04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 第6話 レビュー 

第6話「発射! 光子力ビーム!!」を、先程リアルタイムで観ましたー☆☆


マジンガーZ UMC




第2話から始まり、その白熱と迫力ぶりに見応え溢れ、私的に夢中で観ていた熱海攻防戦が、今話で遂に終結しました+。:.゚ヽ(●´Д`●)ノ゚.:。+゚☆ 熱海攻防戦、最高でした!

ストーリーの方はと言いますと…爆撃獣 グロイザーX10を投下され、正に絶体絶命の甲児たち。そこに現れた、くろがね屋の女将 錦織つばさが「早く打つんだよ。光子力ビームをね…!」と甲児たちに向かい言い放つ…というとっても気になるところで前話の5話から、今話の第6話へ続くとなったのですが…その今話は、熱海攻防戦から一夜明けた日から始まり、暗黒寺警部が甲児を取り調べるシーンを軸にフラッシュバック的な演出手法で、熱海攻防戦の結末と、その後の出来事(Dr.ヘルの考察、弓教授の回想、十蔵博士と錦織つばさの関係など)が語られ…グロイザーX10爆発後に行方不明となったパイルダーを巡る流れへと展開し…続くとなりました。

さて、今回も演出、脚本、画のカット、音楽の使い方、作品構成全体が実に素晴らしかったです。今話は特に甲児の弟 シロー君が、十蔵博士こと、お祖父ちゃんを想うシーンが良かったです。あと、その後のカツ丼のシーンも。シロー君のお祖父ちゃんを想うシーンの後に、ギャグテイストのカツ丼のシーンが差し込まれる…緊張と緩和、メリハリがとても良く利いていたと私的には感じています。ああいう、何気ないシーンってセンスが問われますが、もうこの作品のセンスは抜群に良いと、これまた私的に感じ入っています。素敵です☆ 今川監督、スタッフの皆さん。素敵です☆ 真マジンガー 衝撃! Z編 on television (ノ´▽`)ノ♪

さてさて、今話で私的に注目したのは、弓教授の回想に登場する「ジャパニウム鉱石」の発見当時の形です。まるで、「5本の指」が何かを掴もうとしている「手」の様なその姿…とても気になります。1話で登場したマジンガーZのパワーアップ形態と「ジャパニウム鉱石」の姿形は、何か関係があるのでしょうかね。。。

そして、甲児を取調べしている暗黒寺警部…。あの暗黒寺警部は本物なのでしょうかね。もしかしたら、あしゅら男爵が変装している姿なのでは…? なんて事をおいらは思っています( ̄ω ̄)

それから、くろがね屋の面々(ヤス、クロス、先生)を率いて颯爽と甲児を助けに行く錦織つばさのなんとも格好良いこと、、、そのくろがね屋のシーンから、Dr.ヘルが、錦織つばさに関する衝撃のセリフを言うシーンとなり、、、次回に続くとなってしまっては…もう、来週の第7話「伝説! バードス島の機械獣!」が待ち遠しくて堪りませんよーーーーーー♪♪♪ 次回では、十蔵博士、Dr.ヘル、錦織つばさの過去も語られるみたいなので、これまた楽しみですヾ(≧∀≦)ノ"


― 追記 ―


くろがね屋の女将「錦織つばさ」の事が気になり、ちょこっと調べてみましたら、原作者である永井 豪さんのマンガ作品「ガクエン退屈男」「バイオレンスジャック」等に登場しているキャラクターだったのですね。「ハレンチ学園」「あばしり一家」のキャラクターもピンクチラシという形でですが登場していましたし、今作でもバッチリと今川監督のスターシステム演出は健在ですね☆ おいら、永井さんのマンガ作品を、きちんと知っているのは「デビルマン」だけで、他の作品はあまり知らないので、これからは『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』で新たにキャラクターが登場したら、ちょこっとそのキャラクターの事を調べてみて、永井さんのマンガ作品への造詣を、これまたちょこっとですが深めてみようかな。。。なんて思っちゃてます(o^-^o)





『真マジンガー 衝撃! Z編 on television 第6話』 心に残った台詞


クロス。先生。安。ちょいと付き合いな ひと暴れしようじゃないか!


(第6話 劇中 錦織つばさの台詞より引用)






ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/68-2c56bcf1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。