05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第40回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第40回 「清風亭の対決」を観ました。


Amazonにて龍馬伝 DVDの詳細確認が出来ます




ここ何回かの『龍馬伝』は、史実を曲解しまくって都合良くトレンディドラマとして、歴史を描いていた感がありましたが、今回ではこれまでの流れが嘘の様に…清風亭会談で整合を取る形で、時系列を史実へと合わせ来ましたね。『宇宙戦艦ヤマト』の 地球滅亡の日カウントダウン さながらに、『龍馬伝』では、龍馬暗殺のカウントダウンも強調されて来ていますし…今後は概ね史実通り歴史を描いてくれるのかなと、おいら淡い期待をしております。

さて、今回 描かれた清風亭会談ですが、史実に沿った実直な創作であったのでは と 私的には思い、好感を持って観る事が出来ました。そして、今回 一番 観応えあったのが…福山雅治さん演じる坂本龍馬が、後藤象二郎との会談で流した一筋の涙でした。あの涙は…日本の為や、自分の為でもなく、思想、哲学などから来るモノでもなく…武市半平太、平井収二郎、岡田以蔵ら弾圧された土佐勤皇党に対しての…朋友たちを想い 龍馬個人から純粋に流れた涙であったのだろうな…と感じました。あの涙の内には、半平太、修二郎、以蔵…そして 望月亀弥太、近藤長次郎、池内蔵太らと一緒に 世界という大海原を航行する…そんな光景が浮かんでいたのかもしれない…とも感じられました。そんな龍馬を演じた福山さんの熱意ある役作りに好感が持てました。他にも、嫉妬と心優しさが随所に垣間見れ、人間味溢れる岩崎弥太郎を演じている香川照之さんや、史実の後藤象二郎に近付こうとしているかの様に、モミアゲを伸ばしてきている 青木崇高さんの役作りも好感を持って観る事が出来ました。

さてさて、次回は「さらば高杉晋作」という事で、高杉晋作こと谷潜蔵の最後が描かれる様ですね。今回の清風亭会談が、史実だと1867年 1月。そして、次回描かれる 谷潜蔵の最後が史実だと1867年 4月。と、いう事は次々回では いろは丸事件を描くのでしょうかね。





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第40回 レビュー

宇宙戦艦ヤマト、ナイスな例えです。

サラダオさんおっしゃるとおり、整合性とれてきましたね、パズル合わせにも感じますが。

まず、冒頭の、お龍のハグにビックリしました。この二人、ちっともラブラブな新婚カップルにみえなかったですもんね。きっと、そういう書き込みが沢山あって、それを挽回すべく、Hugさせ、龍馬とお龍の関係も整合性でしょうか。銃の練習は、必要なかった気がしますが。

坂本龍馬と後藤象二郎、お手本みたいに立派な会談だったと思いますが、こんな短時間で話が決着するものなんでしょうか?って、ドラマ用に縮めてるだけにしても、実際は、どれくらいの期間かかったんでしょう。

最近話題の外交問題に重ね合わせて、日本はかつて、こんなふうに、必死で前だけを向いて行きていた時代もあったのか、と思っている人もいるんでしょうね。

今の時代に、坂本龍馬みたいに、先見性のある政治家、がいたら、なんて、ね。

あと、今日、久々に土佐弁を沢山聞いた気がします。

ところで、あの後藤象二郎@龍馬伝がそんなに物わかりがいいとは思えないんですけど、やっぱり暗殺の黒幕ですかね?

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第40回 レビュー

どもども、chocoさん。

何か『宇宙戦艦ヤマト』を彷彿とさせてますよね。あのカウントダウンは(苦笑)

おそらく、今後は概ね史実に沿うかたちで『龍馬伝』は展開されるんじゃないかなと…
そうなれば よいなと私的に淡い期待を抱いています。

お龍のハグ。chocoさんの仰る様に、龍馬とお龍の関係をより強調する為の演出かもしれませんよね。こういったシーン。暗殺される龍馬の悲劇性を増長させる為の演出として…もしかしたら、今後もあるのかもしれませんね。確かに、銃の練習シーンは別段 必要なかったように、おいらも思います。

