04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 「龍馬の大芝居」を観ましたー☆


Amazonにて坂本龍馬 関連書籍の詳細確認が出来ます




今回の『龍馬伝』は、史実や歴史を度外視した完全な創作でしたね。坂本龍馬が、岩崎弥太郎の声(手紙)に応じ、投獄中の武市半平太と岡田以蔵を救う為に、危険を冒して土佐へと戻り、後藤象二郎の前で大芝居を打つという今回の内容…ステレオタイプ的なドラマツルギーとして、トレンディドラマとして観る分には秀逸だったのではと思います。

ただ…

龍馬ァ! わしは攘夷の志を持って脱藩したがじゃ!? けんど、おまんがァ! これからは海軍がッ 日本の守り神になるちゅうき! それを信じて操練所に入ったがじゃ!? それが、この様じゃァ!! 結局、わしらは只の船乗りになってしもうた…おまんに騙されたがじゃ!!! 」と、沢村惣之丞が龍馬を責めてましたが「おまんに騙されたがじゃ!!! 」って、確かに龍馬に勧められ操練所へ入所したのだけれど、最終的には自分の意思で入っただろうに…『龍馬伝』の惣之丞って、、、もしかしたら「なんちゃって志士」なのかもと、私的に思ってしまいました。まあ、今回 「攘夷の志を持って脱藩したがじゃ!?」と吠えていた惣之丞も史実と照らし合わせれば、きっと『龍馬伝』でも薩摩藩へと行き、亀山社中(攘夷とは程遠い、貿易会社)の一員となるのですから…『龍馬伝』の沢村惣之丞はよく分からない人物だなと、私的には思います。。。

それから、「すまんのう 徳。この子を産んでくれた おまんには感謝しちゅう。このまま親子3人、ずっと一緒におられるゆうがは、この上ない幸せじゃ。けんど…けんど…わしには志があったがじゃ!? 志がッ…」と泣き崩れていた近藤長次郎ですが…彼、『龍馬伝』では、龍馬よりも先に勝海舟の弟子になり、勝邸で海舟の付き人をする位に可愛がられていた感があるのですが、「志がッ…」と泣き崩れるのだったら、なぜ、勝海舟のお付に戻らなかったのか。。。 脱藩していた事が足枷になっていたとしても、『龍馬伝』の勝は、その脱藩を容認していたのですから、長次郎が勝のところに戻る事は何ら障害はない筈。。。 蟄居の身となった勝とは言え、浪人となった龍馬たちと行動を共にするよりは、勝のところに戻った方が、長次郎の言う「志(『龍馬伝』の長次郎に攘夷などの思想的なモノは見えず、おいらは彼の言う志は立身出世だと捉えています)」を遂げられたと思うのは、おいらだけでしょうか。。。

…などの疑問が若干残ったりもしました(爆)

それと、溝淵広之丞…海軍塾が解散し、潜伏している脱藩志士の龍馬を、ああも簡単に見つける事が出来た事に、ビックリしてしまいました。描写はありませんが、もしかしたら、広之丞は必死で龍馬を探したのかもしれませんね。そんなに好きでない岩崎弥太郎の為に(苦笑) 弥太郎と言えば、龍馬へ届くかもどうかも分からない手紙を書いたり、どうする事も出来ないと家族に当たり散らしたり…前回の毒饅頭と言い、今回と言い、弥太郎の偽善ぶりが板に付いてきましたね。けれど、その偽善がなんとも人間らしいと思いました。ちなみに、今回の龍馬と広之丞、今生の別れみたいになっていましたが、史実だと1866年に広之丞は、龍馬と象二郎の仲介役をしていますので、『龍馬伝』でも その時にまた登場するかもしれません。『龍馬伝』って今生の別れのシーンと思って観ていたシーンが、実はそうではなかったという事が多いですよね。。。 次回の予告を観る限りでは、半平太もしくは以蔵と龍馬が再会している節がありますし…。こういった『龍馬伝』の展開に少々ゲンナリしている おいらです。。。

さて、龍馬が象二郎の前で大芝居を打った事により(龍馬の友人を救うための決意と、あの大芝居は、率直にカッコ良いなと思いました)、『龍馬伝』に於ける龍馬暗殺の首謀者は、後藤象二郎である可能性が増々高くなって来たなと思いました。今回 あそこまで、龍馬にしてやられた象二郎…。史実に照らし合わせると、この約2年後 1867年に、「船中八策」などの絡みで龍馬と象二郎は手を組む事となるのですが…『龍馬伝』では、この辺りをどの様に描くのでしょうかね。

