • [2010/06/28 09:54]
  • URL |
  • ショコラの日記帳 |
  • TOP ▲

★「龍馬伝#26」脱藩浪士はどこへ行く~

海軍操練所が閉鎖となりそれぞれみんな国元に戻るが。。龍馬たち脱藩浪士は~帰るところがないぜよ~~坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 武市半平太(大森南朋) 武...
  • [2010/06/28 18:25]
  • URL |
  • ・*:・ふわゆら生活・:*・ |
  • TOP ▲

龍馬伝 第26回 「西郷吉之助」

あらすじ 海軍操練所の閉鎖が決まり、龍馬(福山雅治)は勝麟太郎(武田鉄矢)の紹介で、薩摩藩の西郷吉之助(高橋克実)に...

大河ドラマ「龍馬伝」第26話「西郷吉之助」

海軍の夢、絶たれる--------------。操練所が閉鎖になり、勝から薩摩軍の西郷吉之助に会ってみないかと言われる龍馬。西郷は蛤御門での活役者。龍馬はまず、西郷に当然太った女が好きな...
  • [2010/06/29 00:56]
  • URL |
  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。