07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』 第12話 レビュー 

第12話 「脱出! 海底要塞サルード!」を、先程リアルタイムで観ましたー♪♪♪♪♪


アニメ 真マジンガー 衝撃!Z編



今回のストーリーは…

あしゅら男爵の策略により、海底要塞サルードに捕われた甲児たち。捕われた甲児は牢屋で、1人だけの力では何も出来ず…戦えないという事に気付くのであった…。

マジンガーZを捕獲したあしゅら男爵はとても上機嫌だった。マジンガーZをDr.ヘルに献上するのが少々惜しくなったあしゅら男爵は…Dr.ヘルに献上する前にと…なんと!? パイルダーの操縦を楽しむ♪のであった。 とんでもなく上機嫌なあしゅら男爵は、パイルダーとマジンガーZのドッキングを試そうとするが…あえなく失敗(爆笑) 一転、不機嫌となったあしゅら男爵は悪態を吐き、自分の部屋へと去って行くのであった(大爆笑) そんな事があったパイルダーに隠れていたボス、ヌケ、ムチャの3人はあしゅら男爵の去った隙を突き、見張りのあしゅら軍団兵士を倒す。ボスたちは、倒した兵士に変装して、甲児とさやかを救うのであった。

甲児たちがさやかと合流した頃、海底要塞サルードは、ブロッケン伯爵が駆る飛行要塞グールの攻撃を受けていた。戸惑うあしゅら男爵に、ブロッケン伯爵は言う「マジンガーZをバードス島に運び込む事を危険と判断したDr.ヘルの命令により、海底要塞サルード諸共マジンガーZを海の底へと沈める」と。その言葉を聞き、慟哭するあしゅら男爵であった。あしゅら男爵 vs ブロッケン伯爵!? 海底要塞サルードの人口島を切り離し攻撃するあしゅら男爵であったが、飛行要塞グールから放たれた爆撃獣の攻撃を受け、サルードの機関部が停止してしまう。ブロッケン伯爵は、サルードが停止したのを機にバードス島へ帰還するのであった。グールが去った事を確認したあしゅら男爵は、サルードを放棄する事を決意…あしゅら軍団に退避命令を出すのであった。

サルードが停止する最中 甲児たちは、マジンガーZが置かれている格納庫へ辿り着いていた。だが、そこに最後のガミアQことQ5が現れる。甲児 vs Q5 ! さやかの助けを借り、ガミアQを撃破する甲児。その後、甲児はみんなと一緒にマジンガーZへ乗り込む。マジンガーZで海底要塞サルードから脱出しようとしたその時、あしゅら男爵が甲児たちの前に現れる! あしゅら男爵は、「サルードの原子炉が爆発する。いくらマジンガーでも核爆発には耐えれまい!」と捨てセリフを吐き海底要塞サルードから脱出するのであった。

甲児たちもマジンガーZでサルードから脱出したが…海底の泥濘にハマリ込み脱出する事が出来ず、絶対絶命の危機に陥ってしまう!? だが! しかし!! その時!! 大出たちロボット軍団がジェットスクランダーを、マジンガーZの元へと運んでくるのであった!!!! ジェットスクランダーとドッキングしたマジンガーZは空を飛び、危機を脱するのであった。

…戦いが終わり、くろがね屋にて三博士を接待する面々。そこには仲間の大切さを知り、大出たちとガッチリ握手する甲児の姿もあった。甲児たちが仲間の結束を強めている中、くろがね屋の地下格納庫にいる錦織つばさは、ガミアQを造った人物シュトロハイムのいるドイツへ向かう決意を固めていた。

と、いう所で今話は終了となりました。


あしゅら男爵が人払いした後、「そしてパイルダー よく見れば可愛い奴」等のセリフを言い、パイルダーを操縦するシーンから始まり、あしゅら男爵のシャワーシーン(*/▽\*) 三博士のお菊姉さんにお酌を頼むシーンなど…もう、私的に大爆笑でした。かと思えば、甲児が仲間の大切さに気づく重要なファクターも描かれている今話は、緩急が利いていてとても素晴らしい内容の回だったと思います。

他にも、あしゅら男爵 vs ブロッケン伯爵の対決シーン。ボスが「無事に熱海に帰れたら、俺ともう一度勝負しろ」と、甲児に男気を見せるシーン。大出たちロボット軍団が「 」と叱咤激励し、ジェットスクランダーを運んでくるシーン。甲児と大出たちがガッチリと握手し仲間として認め合うシーンなど見所が満載で最高でしたo(〃'▽'〃)o♪

それにしても今話は、ボスたち番長組が大活躍でしたね☆ まさか、ヌケが酔拳の日本チャンピオンで、ムチャは忍術の心得があるなんて、ビックリです!? しかも二人とも強い!おいらのなかで 番長組の魅力が更に増しました☆☆

それから、「寂しそうですね。あしゅら様」とあしゅら男爵に声をかける兵士。そしてその声に答えるあしゅら男爵のシーンが今話にはあったのですが…この辺りから、あしゅら男爵は、機械獣だけでなく兵士たちにも慕われているみたいですね。私的にはそう感じてしまい、またまた、あしゅら男爵に惹かれてしまったおいらです。ただ、致し方がない事だったとは言え…機械獣キングダムは救ってあげて欲しかったなぁ…と思ってしまった、おいらもいます。指揮官って辛い立場ですね、あしゅら男爵(●´・ω・`●)/

更に、錦織つばさのガミアQを造った人物は、「シュトロハイム」という発言もありました。ガミアQを造ったのは、甲児のお父さんではと睨んでいたのですが…どうやら的外れだった様です((ノД^*) シュトロハイムって、確か第1話に登場していた顔に機械ぽっいモノを付けていた人物ですよね。彼が物語にどう絡んでくるのか、とっても気になります。

さて、次回は「初恋? 美少女ローレライ!」という事ですが…このタイトルは一体!? もしかしてシローの初恋の話などが織り交ぜられるのでしょうか。どんな展開が待っているのか次回も、とっても楽しみです(* ̄▽ ̄*)~゚





『真マジンガー 衝撃! Z編 on television 第12話』 心に残った台詞


いや、それだけじゃない。
すまない。こんな俺の巻き添えになるなんて…
せっかく、みんなで助けてくれたのに…


(第12話 劇中 甲児の台詞より引用)






ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sabukarusyoxtuku.blog73.fc2.com/tb.php/99-27911797

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。