坂本龍馬と後藤象二郎の会談ですが、史実でも一日で終了しています。ただ、史実では 土佐勤皇党の事件はありますが…それ以外に龍馬と象二郎の間に おいらが知る限りでは『龍馬伝』で描かれた様な因縁は一切ないんですね。その事を踏まえた上で、史実だと、龍馬と象二郎は この会談までは初対面だった事もありますし(龍馬は郷士という身分から 上士の象二郎を知っていた可能性はありますが)、二人の会談は至ってビジネスライクとして進められたと思われます。現在に例えると、個人経営の事業主と、大企業の専務あたりが事業提携の契約を済ませる様な感じだったのでは、と思います。あと、史実では 1866年の11月ごろから、溝渕広之丞を介して、土佐藩は亀山社中と接触しており、1867年1月の清風亭会談までに、大体の契約内容は決定していた可能性もあり、だからこそ 一日で会談が終了し、協力体制を築く事となったのでは、と思います。『龍馬伝』では残念ながら、会談が決定した後の土佐藩と亀山社中のやりとりは、描かれていませんでしたよね。。。

chocoさんの仰る様に、『龍馬伝』を観ている人たちのなかには、現在の外交問題に重ねて観ている人もいらっしゃるんでしょうね。おいらなども、現在にも 必死で自国の事を考えて前に進もうとする政治家(志士)の人が居れば…と、切に思います。

ええ、今回は土佐弁 満載でしたね。おいらも久々に沢山聞きました。

うーん、どうでしょう。『龍馬伝』での暗殺実行犯が見廻組という事ですから…史実では 象二郎と見廻組の接点が全くないので、象二郎が暗殺の黒幕というのは可能性は低いと思います。ただ、『龍馬伝』ですからね…もう、びっくりする様な人物 それこそ象二郎が黒幕かもしれませんよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/400-390f639c

『龍馬伝』 清風亭の対決

JUGEMテーマ:エンターテイメント長崎での商売がうまくいかない弥太郎は、さらに後藤からの難題を受けます。それは坂本龍馬を探して、後藤象二郎に会わせること。無茶としか言いようのない指示でも、やむなく駆けまわる弥太郎でしたが・・・。お元に愚痴っていて彼女の身
  • [2010/10/03 22:05]
  • URL |
  • ふるゆきホビー館 |
  • TOP ▲

「龍馬伝」 第40回、清風亭の対決

大河ドラマ「龍馬伝」。第40回、清風亭の対決。 龍馬 VS 後藤。最終戦。 あまり大物感のない土佐の参政・後藤象二郎との対談ですが、 今まで積み上げてきた経緯もあり、なかなか面白かったですね。 ...
  • [2010/10/03 22:07]
  • URL |
  • センゴク雑記 |
  • TOP ▲

『龍馬伝』第40回

~清風亭の対決~
  • [2010/10/03 22:08]
  • URL |
  • 悠雅的生活 |
  • TOP ▲

大河ドラマ「龍馬伝」第40話

第40回「清風亭の対決」 
  • [2010/10/03 22:12]
  • URL |
  • またり、すばるくん。 |
  • TOP ▲

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第40回「清風亭の対決」

ぱんぱかぱ~~~ん!と今週も龍馬伝のお時間がやってまいりました!領土抗争で日本が腰砕けになっても、天下の検察が自分で犯罪行為でズタボロになっても、地元の浜星球団が三年連続最下位で存亡の危機でどっかに島流しになりそうでも、それでも変わらずやってまいります...
  • [2010/10/03 22:14]
  • URL |
  • 真田のよもやま話 |
  • TOP ▲

第40回「清風亭の対決」

龍馬が無事に長崎に戻ってきた…亀山社中の仲間たちも意気揚々と戻ってきた。しかし、荒らされていた。やはり長崎奉行の手の者の仕業であったか…ターゲットは龍馬。「ヤツは2度と...
  • [2010/10/03 22:17]
  • URL |
  • 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ |
  • TOP ▲

大河ドラマ「龍馬伝」第40話「清風亭の対...

大政奉還の為の足掛かりを------------------!!あらら、お龍は龍馬のために銃の撃ち方まで習ったのね。龍馬が戻って来てめちゃめちゃ嬉しそうに抱きつく姿が可愛い♪すっかり恋する乙女...
  • [2010/10/03 22:17]
  • URL |
  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ |
  • TOP ▲

龍馬伝40 坂本竜馬暗殺の黒幕は!?

