03 | 2017/03 | 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 『龍馬伝』 第46回 レビュー 

大河ドラマ 『龍馬伝』 第46回 「土佐の大勝負」を観ました。


Amazonにて坂本龍馬 関連DVDの詳細確認が出来ます




今回の『龍馬伝』…薩土盟約が解消されていないという、これまた歴史・史実を極度に曲解し描かれていたり(史実だと、坂本龍馬が土佐へと戻る前の9月7日に、薩土両藩の意見の違いから盟約は解消されています)、龍馬が意見した大政奉還の解釈に結果論(現代の視点・価値観)から来た観念が多分に盛り込まれていたり(大政奉還はあくまで、徳川幕府に政権を返上させる、政権奪取の方法でしかなく、この時点で武士という身分が無くなるという発想は、いくら龍馬と言えど飛躍し過ぎなのでは…と、私的には思います。武士という身分が消失したのは、日本が欧米に屈し、西洋化の波に呑みこまれた結果でしかないのですから…)、と、歴史ドラマとして観ると やはり微妙でした…。

が、しかしですね。前回とは打って変わって、坂本龍馬 最後の帰郷を描いた今回は…坂本家での一家団欒(いっかだんらん)及び、岩崎家を交えた酒宴シーン(特に、岩崎弥次郎役の蟹江敬三さんと、岩崎美和役の賠償美津子さんの情感溢れるお芝居が、本当に素晴らしいと感じました)や、後藤象二郎の龍馬に対する心情を吐露するシーン(これまた、青木祟高さんの芯のあるお芝居が素晴らしいなと感じました)に、坂本龍馬が武市半平太を語るシーン(欲を言えば、半平太の墓前で龍馬が語るシーンがあれば、もっと良かったのですが)や、山内容堂と後藤象二郎が盃を交わすシーン(容堂役の近藤正臣さんの 深みを感じさせるお芝居がこれまた素敵でした)。そして…桂浜での坂本兄弟のシーン(坂本乙女役の…弟を心底想う、そして弟 龍馬がとてつもなく大きな存在になり、手の届かない…もう 自分(乙女)の手では、弟を守る事の出来ない…そう言った切なさに加え、立派に成長した弟への喜びという姉の心情を、見事に一直線に表出させていた…寺島しのぶさんのお芝居が、本当に素晴らしくて、おいら 胸が熱くなりました)など、ドラマとしては非常に観応えがありました。もう、今回を観終え、前回の あの惨状は一体何だったんだろう…と思ってしまう程でした(苦笑)

さて、次回は「大政奉還」という事ですが、予告を観ますと…あ、あの方が!? あのお方が!☆ あの勝が☆! あの海舟が!♪ あの麟太郎が♪! あの…武田鉄矢さんが☆☆☆ 勝麟太郎を演じる武田鉄矢さんが♪♪♪ そうなんです、武田鉄矢さん演じる勝麟太郎が、『龍馬伝』に再び登場するみたいなんです☆♪☆♪☆♪(← しつこくってすみません(照) ) これは、もう 次回が本当に楽しみです(嬉)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第46回 レビュー

はーい、ドラマとしてはバッチリでしたね、今回。やればできるじゃん。

大殿様が龍馬の目の前に座ったのだけが余計でした。「ああ、牢屋での武市さんの話をするんだな」ってすぐわかるじゃない、わざとらしい。

それを除いても、大殿さまも、他の皆さんも、よかったですねー!

乙女ねえやん、期待してましたが、期待以上でした。
私もちょっとホロっとしました。

あんなに愛されて、龍馬ってば、いいなあ。

リアル桂浜ってほんとあんな感じなんですよね。

あの海で、ああやって、子供の頃から一緒に遊んでたんですね。

この姉弟が、もう二度と会えないて、泣けます、ホントに。

そして、 やっぱり勝先生再登場ですね!!

ぱちぱちぱちー!