今回、龍馬伝紀行で、土佐勤皇党員の田中光顕(たなかみつあき)が取り上げられていて、嬉しかったです。光顕は、1864年に土佐を脱藩し、高杉晋作の弟子となり、第二次長州征伐などで幕府軍と戦い、後に中岡慎太郎の陸援隊に幹部として参加した人物でもあり、龍馬、慎太郎が暗殺された時も、現場に駆けつけるなどしております。おいらなどは、この田中光顕を主役・狂言回しにした幕末の小説、ドラマがあっても面白いのではと思っております(o^。^o)

さてさて、次回は「半平太の夢」という事で…半平太が龍馬に夢を託し、散って逝く感じとなるのでしょうか。とにもかくにも、半平太好きとして見逃せない回になりそうです。次回は、参議院議員選挙の影響で放送時間がズレる様なので(地上波は19時10分からの放送みたいです)、ソレに気をつけて観ようと思います。






ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 レビュー

沢村惣之丞の船乗り発言、ヒドいですね。弥太郎には失望しました。ええ、偽善という言葉がぴったりです。
おおとの様の壊れっぷりももう飽きました。

つまり、今回、おもしろくなかったです。縄にしばりあげられて、つるされていくイゾー。すごいシーンでした。これだけ。よかったのは。

ところで、

> 『龍馬伝』でに於ける龍馬暗殺の首謀者は、後藤象二郎である可能性が増々高くなって来たなと思いました。

サラダオさん、常々おっしゃってましたが、いよいよそんな気がしてきました。

ホントにそうなったら、まっこと、まっこと、すごい創作ですね。いや、事実の可能性もあるんでしたっけ?龍馬暗殺の犯人は分からずじまいなんでしたっけ?

後藤象二郎役の人、目がますます、すごいですもんね。

イゾーへの拷問のシーンみてたら、マシンのように人切りしていたイゾーと、後藤象二郎は、対局だなあ、と思いました。

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 レビュー

どもども、chocoさん。

そうなんですよ。。。 惣之丞…ちょっと頂けないですよね。何と言いますか、メチャクチャにカッコ悪いです(爆) 弥太郎に関しては、これまた何と言いますか、実に人間臭いなと感じました。おいらなども追い詰められたら、龍馬の様な感じにはならず、弥太郎の様になってしまうんだろうなと思い、今回の香川照之さん演じる弥太郎を観ていました。本当は龍馬の様な行動を取れればカッコ良いのですが…おいらは、きっと弥太郎みたいにオロオロとしてしまうんだろうなと、不思議と弥太郎に共感している自分がいました(汗)

おおとの様ですが、chocoさんの仰る通りでしたね☆♪ 今回、大和田伸也さん演じる深山宗林が言ってましたが、おおとの様は、幕府の行く末など先を見過ぎて、ちょっと壊れてきている様ですよね。何故、半平太を投獄した時期から壊れだしたのか…と言う疑問が多いに残りますが。。。 chocoさんと同様に、おいらも、おおとの様の あの描写を観るのがキツくなってきています(苦笑)

そうですよね。今回の『龍馬伝』は、ちょっと観応えなかったですよね。。。けれど、chocoさんの仰る様に、佐藤健さん演じる以蔵は、情感が漂っていて良かったと、おいらも思いました。

そうなんですよ。龍馬暗殺の首謀者は誰だったかは、結局 分からず仕舞いなんです。暗殺首謀者には、京都見廻組説(佐々木只三郎)、薩摩藩説(西郷隆盛)、紀州藩説(三浦休太郎)、御陵衛士(高台寺党)説(伊東甲子太郎)、中岡慎太郎のとばっちり説(陸援隊の内部抗争)など色々と諸説あり、後藤象二郎の龍馬暗殺 首謀者説も、諸説の一つとして挙げられているモノなんですよ。龍馬暗殺の真実…これまた歴史ロマンですよね(* ̄▽ ̄*)~゚

青木崇高さん演じる後藤象二郎…ドえらい形相していましたよね…『龍馬伝』では、龍馬暗殺首謀者の第一候補だと思います。次点としては、高橋克実さん演じる西郷隆盛かなと、私的には思ってます。

確かに、官僚と現場という感じで、象二郎と以蔵は対局なのかもしれませんね。以蔵の意志に怯んでいた象二郎が印象的でしたよね。

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 レビュー

今 龍馬伝のHPにいったら、牢屋にこっそり尋ねてきた弥太郎と龍馬がに、武市さんってば、罪を認めて切腹するって、書いてますけど。なんなんですか、これ。

> 『龍馬伝』では、龍馬暗殺首謀者の第一候補だと思います。次点としては、高橋克実さん演じる西郷隆盛かなと、私的には思ってます。

ふむふむ。。ありえるかも。

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第27回 レビュー

どもども、chocoさん。

chocoさんのコメントを読み、おいらも観て来ました。『龍馬伝』のHP。。。 徳川家に尽くさねばならない山内容堂が、土佐藩に忠義を尽くそうとした半平太に自分を重ね…容堂は半平太の牢屋に出向き、半平太と自分(容堂)は似ていると声を掛ける…優しい声を掛けられた半平太は感激する。。。 そして、その夜、龍馬と弥太郎がこっそり半平太の牢へと忍び込む。。。 昼の容堂の言葉に感激している半平太は、龍馬たちに、罪を認め切腹する決意を伝える…なんて事が次回のあらすじに書かれていましたね。。。