龍馬暗殺 最後の謎 やっぱり毎回カウンドダウンやるのね。 竜馬暗殺まで あと10ヶ月! 龍馬だいっ嫌いの 弥太郎クンが云うから 余計に裏がありそうで・・・。 それに コレが世に言う清風亭会談! と弥太郎クンが云ってたけど 世に言う って ...
  • [2010/10/03 22:25]
  • URL |
  • ぱるぷんて海の家 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第40回 「清風亭の対決」

半平太や以蔵を殺した後藤象二郎を 最後の最後まで斬ろうと葛藤した そんな龍馬の心象風景を完全無視ですか? それを受けた 亀山社中(海援隊)の面々達の やりきれない怒りも、 シェイクハンドひとつ手打ちですか? それを弥太郎...
  • [2010/10/03 22:28]
  • URL |
  • しっとう?岩田亜矢那 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第40回 「清風亭の対決」

半平太や以蔵を殺した後藤象二郎を 最後の最後まで斬ろうと葛藤した そんな龍馬の心象風景を完全無視ですか? それを受けた 亀山社中(海援隊)の面々達の やりきれない怒りも、 シェイクハンドひとつ手打ちですか? それを弥太郎のドタバタ喜劇だけで 45分...
  • [2010/10/03 22:31]
  • URL |
  • こちら、きっどさん行政書士事務所です! |
  • TOP ▲

龍馬伝 第40回 清風亭の対決

『清風亭の対決』内容龍馬(福山雅治)たち亀山社中の活躍もあり、木戸(谷原章介)高杉(伊勢谷友介)らの長州軍は、長州征伐にやってきた大軍勢の幕府軍を馬関において撃破に成功...
  • [2010/10/03 23:28]
  • URL |
  • レベル999のマニアな講義 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第40回 「清風亭の対決」

坂本龍馬と後藤象二郎の対決、久しぶりに普通に楽しめました。青木崇高さんが福山さん
  • [2010/10/03 23:36]
  • URL |
  • くまっこの部屋 |
  • TOP ▲

龍馬伝 第40回「清風亭の対決」

『龍馬伝』のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・・・・・・・
  • [2010/10/04 00:21]
  • URL |
  • みはいる・BのB |
  • TOP ▲

龍馬伝 第40回「清風亭の対決」

いつも思うのですが、逃げ隠れしない龍馬が様々な追っ手からどうして逃れることができるのかすごく不思議です。今までそれを公言していて、新撰組、土佐藩などから追われていたにもかかわらず、そういった人たちから逃れなくても生き延びるだけでなく、事態を好転させてき...
  • [2010/10/04 00:41]
  • URL |
  • あしたまにあーな |
  • TOP ▲

「龍馬伝」第40回

  第40回「清風亭の対決」馬関での戦いを終えた龍馬は長崎に戻るが、お尋ね者になっていて出歩けない。土佐商会の主任として長崎で商売をしたい弥太郎だが、どこへ行っても龍馬...
  • [2010/10/04 05:17]
  • URL |
  • 日々“是”精進! |
  • TOP ▲

龍馬伝 40

草々さん ちょっこし太った?・・・と思ったら役作りのために増量したみたいですね今日は手に汗握る清風亭・・・だけでしたね次回やっと中岡さんが・・・高杉さんは・・・お龍のピ...
  • [2010/10/04 07:25]
  • URL |
  • しなもにあ |
  • TOP ▲

★「龍馬伝#40」象二郎は大バカじゃない...

今日も「龍馬伝」楽しみました~第40回「清風亭の対決」坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 木戸貫治(谷原章介) 沢村惣之丞(要潤) 後藤象二郎(青木崇高) 陸奥...
  • [2010/10/04 08:21]
  • URL |
  • ・*:・ふわゆら生活・:*・ |
  • TOP ▲

龍馬伝 第40回 「清風亭の対決」

縺ゅi縺吶§ # 阮ゥ髟キ縺ィ郢九′繧後→縺?≧螳ケ蝣ゑシ郁ソ題陸豁」閾」?峨?蜻ス縺ァ縲∬ア。莠碁ヮ?磯搨譛ィ蟠?ォ假シ峨?莉翫∪縺ァ縺ョ諤ィ蠢オ繧剃ケ励j雜翫∴縺ヲ鮴埼ヲャ?育ヲ丞アア髮?イサ?峨→莨壹≧豎コ蠢...

大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者40象二郎との会談で一歩も引かず身分を超えた対等を勝ち取った

3日大河ドラマ「龍馬伝」第40話を視聴した。 今回は馬関の戦いで勝利した長州と亀山社中だったが、 この事により龍馬は幕府から要警戒人物として 幕府から指名手配される事になった。 そんな中土佐藩の後藤象二郎は容堂の命を受けて 密かに長州と薩摩と手を結ぶよ...
  • [2010/10/06 21:31]
  • URL |
  • オールマイティにコメンテート |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。