Re: Re: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第46回 レビュー

どもども、chocoさん。

歴史ドラマとしては…記事に書いてある以外にも、史実では 京都の居る筈の後藤象二郎が、『龍馬伝』では土佐に居たりと…微妙な内容となっていましたが、ソレを忘れさせる程に、象二郎演じる青木祟高さんを はじめとする役者さんたちのお芝居が素晴らしくて、今回は通常のドラマとしては とても観応えありましたよね。今回を観て、もう本当に前回は何だったのかと思ってしまいました(苦笑)

乙女ねえやんを演じる寺島しのぶさんも、本当に素晴らしかったですよね。姉の弟を心底想う情感が、画面を通して伝わって来ましたよね。もう、今回のラストシーンには観入ってしまいました。龍馬と乙女ねえやんが過ごした 桂浜、とっても素敵な場所ですよね。そうなんですよね、会えないんですよね。この二人は。もうちょっと、二人のシーンを観ていたいですよね。

ええ☆♪ 武田鉄矢さん演じる勝先生が、次回 再登場しますね。本当に嬉しくて、予告を観た時は「おおっ!」と、思わず声が出てしまいました(照) 次回の『龍馬伝』とっても楽しみです☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/421-41b5578d

『龍馬伝』第46回

~土佐の大勝負~
  • [2010/11/15 00:28]
  • URL |
  • 悠雅的生活 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」 龍馬は山内容堂と面談したりしてませんが、、、

まず第一に、龍馬が桂浜に降り立った時点で 未だ脱藩者の大罪人である。 だから「安芸広島 浅野家家来 小沢庄次」 と変名させて藩庁に届け合法的に滞在させているのである。 この滞在中に二度目の脱藩の罪は許されるのであるが 「内決ゆえ公然...
  • [2010/11/15 00:42]
  • URL |
  • しっとう?岩田亜矢那 |
  • TOP ▲

大河ドラマ 龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」 龍馬は山内容堂と面談したりしてませんが、、、

まず第一に、龍馬が桂浜に降り立った時点で 未だ脱藩者の大罪人である。 だから「安芸広島 浅野家家来 小沢庄次」 と変名させて藩庁に届け合法的に滞在させているのである。 この滞在中に二度目の脱藩の罪は許されるのであるが 「内決ゆえ公然城下を歩かぬよ
  • [2010/11/15 00:42]
  • URL |
  • こちら、きっどさん行政書士事務所です! |
  • TOP ▲

龍馬伝 第46回「土佐の大勝負」

『龍馬伝』 のお時間です。 あらすじ・・・・・・・
  • [2010/11/15 00:42]
  • URL |
  • みはいる・BのB |
  • TOP ▲

大河ドラマ「龍馬伝」第46話

第46回「土佐の大勝負」 
  • [2010/11/15 02:26]
  • URL |
  • またり、すばるくん。 |
  • TOP ▲

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第46回「土佐の大勝負」

キャラは立ってる熱演してる、その場その場を見ているとテンション高くて引っ張り込まれる、セットも衣装もスケール感とリアル感が満載で迫力ある映像で好印象。ただまあ、人物の変化とか伏線とか歴史の成り行きとかはあまり重視していない感じがしました。あと、幕府側の...
  • [2010/11/15 08:28]
  • URL |
  • 真田のよもやま話 |
  • TOP ▲

龍馬伝46 後藤伝&容堂伝に武者震いするがじゃき

龍馬伝最終回は時間変更ってホントかぇ? 龍馬伝は16時15分から 坂の上の雲が17時半から って ホントにホントですか? 容堂)答えや 坂本 武士も大名ものうなった 世の中に何が残る? 何が残るがじゃ! 龍馬)日本人です。 異国と堂々と渡り合う日本人....
  • [2010/11/15 09:40]
  • URL |
  • ぱるぷんて海の家 |
  • TOP ▲

龍馬伝 第46回 感想「土佐の大勝負」

龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は千の鉄砲と大政奉還の腹案で故郷土佐藩に凱旋します。坂本家の人々とも久しぶりに再会しますが、脱藩して二度と会えないと思っていたので喜びもひとしおです。 しかし、あまりに長い歳月が流れており、継母・伊與(松原智恵子)は亡...
  • [2010/11/15 10:20]
  • URL |
  • 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • TOP ▲

大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者46容堂に龍馬の今までの功績を認めさせ大政奉還を容堂に決断させた

14日大河ドラマ「龍馬伝」第46話を視聴した。 今回は龍馬は象二郎に伴われて土佐に戻った。 象二郎は容堂に龍馬に会うよう説得するが、相手にしない。 そんな中龍馬は久しぶりに坂本家に戻り、宴会を模様した。 そして龍馬を会すために象二郎は龍馬が薩長を結び付...
  • [2010/11/15 22:43]
  • URL |
  • オールマイティにコメンテート |
  • TOP ▲

龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」

あらすじ 龍馬(福山雅治)は大政奉還の建白書を書かせようと容堂(近藤正臣)と対決。後藤(青木崇高)と共に説得し容堂は建白書を書く。乙女はそんな龍馬の行く末を心配していた。 龍馬(福山...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。