03 | 2017/03 | 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国絢爛チョコ その五 

戦国絢爛チョコ その四に引き続き、今回も戦国絢爛チョコの武将カードをご披露させて頂きます。
今回、ゲットした新規武将カードはこちらでございまする!


伊達 政宗

*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。


◆ No.002 『 伊達 政宗 』
★ホロ仕様カード★ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/7 武力/7 政治力/7 魅力/8 運/7】
◆ 総合力/3,600




おお! 日野さんが描く『 伊達 政宗 』。独眼竜の雰囲気が出ており、カッコ良いですねー☆

政宗は、関ヶ原の合戦では戦場に参陣はしていないものの、最上の援軍として最上領内に侵攻して来た上杉軍と激闘を繰り広げています。「長谷堂城の戦い」等の最上・伊達軍(西軍) 対 上杉軍(東軍)この一連の動きを「慶長出羽合戦」と呼んだりします。

政宗は、豊臣政権時代から、隙あらば天下を取ろうとしていた謀略家として有名です。例えば、どんな謀略をしていたかと言いますと…秀吉の小田原征伐時には、同盟関係にあった後北条氏と連携し秀吉を倒そうとしたり、葛西大崎一揆を煽動し領地拡大を狙ったり、自国の石高を偽って富国したり、ローマへ慶長遣欧使節を送ったり等していた様です。この他にも政宗の謀略に関する記述は列挙に暇が無いほどです。

若い頃の政宗は「あと20年早く生まれていれば……(天下が取れたのに)」と嘆く程の野心家だった様です。

後年はその野心を抑え、三代目将軍『 家光 』によく仕えたと言われていますが…。平時、治世には適さぬと政宗自身が言っていた山城である「仙台城」から、生前、政宗は本拠地を一度も他城へと移さなかった事から、死の直前まで虎視眈々と天下を狙っていたのでは…という説もあります。

そんな『 伊達 政宗 』の能力値ですが、妥当だと思います(^-^)



足軽/宮本 武蔵

*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。


◆ No.030 『足軽/宮本 武蔵』
☆ノーマルカード☆ 絵師:沙村 広明
◆ パーソナルデーター 【知力/2 武力/4 政治力/0 魅力/5 運/3】
◆ 総合力/1,400




おおおおおーーー★☆━(*≧∇≦*)━☆★ーーーーー♪ 沙村 広明さんが描く『足軽/宮本 武蔵』ゲットでございまする~♪♪ いや、もうこれは見事なそして素晴らしいイラストですね。おいら、感無量です。良すぎますよー、このイラストは\(●▽●)/ ありがとう、戦国絢爛チョコ★ ありがとうございます、沙村さん☆


……
………コホン(← 喜びを落ち着かせる為の咳払い)。

さて、イラストが最高な『 宮本 武蔵 』こと、『 新免 武蔵 』ですが、関ヶ原の合戦当時、まだ剣豪として名は馳せておらず、いち足軽として関ヶ原に参戦しています。どの大名の足軽として参加していたかには諸説ありますが…東軍の黒田家の足軽だったという説が現在では最も有力みたいです。戦国絢爛チョコでは、その黒田家足軽説を採用しており、武蔵は東軍に与しています。ちなみに他の足軽説には、西軍の宇喜多家である『 明石 全登 』の足軽として関ヶ原に参戦していたというのもあります。

武蔵の能力ですが…。うーん、武将でも大名でもなく、いち足軽なので…これくらいの能力値が妥当なのかもしれませんね(~ヘ~;)



小早川 秀秋

*画像をクリックすると別ウィンドウにて画像が拡大されます。


◆ No.004 『 小早川 秀秋 』
☆ノーマルカード☆ 絵師:日野 慎之助
◆ パーソナルデーター 【知力/3 武力/9 政治力/4 魅力/4 運/3】
◆ 総合力/2,300




日野さんの描く『 小早川 秀秋 』。 聡明さ漂う雰囲気が良いですねー☆

秀秋は、『 豊臣秀吉 』の正室『 ねね 』の甥に当る武将です。秀秋は、よく暗愚の将として扱われていますが、実は暗愚ではない武将だったとおいらは思っています。確かに、筑前太守であった頃は不品行で「胡乱の人」という悪評が事実としてありますが、慶長の役で、敵軍に囲まれ窮地に陥った『 加藤 清正 』軍を見事に救出していますし、関ヶ原本戦後には家康の命で他武将と連携を取り、三成の父『 石田 正継 』が守る佐和山城を落城させてもいるのです。 関ヶ原後の岡山藩主時代では、2年という短い歳月でしたが、治世を施す政を行っていたともあります。

そして何よりも秀吉が他の血縁者を押し退け、秀秋を、名将『 小早川 隆景 』の養子にした事や、関ヶ原の合戦に於いて戦術的要地である松尾山に陣を布いた事、更に大軍(1万6千の兵)を率いて東軍への寝返りに成功している事(土壇場での判断ではなく、合戦前からの秀秋の戦略が功を奏したから、寝返りが成功したという説が有力)。等などこれらの事から、おいらにはどうしても『 小早川 秀秋 』が暗愚であったとは思えないのです(→.←)

『 小早川 秀秋 』は、今後、再評価が望まれる武将の一人だとおいらは思います☆

さて、秀秋の能力値ですが…関ヶ原の寝返りが評価されたのでしょうが…ちょっと武力が高い気がしますね。あと、知力、政治はもっと高くてもよいのではと、私的には思います。


さてさて、2BOX目も完食しましたー♪ そしてヤリましたー☆ この度、武将カード 全30種のコンプリートを達成しましたー★ ヽ(*^▽^*)ノ ☆♪ そして只今、残りの、最後の1BOX(3BOX目)をパクつき中です。これでシークレットが出れば、とても嬉しいのですが…。シークレットがもし出ましたら、こちらでまたご披露させて頂きますね☆★



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/46-5dbb894c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。