これは…何とも絶句してしまう内容ですね。『龍馬伝』の容堂って…半平太を捕えるまでは散々彼の事を毛嫌いしており、あまつさえ部下(武士)としても認めていない節があったのに…何故に半平太に優しい声を掛けれるのか…次回の内容を観ないと何とも言えませんが、、、私的に推測するに、容堂の優しい言葉は、半平太に罪を認めさせる為の策謀なのではないか…と、勘繰ってしまいます。

そして、龍馬。。。 以蔵と再会や、手紙を通して半平太と接するのならともかく、直に半平太と再会するって。。。 第19回「攘夷決行」での龍馬が半平太に海軍に入ろうと言い、土佐へ行かないでくれと説得するシーンは一体なんだったのか!? と、思ってしまいます。次回、龍馬が半平太と会う事で、件(龍馬が半平太を説得)のシーンがあまり意味をなさないモノとなる様な…とても不吉な予感がしちゃいます。。。 ちょっと、これは次回もキツい内容になるかもしれませんね(爆) 茶番と帰す様なモノは観たくないですよ(切実)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/348-69e2761a

龍馬伝 第27話

「龍馬伝」(第27話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,寺島しのぶ,真木よう子,杉本哲太,大泉洋,奥貫薫,要潤,佐藤健,島崎和歌子,ピエール瀧,平岡祐太,青木...

大河ドラマ「龍馬伝」第27話「龍馬の大芝...

龍馬、再び土佐へ--------------!!どんな大芝居を見せてくれるのかと思えば・・・まさに芝居でしたねぇ。予想外の切り口でしたよ。操練所の皆と、これからどうするか迷う龍馬。そこで...
  • [2010/07/04 23:55]
  • URL |
  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ |
  • TOP ▲

『龍馬伝』 龍馬の大芝居

JUGEMテーマ:エンターテイメント海軍操練所の閉鎖で行くあてのなくなった土佐脱藩組。無理して陽気にふるまっていた龍馬の芝居もすぐ限界がきて、沢村と言い合いになりますが・・・。もっと極端な大芝居の幕があきます。その発端は弥太郎からの手紙。なんだか鞍馬天狗み
  • [2010/07/04 23:58]
  • URL |
  • ふるゆきホビー館 |
  • TOP ▲

龍馬伝 第27回 ひきのばし~~~~~

『龍馬の大芝居』内容海軍操練所が無くなり、各藩に戻る者もいる中、脱藩している龍馬(福山雅治)たちは、どうして良いか分からなくなっていた。だが、先日、、、出会った西郷(高...
  • [2010/07/05 00:00]
  • URL |
  • レベル999のマニアな講義 |
  • TOP ▲

龍馬伝~第27話 感想「龍馬の大芝居」

龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は西郷吉之助(高橋克実)が信じるに足る相手かどうか測りかねます。西郷の笑顔はどう見ても悪人面ですが、寺田屋お登勢(草刈民代)の薩摩への印象は悪くはありません。飛耳長目の登勢は神戸海軍操練所閉鎖も知っていますが、それを聞...
  • [2010/07/05 00:03]
  • URL |
  • 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • TOP ▲

『龍馬伝』第26回

~龍馬の大芝居~
  • [2010/07/05 00:33]
  • URL |
  • 悠雅的生活 |
  • TOP ▲

【龍馬伝】第二十七回

わしらは何ちゅうできん。勝先生を見送る時は、どうにかなると思うたんだけどな。わしらを雇うてくれる所はないものかの。操練所を出た脱藩士たちは、どうにもならない我が身を嘆く...
  • [2010/07/05 00:37]
  • URL |
  • 見取り八段・実0段 |
  • TOP ▲

「龍馬伝」第27回

   第27回「龍馬の大芝居」海軍操練所が閉鎖され、龍馬らは行き場を失っていた。龍馬は、お龍を預けた伏見の寺田屋に足を運ぶ。寺田屋の女将、お登勢に薩摩藩のことを聞こうと...
  • [2010/07/05 04:43]
  • URL |
  • 日々“是”精進! |
  • TOP ▲

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第27回「龍馬の大芝居」

七夕セールにボーナスセールにお中元セールに参院選セール!なんだか巷ではやたらと売り子さんやら選挙カーやらの声が響いております今日この頃、我らが龍馬伝でもサービスセールが展開しそう~~?今回は何だかもう、予告編から勝手に盛り上がってしまいました私でござい...
  • [2010/07/05 06:19]
  • URL |
  • 真田のよもやま話 |
  • TOP ▲

大河ドラマ「龍馬伝」第27話

第27回「龍馬の大芝居」
  • [2010/07/05 06:52]
  • URL |
  • またり、すばるくん。 |
  • TOP ▲

龍馬伝「龍馬の大芝居」 吠えるヒーロー

今年も半年暮らし文月となりまして、 大河ドラマ「龍馬伝」においても土佐からの文が龍馬を動かします。 冨美殿は板の間で寝て旦那様に思いを寄せておられる、幾く度の夜を耐え忍んでか。 物語は懐かしい顔ぶれを並べ、岩崎弥太郎からのよっぽどの手紙が、 龍馬を土佐...
  • [2010/07/05 07:54]
  • URL |
  • よかったねノート 感謝の言葉にかえて |
  • TOP ▲

【龍馬伝】第27回と視聴率「龍馬の大芝居」

【第27回の視聴率は7/5(月)に追加予定】いくら縁切状を書いても、身内が東洋殺しの犯人となったら、残された家族は酷い目に遭うんじゃないでしょうか?自分が東洋を殺したと...
  • [2010/07/05 09:18]
  • URL |
  • ショコラの日記帳 |
  • TOP ▲

★「龍馬伝#27」龍馬めっちゃヒーハー!!

初試み~ですが~twitterでとりあえずつぶやきます~のの雪のつぶやきnonotsubu坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 武市半平太(大森南朋) 武市冨(奥貫薫) 岡田以蔵(...
  • [2010/07/05 18:25]
  • URL |
  • ・*:・ふわゆら生活・:*・ |
  • TOP ▲

龍馬伝 第27回「龍馬の大芝居」

『龍馬伝』のお時間です。 あらすじ・・・・・・・・
  • [2010/07/05 21:12]
  • URL |
  • みはいる・BのB |
  • TOP ▲

龍馬伝27 逃亡者・坂本龍馬伝に改題ですか?

全国一斉地デジテストと言われて ドキドキしながら地デジテスト受けてる間に 大河ドラマ龍馬伝始まってしまった! で なんだってぇぇ?! わしは 土佐へ帰るき!! って 龍馬クン やっちまったな! 今までこれと云った 武勇伝がなかった龍馬クン いつも...
  • [2010/07/05 21:51]
  • URL |
  • ぱるぷんて海の家 |
  • TOP ▲

第27回「龍馬の大芝居」

明治維新、その先の新政府の樹立…これらの過程において、高知藩閥の力は鹿児島・長州の両藩閥に比べると、その規模ははるかに小さいものに終始した。内閣制度の新設においても大き...
  • [2010/07/05 22:48]
  • URL |
  • 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ |
  • TOP ▲

龍馬伝 第27回 「龍馬の大芝居」

あらすじ 龍馬(福山雅治)は寺田屋のお登勢(草刈民代)を訪ね、薩摩藩について話を聞こうとする。大坂の大和屋では長次郎...

大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者27弥太郎の悲痛に龍馬は土佐に戻り自ら悪役になる芝居を打つのだった・・・

4日大河ドラマ「龍馬伝」第27話を視聴した。 今回は海軍操練所が閉鎖され龍馬たちは どこへ向かおうとすれば良いのか迷っていた。 そんな中龍馬の元に溝渕広之丞が訪ねてきて、 弥太郎からの手紙に半平太と以蔵の苦しい姿を見ていられない という悲痛な手紙を手に...
  • [2010/07/06 06:28]
  • URL |
  • オールマイティにコメンテート |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第27回 「龍馬の大芝居」

珍しく酒以外の物を飲んでいる 山内容堂、 茶室で深山宗林から 「世の中には育ちが良い上に図抜けて賢いという方がおられるものであります。  羨ましくもあり、痛ましくもあり。」 「そういう方は周りが見え過ぎる。 先の先まで見えてしま...
  • [2010/07/11 15:27]
  • URL |
  • しっとう?岩田亜矢那 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第27回 「龍馬の大芝居」

珍しく酒以外の物を飲んでいる 山内容堂、 茶室で深山宗林から 「世の中には育ちが良い上に図抜けて賢いという方がおられるものであります。  羨ましくもあり、痛ましくもあり。」 「そういう方は周りが見え過ぎる。 先の先まで見えてしまう。 己の為せる限りま...
  • [2010/07/11 15:29]
  • URL |
  • こちら、きっどさん行政書士事務所です! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。